FC2ブログ

"言葉狩り"のすすめ

用語変更がおこなわれた行政用語・学術用語

 

https://blogs.yahoo.co.jp/henatyokokakumei/39273329.html


檜原転石 @hinokiharappa  ·  32 分
★用語変更がおこなわれた行政用語・学術用語看護婦→看護師、保健婦→保健師、助産婦→助産師、保母→保育士、スチュワーデス→客室乗務員、土人→先住民族、らい病・癩病→ハンセン病、メクラウナギ→ヌタウナギ、オシザメ→チヒロザメ、セムシウナギ→ヤバネウギ、・・・
檜原転石 @hinokiharappa  ·  32 分
▼田中克彦『差別語からはいる言語学入門』明石書房、2001年 頁18――  病名は、単にある病気を客観的に示すだけでなく、そこには多くの偏見がくっついている。ところが病気は医学の発達によって、それとたたかい、なおす方法が次々に開発されてくる。
檜原転石 @hinokiharappa  ·  31 分
それによって病気への認識が変わってくれば、より適切な言いかたに変える必要が生まれるだろう。こうしてとりかえられたことばが指す病気そのものは依然同じであっても、そこにはより客観的で偏見がなく、そして病気で苦しむ人々に絶望ではなく希望を与えるはたらきがあるとするならば、
檜原転石@hinokiharappa 33 分
私たちはもちろん、そのようなニュアンスを持ったことばにとりかえる必要がある。 このように考えると、ことばのたたかいは、観点――ものの見方のたたかいでもある。 ★痴呆→認知症、精神病院→精神科病院、精神分裂病→統合失調症、人格障害(性格障害)→ パーソナリティ障害、・・・
 

村野瀬玲奈の秘書課広報室 「ブラック企業」という言葉の使用について

https://blogs.yahoo.co.jp/henatyokokakumei/41128544.html


★言葉狩りのすすめ

たとえば「精神分裂病」→「統合失調症」という言葉の言い換えがいつの間にかなされましたが、病気の本態が明らかになるにつれて、よりふさわしい言葉になるのです。「分裂病」は差別用語としても機能していましたから、この言葉狩り(言葉生み:統合失調症という言葉を生み出した)は知性の勝利です。

医療知識に無知な筒井康隆がてんかんを題材にしたくだらない小説を書き、騒動をおこし言葉狩りと騒ぎましたが、騒動の原因の本質は彼の無知なのです。

安室奈美恵が『キャンユウセレブレイト?』で「どんちゃん騒ぎができますか?」と歌っても笑ってすませますが、労働権や人権の侵害を糾弾する人が「ブラック追放」などと叫んでいては馬鹿丸出しなのです。この際ですから「ホワイト・ラブ」は「白人の恋」と認識され、「ブラック追放」は「黒人追放」と認識されると思っていた方が良いでしょう。罪のない和製英語(デッドボール・ガソリンスタンドなど)と罪のある和製英語ブラック(ブラック企業・ブラック大学・ブラック市政など)とは峻別すべきです。

英語に無知であることは恥ではありません。英語に無知なのに英語を使うことが恥なのです。日本語を大事にすればこのような事態はおきません。また英語帝国主義に反対するとは、TPPにも反対することなのです。米韓FTAとは韓国の英語に精通した人間でも太刀打ちできない難解な法律英語での貿易協定なのです。最初から不公正なのです。
•2013/08/12(08:57)


▼田中克彦『差別語からはいる言語学入門』明石書房、2001年

頁27――

 糾弾側が絶対に使わず、もっぱら糾弾される側の専門用語としては、「差別用語」のほかに「差別語狩り」という表現も、興味深いものとしてとりあげてみるべきであろう。これはまず、糾弾行為を非難するための表現であるが、ことがらを本質的にとらえようとすれば、浅薄なものであることがわかる。というのは、差別語は「きのこ狩り」や「潮干狩り」のように、ひと通り「狩って」しまったら、あとには収穫物がほとんど残らないというような簡単なものではない。差別語はモグラタタキのように、たたくはじから生まれてくる。いな、より事態に即して言えば、ことばはみずから湧き出してくるのではなくて、人間が作るからはじめて現れるという点で、糾弾側は、ある有限個の差別語を単に狩って消し去っているのではなくて、新しく発見し、作り出しているのである。差別語は刈りつくして終わるのではなく、作り出されているのだという、このことの中にこそ、ことばの不滅の豊かさと創造力というものがある。したがって、「差別語狩り」は不正確な言いかたであって、「差別語生み」とか、「差別語作り」とか言うべき、発見的、創造的行為であり、また哲学の伝統に則して言えば、「言語批判」の流れの中に位置づけてさえいい性質のものである。それだからこそ、糾弾の対象になる機会の最も多いのはポエジー(文学)である。


[CML 034024] 用語変更がおこなわれた行政用語・学術用語

https://blogs.yahoo.co.jp/henatyokokakumei/39274691.html

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR