FC2ブログ

焼きすてられた日の丸

澤藤統一郎の憲法日記

改憲への危機感から毎日書き続けています

おしつけないで!6.30 リバティ・デモ 報告

http://article9.jp/wordpress/?m=201807


東京「君が代」裁判・4次訴訟原告の先生方を励ますために、ご参集いただいた皆様に感謝申しあげます。限られた時間ですので、お話しできることも限られたものになることをご容赦ください。

私たちの裁判での主張は、日の丸の否定でも、君が代の違法でもありません。その骨格は、
★「国旗・国歌」にどのような考えを持とうとも自由なはず
★「国を愛する」気持ちを押しつけることなどできるはずもありまん
★教育は自由がなくては成り立たない。失われた学校の自由を取り戻したい
というものなのです。

その根拠は、近代憲法の典型である日本国憲法がその根本としている「個人主義」と「自由主義」にあります。個人主義とは、個人の尊厳を憲法上の価値の根源とする考え方です。国家ではなく、社会でもなく、個性をもった一人ひとりの個人こそが最も大切だという考え方です。自由主義とは、その大切な個人の尊厳を傷つける存在としての国家の危険性を自覚して、国家権力が暴走することがないよう、厳格に制約しなければならないとする考え方です。

このような考え方を徹底してきたのが、アメリカの司法です。とりわけ、連邦最高裁の判例は厳格にこの考え方を貫いてきました。そのうち、国旗・国歌に関わるいくつかをご紹介します。

▼1940年 ゴビティス事件・連邦最高裁判決
エホバの証人の信者であるゴビティス家の子供たちは、公立学校の国旗宣誓敬礼の強制拒否して退学処分となり、これを違憲と争いましたが、連邦最高裁で敗れました。違憲とした裁判官はわずか1名。8名が合憲としました。多数派の意見は、個人の尊厳よりも国家のまとまりが大切だとしたのです。

▽1943年 バーネット事件・連邦最高裁判決
ゴビティス判決は、わずか3年で劇的に逆転します。それが、今に至るまでのリーディング・ケースとなっているバーネット判決です。事案はゴビティス事件と同じく、エホバの証人の信者の国旗宣誓敬礼拒否による退学処分の合違憲判断です。6対3で違憲の判断は今日まで維持された判例法となっています。

▽1969年 ティンカー事件・連邦最高裁判決
ヴェトナム戦争反対の黒い腕章をつけて登校した生徒に対する停学処分の合違憲判断が争われて生徒側が勝訴した事件です。
「生徒・教師が憲法上の権利を校門で捨てるとの主張はできない」「(腕章着用)は、静かで受動的な表現」「われわれの憲法は、われわれが混乱のリスクを引き受けなければならないと語っている」などという理由が述べられています。

また、一連の国旗焼却刑事事件の無罪判決があります。
▽1969年 ストリート事件(無罪)
▽1989年 ジョンソン事件(無罪)
▽1989年 アイクマン事件(無罪)

アメリカ国民には、星条旗を焼却する「表現の自由」の保障があります。
アメリカ合衆国は、さまざまな人種・民族の集合体ですから、強固なナショナリズムの統合作用なくして国民の一体感形成は困難だという事情がありねます。当然に、国旗や国歌についての国民の思い入れが強いのですが、それだけに、国家に対する抵抗思想の表現として、国旗(星条旗)を焼却する事件が絶えません。合衆国は1968年に国旗を「切断、毀棄、汚損、踏みにじる行為」を処罰対象とする国旗冒涜処罰法を制定しました。だからといって、国旗焼却事件がなくなるはずはなく、ベトナム反戦運動において国旗焼却が続発し、合衆国全土の2州を除く各州において国旗焼却を処罰する州法が制定されました。その法の適用において、いくつかの連邦最高裁判決が国論を二分する論争を引きおこしたのです。

著名な事件としてあげられるものは、ストリート事件(1969年)、ジョンソン事件(1989年)、そしてアイクマン事件(同年)。いずれも被告人の名をとった刑事事件であって、どれもが無罪になっています。なお、いずれも国旗焼却が起訴事実ですが、ストリート事件はニューヨーク州法違反、ジョンソン事件はテキサス州法違反、そしてアイクマン事件だけが連邦法(「国旗保護法」)違反です。

連邦法は、68年「国旗冒涜処罰」法では足りないとして、89年「国旗保護」法では、アメリカ国旗を「毀損し、汚損し、冒涜し、焼却し、床や地面におき、踏みつける」行為までを構成要件に取り入れました。しかし、アイクマンはこの立法を知りつつ、敢えて、国会議事堂前の階段で星条旗に火を付け、そして、無罪の判決を獲得したのです。

アイクマン事件判決の一節です。
「国旗冒涜が多くの者をひどく不愉快にさせるものであることを、われわれは知っている。しかし、政府は、社会が不愉快だとかまたは賛同できないとか思うだけで、ある考えの表現を禁止することはできない」「国旗冒涜を処罰することは、国旗を尊重させている自由、そして尊重に値するようにさせているまさにその自由それ自体を弱めることになる」
なんと含蓄に富む言葉ではありませんか。

その他の州レベルでの判決です。
▽1965年 バンクス事件 フロリダ地裁判決
「国旗への宣誓式での起立拒否は、合衆国憲法で保障された権利」
▽1977年 マサチューセッツ州最高裁
「公立学校の教師に毎朝、始業時に行われる国旗への宣誓の際、教師が子どもを指導するよう義務づけられた州法は、合衆国憲法にもとづく教師の権利を侵す。バーネット事件で認められた子どもの権利は、教師にも適用される。教師は、信仰と表現の自由に基づき、宣誓に対して沈黙する権利を有する。」
▽1977年 ニューヨーク連邦地裁
「国歌吹奏の中で、星条旗が掲揚されるとき、立とうが座っていようが、個人の自由である」

自由の到達点において、わが国が国際基準に比較していかに遅れているか。君が代不起立がいかにささやかな、自己防衛行為でしかないか、お分かりいたたけるのではないでしょうか。
**************************************************************************
本日の「おしつけないで!6.30 リバティ・デモ」は、予定のとおり、にぎやかに楽しくおこなわれた。参加者数は、主催者発表で80名。但し、出発前集会参加数確認は75名。「デモだけに参加した者が5人はいたと思われる」とのことでの、総員80名。
(2018年6月30日)


▼沖縄・読谷村「平和の像」破壊事件

 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%96%E7%B8%84%E3%83%BB%E8%AA%AD%E8%B0%B7%E6%9D%91%E3%80%8C%E5%B9%B3%E5%92%8C%E3%81%AE%E5%83%8F%E3%80%8D%E7%A0%B4%E5%A3%8A%E4%BA%8B%E4%BB%B6

・・・

日の丸焼き捨て事件[編集]

沖縄県の本土復帰までは全県民にとって日章旗は米軍による占領支配からの解放の象徴であった。

その後日本復帰で在日米軍は全て撤退されると思っていた知花は撤去の復帰後も米軍基地が相変わらず存在することに変わりなく、日本政府に対する反発で日章旗焼き捨てを行ったとされる。

なお、刑法92条で規定される外国国章損壊罪の対象は外国の国旗であり、日本の国旗は対象にならない。そのため、知花は器物損壊罪(刑法261条)で起訴され、1995年に執行猶予付きの有罪判決が那覇地方裁判所から下された。

判決文は「沖縄県における日章旗に対する強い拒否反応とそれを強制しようとする国家権力に対する反発は理解できるとしても、それに対するこのような示威行為は社会的に是認されるものとはいえず、正当化できるものではない」とした。

   

2012年05月06日

XML

  
 沖縄県読谷村の村会議員を3期務めた後、浄土真宗の僧侶となった知花昌一氏を、4月6日の朝日新聞コラムは次のように紹介している;


 救いを求めて仏教の道に入ったわけではない。弾圧に立ち向かった親鸞にひかれたという。

 沖縄国体のあった25年前、生まれ育った沖縄県読谷(よみたん)村の競技場に掲揚された日の丸を引きずり降ろし、火をつけた。器物損壊などの疑いで逮捕。事件は波紋をよぶ。

 読谷村は沖縄戦で米軍が上陸した地点だ。地元には83人の住民が「集団自決」した洞窟がある。子どもたちも多く犠牲になった。彼らに死を強いた日の丸は「戦争の旗」だった。

 村には街宣車が押しかけた。経営するスーパーは放火された。だがエールを送ってくれた人がいた。近くに住む年上の男性だ。ハンセン病だったことを理由に高校受験で不合格にされた過去がある。「おれは声を上げて告発することができなかった。君は思うままに生きているじゃないか」

 男性を支援している浄土真宗の僧侶たちとの交流が生まれ、開祖の親鸞へとつながった。「流罪にあっても時の権力に迎合しない様(さま)にほれた」。読谷村議を3期務めたのち、昨春から京都市にある真宗大谷派の大谷専修学院で1年間仏教を学び、僧侶になった。

 3月末、復帰40年の沖縄に戻った。1日には「集団自決」の慰霊祭に法衣(ほうえ)で出席。「沖縄を戦争のためにもう使わせない。仏教は平和と平等を願うもの。その精神を基地問題にも貫いてゆきたい」


2012年4月6日 朝日新聞朝刊 14版 2ページ「人-僧侶になった沖縄の元読谷村議 知花昌一さん」から引用

 戦後に生まれた多くの国民は、戦争体験も無く、日の丸と言えば大相撲やオリンピックで見る旗だという無邪気な感慨しかないかも知れませんが、私たちは明治以降の日本が何をしてきたのか、真摯に歴史を見つめ学習する必要があると思います。


▼知花昌一著「焼きすてられた日の丸-基地の島・沖縄読谷から-」

http://www.geocities.jp/hikokummin/hon9.html

      

▼日の丸事件を裁いた宮城京一さん 沖縄の戦後見つめた憲法論(松元 剛)2014年9月

https://www.jnpc.or.jp/journal/interviews/27818


1987年10月の海邦国体で、沖縄戦後史に刻まれる「日の丸焼き捨て事件」は起きた。読谷村であったソフトボール競技の開始式で、掲揚台の日の丸が引きずり下ろされ、燃やされた事件だ。


裁判で、弁護側は「掲揚強制は、反戦平和の感情が強い読谷村民の思想・信条の自由を侵す。焼き捨ては正当な抵抗手段」として無罪を主張した。那覇地検が器物損壊罪などの起訴状に「国旗」と記したため、弁護側は「国旗の法的根拠はない」と反論し、「国旗論争」が重要な争点に浮上した。


本土に対する複雑な県民感情がくすぶる中、公判が開かれるたびに、那覇地裁周辺で被告の支援者と右翼団体が激しくぶつかり合った。駆け出しの司法担当記者時代の忘れ難い取材である。


日の丸が国旗か否かを初めて法廷で問い掛けた事件の一審判決を下したのが、宮城京一さんである。宜野湾市に生まれ、琉球政府職員から転身し、裁判官を目指した。米軍統治下の沖縄からパスポートで本土に渡り、苦学して司法試験を突破した異色の経歴を持つ。


93年5月の一審判決で、宮城裁判長は「起訴状記載の『国旗』は、日の丸旗を指すと理解できる」と言及し、「日の丸を国旗として用いるか、いかなる場合に掲揚するかは個人の自由意思に委ねられている」との判断を示した。


琉球新報を含め、報道の大勢は「日の丸は国旗 初の司法判断」だったが、多くの法学者から「焼かれた旗を日の丸と特定しただけで、国旗認定ではない」との批判が噴き出した。


その年の仕事納めの日。裁判所内を巡っていた私を宮城さんが書記官室に招き入れてくれた。泡盛を酌み交わしながら、ひょうひょうとした語り口で品のある冗談を繰り出す。法廷での険しい表情とは打って変わった座談の名手で、私は何度も腹を抱えて笑った。


頃合いをみて、「あれは国旗認定だったのか」と聞いてみたが、笑みをたたえた宮城さんに「その話はグソー(後生)でしましょうや」と優しくいなされた。


95年に退官した宮城さんが判決の真意を語ったのは99年になってからだ。「国旗・国家法」に関する取材に応じてくれた時である。


宮城さんは「掲揚する、しないは国民の自由。立法化すると個人の意思が束縛される。法律は独り歩きする」と危惧した上で、あの判決を淡々と振り返った。


「焼かれた旗が何かを特定しただけで、国旗は日の丸と認定してはいない。それが伝わらず残念だったが、日本語の難しさですね」


「宮城判決」を読み違えた自分のふがいなさを痛感する一方、胸のつかえが取れた気がした。


憲法論を聞くと、宮城さんの言葉に力が増した。「憲法9条を変える必要はない。戦争で多大な犠牲を払った沖縄の非戦の誓いが反映された良い憲法だ」が持論だった。戦後の基地の島・沖縄の歩みを見つめてきた法曹人としての使命感が表れていたように思う。


宮城さんが懸念した通り、学校での日の丸掲揚、君が代斉唱時に起立を拒んだ教職員の処分が続いていた2008年夏、訃報が届いた。享年76。法廷を見渡すかのような鋭い眼光の遺影が忘れられない。


特定秘密保護法が成立し、集団的自衛権の行使容認が閣議決定された。平和憲法が試練を迎えたいま、「法律は独り歩きするものだ」と警鐘を鳴らした宮城さんは何を思うのか。かなうなら、あの座談とともに話を聞いてみたい。


(まつもと・つよし 琉球新報社編集局次長)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR