FC2ブログ

搾取企業を「ブラック企業」呼ぶ労働者も、殺人・強かん・放火・略奪を繰り返しているわけではない

 "(侵略)兵士を使い捨てる"と"労働者を使い捨てる"とを比較して、昔の日本の軍隊に現代の日本の会社を重ねあわせるっていう発想がまずついて行けない。だって皇軍は殺人・強かん・放火・略奪が本分なのだから、今時の強欲企業がどれほど不法で無法でゴロツキであっても皇軍の足下には遠く及ばない。今時の流行語で、それもよりによって差別語──トンデモ和製英語「ブラック」(「ブラック企業」「ブラック大学」「ブラックバイト」「ブラック校則」など)で皇軍の体質を語るとは、トンチンカンにもほどがある。現在、名誉白人低国で搾取企業を「ブラック企業」呼ぶ労働者も、殺人・強かん・放火・略奪を繰り返しているわけではない。アジアで2千万人を殺した皇軍は、兵士の半数以上を飢え死にさせたが、これを今時の愚劣な流行語を使って、況や差別語「ブラック」を使って形容できると考えるのが愚の骨頂なのだ。皇軍は「ブラック体質」──などと書く愚者は二重の錯誤を犯してる。まず、トンデモ和製英語「ブラック」(「ブラック企業」「ブラック大学」「ブラックバイト」「ブラック校則」など)を使い差別・偏見を広げる愚劣、更に皇軍兵士がアジアで起こした殺人・強かん・放火・略奪を失念しかねない愚劣だ。

 映画『マルコムX』の日本公開から25年、この映画を多くの人が見ていさえすれば、こんな事態──トンデモ和製英語「ブラック」(「ブラック企業」「ブラック大学」「ブラックバイト」「ブラック校則」など)の大氾濫は起きなかったはずなのだが、生憎、"名誉白人低国"・"名誉白人用語=「ブラック」"などと私が書かざるをえない状況がこの国の今なのだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR