イスラエルのネタニヤフ首相(左)とトルコのエルドアン大統領(AFP時事)

写真拡大

 【エルサレム時事】ユダヤ人の権利を強調したイスラエルの新法「ユダヤ人国家法」をめぐり、アラブ系住民らへの「人種差別」と批判するトルコと、これに反論するイスラエルが非難合戦を繰り広げている。

 トルコのエルドアン大統領が「ヒトラー精神の再出現」と批判したのに対し、イスラエルのネタニヤフ首相は「トルコは暗黒の独裁国家」と応酬した。

 イスラエル国会(定数120)は19日、「イスラエルの民族自決権はユダヤ人特有の権利」などと規定する法案を62対55の賛成多数で可決した。この新法には「統一エルサレムが首都」であることや「国の言語はヘブライ語」であることを明記。また、ヨルダン川西岸などでのユダヤ人入植地の開発は「国の価値」だと見なすという条文も盛り込まれている。

 人口の2割強を占めるアラブ系など否ユダヤ系住民は「われわれを2級市民扱いしている」と猛反発している。新法はまた、東エルサレムを将来のパレスチナ国家の首都と位置付けるパレスチナ人を刺激するものだ。パレスチナ問題でイスラエルと激しく対立するエルドアン大統領は24日、「(イスラエルは)世界で最もファシストで人種差別の国だ」と批判した。

 これに対し、ネタニヤフ首相は「エルドアン氏はシリア人やクルド人を虐殺し、何万人もの国民を投獄している」と主張。「イスラエルはこの法律の前も後も徹底して全国民のために平等な権利を維持している」と新法を正当化した。 


▼西田勝・平和研究室
「満洲開拓」と現地中国農民
http://nishida-peace.world.coocan.jp/KKmansyukaitaku.html

現在までにおびただしい数の「開拓団」や「青少年義勇軍」の回想録が出されていますが、ほとんどが自分たちの犯した犯罪については口をぬぐっています。特にレイプについては全く触れていない。また「開拓団」や「青少年義勇軍」について書かれた本や映画も、敗戦後の悲惨な逃避行については、これでもか、これでもかとエンエンと描き出していますが、彼らの犯罪については、ほとんどが沈黙しています。唯一の例外は児童文学評論家の上笙一郎さんが一九七三年に書いた『満蒙開拓青少年義勇軍』(中公新書)で、上さんは「青少年義勇軍」も根本的には犠牲者だから、心情的には書きたくないのだが、事実は事実として明らかにしておく必要があるといって、こんなふうに述べています。
 「…義勇軍の少年たちは、どのように中国人をいためつけたかといえば、まずもっとも多かったのは盗みであった。中国人の飯どきを狙って部落に遊びに行き、粟飯や包米飯(「包米パオミー」とはトウモロコシのことです)にありつくというのからはじまって、放し飼いにされている鶏・家鴨・犬・豚などを密殺し、さらには包米・豆・芋・西瓜畑などに忍び込んで作物を盗むのだ。
 西瓜などはせいぜいリュックサックに背負って盗む程度だったが、主食となる包米となると、盗みの規模がちがっていた。寧安訓練所成沢中隊が出した『ああ満蒙開拓義勇隊東海浪始末記』の一文によると、《四、五人で馬車を用意して、誰にも遠慮なく堂々と出かけ》、もし畑の持ち主の中国人がいたら、広大な《畑の裏側に回って馬車を横付けにして悠々と…よくみのったものばかりを選んで,たっぷり盗ってくる》のだという。(後略)
 そうして休日などに町に出れば、中国人の商店から品物を掻っぱらった。その手口は、まずひとりがわざと見つかるように品物を盗って逃げ出し、商店主が後を追いかけると、その時を待っていた他の連中が店に殺到し,持てるだけの品物を持って四方に散らばって逃げるのである。
 中国語で泥棒のことを《小盗児(シヤオタオル)》といい、少年たちも自分たちの行為を《小盗児》〉と呼んだが、中国の農民たち義勇軍そのものを《小盗児義勇隊》と呼んでいたということだ。
 こうした盗みに次いで多かったのは、女性への凌辱を含む身体的暴行である。盗みを働いている現場を中国人に発見されれば、かえって高圧的に腕を振り上げたりしたほか、相手の顔が気に入らないとか、先輩になぐられたのが癪にさわるといった無茶な理由で、殴打したり蹴飛ばしたりしたのである。
 ただ、さすがに女性に対する凌辱に関しては、たくさん出ている義勇隊中隊史のいずれもが、申し合わせたように口を閉ざして、ただの一行も言及していない。だが誰一人語らなかったと言って陵辱事件がなかったのではない。(中略)中国女性への凌辱は,殴打と同じくらいの頻度で行われていた。…
 名前を明記することは避けるけれど、ある旧義勇隊員が私に証言してくれたところによると、義勇軍のある部分は、盗んだ酒のいきおいを借りて中国人部落へおしかけ、女性と見れば手あたり次第に姦(おか)したという。彼らは若い娘であろうと、有夫の婦人であろうとみさかい無く毒牙にかけ、ときにはわざと家族の眼前で事をおこなった。そしてその女性の父母や夫はといえば、そのように悪虐をつくした義勇隊員に向かって地面に両手をつき、《謝謝(シェシェ)謝謝》という以外に許されなかった-ともいうのである」
 少年たちの悪戯ともいうべき段階を超えて、明白に犯罪と見なければならぬこれらの行為に対して、満洲警察と日本軍は見て見ぬふりをしていたといえよう。植民地警察としての満洲警察には、日本人の義勇軍を捕える力も勇気も持たなかったし、事件を黙視しにくくなって調査にやってくる憲兵も同じ日本人を法律の犯罪人にしたくないという気持ちがあるためか、義勇軍の訓練所長や中隊長に懐柔されて、〈微罪につき取り上げず〉という処置で済ましてしまうのが常であった」。
 以上です。上さんの本は満蒙開拓青少年義勇軍の全容を簡潔にまとめた、すばらしい本ですが、彼らの犯罪を明らかにしたためか絶版になっています。何者かによる出版社への圧力があったためと聞いています。



▼斜面
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20161118/KT161117ETI090006000.php






戦時下、国は10代半ばの男子を満州に送り出した。満蒙開拓青少年義勇軍だ。第1次の1938(昭和13)年は3万人を目標に各県に割り当てられた。1700人の長野県は800人増やして市町村に示した

   ◆

送出数は「熱意のバロメーター」とされた。県が40年3月に市町村長に出した通達には〈先駆的役割ヲ果タスベキモノハ、我ガ信州人ナルヲ確信致シ居候〉とあり、率先垂範を求めている。上乗せは続き、44年までに合計で2千人多い送出目標を設定した

   ◆

小林信介著「人びとはなぜ満州へ渡ったのか」に学んだ。義勇軍の送出には信濃教育会が積極的に関わり、教師が教え子を勧誘した。本紙も〈輝く新天地開拓へ〉とあおった。一つ一つが国策遂行の歯車になって信州は全国最多の6800人以上を送出し、多くの少年を犠牲にした

   ◆

きのう天皇、皇后両陛下が阿智村の満蒙開拓平和記念館を訪問された。義勇軍経験者らの言葉に耳を傾け、展示品が示す史実に触れた。「満州事変に始まる戦争の歴史」に学ぶ大切さを訴える陛下だ。深い内省とともに多様な視点から考える姿に共感した

   ◆

松川高校の生徒が満蒙開拓の歴史を学んで詠んだ短歌がある。〈知らぬ間に自分が加害者となっている凡庸な悪は誰にでもある〉。国策を率先遂行した当時の県職員や教師は私たち自身の中にいる。歴史への内省がいつも必要なゆえんだ。

(11月18日)


▼上笙一郎『満蒙開拓青少年義勇軍』(中公新書、1973年)

頁86──

 以上のような第一類の<自閉型>に対して、屯墾病(引用者注:満州開拓民のホームシック)の第二類は、<攻撃型>といえば適当であるかもしれない。義勇軍生活への忿懣を自分の心のうちに鬱積させ、自閉的になってしまうかわりに、忿懣を外部世界へ向けて攻撃的になってゆくのである。
 その場合、忿懣の捌け口として、当初は自然およびその一部としての動物が選ばれた。少年たちは、理由のわからない怒りが心にみなぎって来ると、木刀を外へ持ち出して草や作物を薙ぎ倒し、野原に火をつけてどこまでも燃えてゆくのを見て快哉を叫び、またそこらに遊んでいる犬や猫を叩き殺し、豚の尻にナイフを突き刺したりするのだった。
 しかし少年たちの荒れはてた気持は、ものいわぬ自然を痛めつけることでは満たされず、つぎには、人間を攻撃することに向かっていった。むろんこのようなとき、その攻撃の対象となるのは自分より弱い者に限られるわけで、まずさしあたっては、同じ訓練所の後輩が恰好な対象として選ばれた。日本の軍隊においては、ひとつでも階級が上ならば部下に絶対権力を振るえたが、義勇軍もまたその悪しき伝統を受け継ぎ、一日でも早く入所した者が先輩で、後輩にどのようでも暴力を加えることができたのである。
 多くの中隊(引用者注:軍隊の編制上の単位。小隊は約30~80名で構成され、中隊はふつう3ないし4小隊からなり、2ないし4中隊で大隊となる。)が、渡満して現地訓練所へ着いたとたん、逞しく日焼けした先輩中隊の五、六人の訪問を受けるのが普通だった。彼らは、体格のよさそうな者を物色して土間に整列させると、「歯を食いしばれ」とか「足を半歩開け」などといい、それからやにわに鉄拳を頬に炸裂させるのだ。そして彼らは、気がすむまでなぐると、平然として去ってゆくのだった。
 しかし、これなどはまだ程度の軽いほうで、後輩に一本ずつ薪を持たせて輪形に整列させ、号令とともに前の少年の頭をなぐらせるという例もあった。『拓友』のある手記によると、こんなとき「囲りには二、三小隊の先輩が二十人くらい見物しており、寺の木魚のような音を出せとか、もっとリズムをつけろとか、早く、おそくなどといろいろ声をかけられ、その通りやる」ので、「何回となくたたかれているうちに頭がふらつき、その場に倒れた者も」いた。また、スコップで顔をなぐる<円匙びんた>やペンチで指の爪を挟みつぶす<挟み>などというリンチも、日常茶飯事としておこなわれたのである。
 こうした暴行が原因で隊員が負傷することはしばしばで驚くに足りなかったが、ときには死に至ることも少なくなかった。中隊名を明記できないのが残念だが、鉄驪のある中隊では、先輩から木刀で幾度も胸を突かれた少年が肋膜炎を起こして死亡し、また空腹からじゃが芋を盗んで食べた隊員が中隊長の命令でひと晩雪の上に座らされ、凍死したともいうことだ。──後者の事件の場合、真相を伝え聞いたその少年の母親が渡満して来て、中隊長の前にじゃが芋を差し出し、「倅の盗んだじゃが芋は、このとおり返すから、どうか倅を返してくれ」と泣いて動かなかった由であるが、胸の痛む話だといわなくてはならない。


頁89──

中国人への暴行
 しかしながら、義勇軍の苛酷な生活から来る屯墾病の攻撃型の矛先は、同じ義勇軍の後輩たちに向けられただけでは済まず、訓練所の周辺に住む中国人にも向けられたのである。いや、中国人にもむけられた──といったのでは十分でない。日本人の誰もが中国人に対する差別意識を根づよく持っていた時代ではあり、先輩にいじめられていた後輩を含めて青少年義勇軍の全体が、中国人の上にあらゆる鬱憤をぶちまけ、暴虐のかぎりを尽くしたといわなくてはならないのだ。
 むろん、このようにいえば、かつて青少年義勇軍であった人びとから、いや、自分たちは中国人と仲良く暮らしていたのであって、暴行をはたらくようなことはなかった──と、反論の声が上がるであろう。
 けれども、決してそうでなかったことは、近年あちこちで出されている義勇軍の中隊史や生活回想記を一読すれば、いくらでも証明することができる。それらの義勇隊史・回想録は、旧隊員の大半がいま社会の中堅層として職業生活を送っており、そのさしさわりになっては困るという配慮から、義勇隊生活の楽しかった面だけに照明をあて、否定的な側面はすべて切り捨てて執筆・編集されているわけだが、そういう中隊史・回想録からでもなおかつ中国人への暴虐が読み取れるのである。
 それでは、義勇軍の少年たちは、どのように中国人をいためつけたかといえば、まず、もっとも多かったのは盗みであった。中国人の飯どきを狙って部落に遊びに行き、粟飯や包米飯(引用者注:包米(ポーミー)とはトウモロコシ)にありつくというのからはじまって、放し飼いにされている鶏・家鴨・犬・豚などを密殺し、さらには包米・豆・芋・西瓜畑などに忍び込んで作物を盗むのだ。
  西瓜などはせいぜいリュックサックに背負って盗む程度だったが、主食となる包米となると、盗みの規模がちがっていた。寧安訓練所成沢中隊が出した『ああ満蒙開拓義勇隊東海浪始末記』の一文によると、「四、五人で馬車を用意して、誰にも遠慮なく堂々と出かけ」、もし畑の持ち主の中国人がいたら、広大な「畑の裏側に回って馬車を横付けにして悠々と・・・・・・よくみのったものばかりを選んで,たっぷり盗って来る」のだという。また、極寒の満州では冬期のオンドルの燃料は命のつぎくらいに大切なもので、中国農民たちはその燃料として、粟・高梁・包米などのさや稈を家の前後に積んでおいたが、少年たちはこれも馬車で盗みとった。
  そうして休日などに町に出れば、中国人の商店から品物を掻っぱらった。その手口は、まずひとりがわざと見つかるように品物を盗って逃げ出し、商店主が後を追いかけると、その時を待っていた他の連中が店に殺到し,持てるだけの品物を持って四方に散らばって逃げるのである。
  中国語で泥棒のことを《小盗児(シヤオタオル)》といい、少年たちも自分たちの行為を《小盗児》〉と呼んだが、中国の農民たち義勇軍そのものを《小盗児義勇隊》と呼んでいたということだ。
  こうした盗みに次いで多かったのは、女性への凌辱を含む身体的暴行である。盗みを働いている現場を中国人に発見されれば、かえって高圧的に腕を振り上げたりしたほか、相手の顔が気に入らないとか、先輩になぐられたのが癪にさわるといった無茶な理由で、殴打したり蹴飛ばしたりしたのである。
  ただ、さすがに女性に対する凌辱に関しては、たくさん出ている義勇隊中隊史のいずれもが、申し合わせたように口を閉ざして、ただの一行も言及していない。だが誰一人語らなかったと言って陵辱事件がなかったのではない。(中略)中国女性への凌辱は,殴打と同じくらいの頻度で行われていた。…
 名前を明記することは避けるけれど、ある旧義勇隊員が私に証言してくれたところによると、義勇軍のある部分は、盗んだ酒のいきおいを借りて中国人部落へおしかけ、女性と見れば手あたり次第に姦(おか)したという。彼らは若い娘であろうと、有夫の婦人であろうとみさかい無く毒牙にかけ、ときにはわざと家族の眼前で事をおこなった。そしてその女性の父母や夫はといえば、そのように悪虐をつくした義勇隊員に向かって地面に両手をつき、「謝謝(シェシェ)、謝謝」という以外を許されなかった──ともいうのである。
  少年たちの悪戯ともいうべき段階を超えて、明白に犯罪と見なければならぬこれらの行為に対して、満洲警察と日本軍は見て見ぬふりをしていたといえよう。植民地警察としての満洲警察には、日本人の義勇軍を捕える力も勇気も持たなかったし、事件を黙視しにくくなって調査にやってくる憲兵も同じ日本人を法律上の犯罪者にしたくないという気持ちがあるためか、義勇軍の訓練所長や中隊長に懐柔されて、「微罪につき取り上げず」という処置で済ましてしまうのが常であった。
 わたしたちは、第二次世界大戦中に日本の軍隊が、中国戦線や東南アジア各地において、身の毛のよだつような残虐事件を惹き起こしたのを知っている。それらの事件が起こった場所は戦場であったが、しかし同じ頃、戦場どころか、<五族共和>の<王道楽土>を謳われた満州国においても、軍隊ならぬ満蒙開拓青少年義勇軍によって、同様のことがおこなわれていたのであった。