FC2ブログ

熱中症 ああ真夏の甲子園の真っ昼間・・・

 巨人の上原が熊本の藤崎台球場(ちなみにもちろんナイトゲーム)で投げ汗びっしょり、涼しい大阪ドームで投げたドラゴンズの松坂をとてもうらやんでいた。・・・


 プロ野球の選手でも熱けいれんでベンチに戻るという場面に出くわしますが・・・

 

▼なぜ熱中症になると、「熱けいれん(筋肉痛・手足がつる・こむら返り・筋肉の痙攣・大量の汗)」という症状を起こしてしまうのか?

 

熱中症の症状は重症度で3段階に分かれており、熱痙攣の症状である「筋肉痛」「手足がつる」「こむら返り」「筋肉の痙攣」「大量の汗」はⅠ度(軽度)に当てはまります。

高温多湿の環境で短時間に大量の汗をかき、水分補給を水だけを補給した場合に、「筋肉痛」「手足がつる」「こむら返り」「筋肉の痙攣」という症状を起こすことがあります。

汗の中には、水分だけではなく、電解質も失われており、血液中の塩分(ナトリウムなど)が失われると、血液の塩分(ナトリウム)濃度が低下した時に、足(大腿四頭筋、ハムストリング、ふくらはぎにおきやすい)、腕、腹などの筋肉に痛みを伴ったけいれんが起こります。 



▼津商 エース熱中症降板乗り越え智弁和歌山破る

https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/1520333.html

 


7回裏、審判につった左手を見せる津商・坂倉(左)(撮影・田崎高広)

<全国高校野球選手権:津商9-4智弁和歌山>◇9日◇1回戦

 春夏通じて甲子園初出場の津商(三重)が、春夏合わせて3度の全国制覇を誇る智弁和歌山に逆転勝ちした。

 試合中にエース坂倉誠人投手(3年)が熱中症で両手がつり降板するアクシデントも乗り越えて、甲子園初勝利を挙げた。

 1回裏、1番打者からの3連打で2点を先制された。それでも坂倉が2回以降立ち直った。打線は4回に1点を返すと5回に同点。6回に3-2と勝ち越すと7回には相手守備の乱れにも乗じ3点を奪って突き放した。

 ところが7回裏、2死を取ったところで坂倉が異常を訴えベンチへ。治療を受け再びマウンドへ上がったが、投球練習で1球投げたところで続投を断念。熱中症による両手のひらのけいれんだった。それでも急遽、マウンドに上がった石川雄基投手(3年)が後続を断った。

 石川は8回に2ランを浴び3点差に迫られたが9回を無失点に抑え逃げ切った。


遂に夏の甲子園の高校野球で熱中症で選手が倒れる

更新日: 2015年08月13日

https://matome.naver.jp/odai/2143934693269847601





▼運動部のみんな、熱中症「無理」「もうダメだ」の勇気を

編集委員・中小路徹

2018年7月14日18時00分

https://www.asahi.com/articles/ASL7G5H4GL7GUTQP03W.html?iref=com_rnavi_arank_nr03


 

 熱中症の危険が高まる季節が今年もやってきました。この記事は、主に中高の運動部員のみなさんに読んでもらいたいものです。大人の方は、周囲にいる子どもたちに危険を伝えてください。去年も書きましたが、今年も同じことを書きます。

 毎年、熱中症でみなさんと同年代の部員が亡くなったり、意識不明になったりしています。

 今年も事故が起きました。12日に、大津市の中学校で、男子ソフトテニス部の2年生が、熱中症で救急搬送されました。

 練習中にサーブミスが目立った罰則として、顧問の先生から、「校舎の周りを80周走れ」と命じられ、午後4時半ごろから走り始めました。9周目に倒れていたのを工事業者が見つけたそうです。大津市の夕方の気温は30・1度でした。

 幸い、2年生は退院しました。そして、校長が「一歩間違えば生死に関わる理不尽な指導だった」と認め、謝りました。

 熱中症の予防には、気温や湿度から総合的に計算する「暑さ指数(WBGT)」があり、環境省熱中症予防サイトで各地方の予報を見ることができます。

 日本スポーツ協会はこのWBGTが25~28度になると「積極的に水分、塩分を補給する」、28~31度だと「激しい運動や持久走は中止」という指標を出しています。そうした状況では練習には細心の注意が必要なのですが、正しい知識を持たず、認識が甘い先生がいるのが事実です。

 これからの時期、給水が少なかったり、過度な持久走が課されたり、そうしたことについての意見が言えない雰囲気があるなら、それは先生の間違いです。

 「それは無理」と感じた時、「もうダメだ」と体に異変を感じた時、仲間の様子がおかしい時、自分や仲間を守るために、声を上げましょう。とても勇気がいることです。でも、みなさんの方が正しい場合がきっとあります。(編集委員・中小路徹

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR