命名の大間違い



檜原転石@hinokiharappa

★命名の大間違い
搾取企業・無法企業・悪徳企業・ゴロツキ企業→「ブラック企業」

ガンジーの言葉に倣って今の日本を表せば多分こうなる──「日本人を奴隷化したのは、英語を使いたがる日本人なのである。日本国家の呪詛は米国ではなく、英語を使いたがる私たち日本人に責任がある」。

posted at 20:20:14









19時間前

@hinokiharappa

檜原転石@hinokiharappa

マルコムX――奴隷制度がしかれていたあいだ、考えてもみなさい、強姦者である白人の奴隷主の手を逃れえたわれわれ黒人の祖母、われわれの曾祖母、さらにわれわれの曾々祖母は、まずいなかったのです。

posted at 20:19:04









19時間前

@hinokiharappa

檜原転石@hinokiharappa

私は今日の黒い下着を付けて労働をしたが、体毛もほぼ黒である。よって黒やblackに悪を含意するという間抜けな思考とは金輪際無縁でありたい。況やblackは黒人のもっとも好ましい呼称の1つでもあるのだから、ブラックに悪を含意させるなどの表現は、表現者としては最悪である。

posted at 20:14:49









19時間前

@hinokiharappa

檜原転石@hinokiharappa

[CML 034868] ムツヒトの「遣る時には遣るナ」発言~三浦梧桜『観樹将軍回顧録』(政教社、1925年)~
http://blogs.yahoo.co.jp/henatyokokakumi/39382987.html…

posted at 20:11:04









19時間前

@hinokiharappa

檜原転石@hinokiharappa

「キチガイ」という差別語も障がい者の異議申し立てでミーディアで使われなくなったわけで、差別語は少数者の異議申し立てで日々発見され、言葉の言い換えが成されるわけ。よってトンデモ和製英語「ブラック」でも、私たちの意見を無視する人でも黒人が異議申し立てをすれば、すぐさま使われなくなる。

posted at 20:05:41









19時間前

@hinokiharappa

檜原転石@hinokiharappa

林田力の場合は名誉白人と呼ばれて喜んでいる可能性もあるが・・・(笑)
▼名誉白人・林田力はまだ目覚めないの? Re: [CML 040973] 「黒人死ねよ」などと書き込まれ: ブラック内閣をぶっ倒そうhttp://list.jca.apc.org/public/cml/201-December/041074.html…

posted at 19:55:48









19時間前

@hinokiharappa

檜原転石@hinokiharappa

トンデモ和製英語「ブラック」問題
奴隷制度は民衆を分断するために支配者によって案出された。
・・・
日本の労働運動が今頃になってトンデモ和製英語「ブラック」を使い、黒人への差別・偏見を広めながら、そう退歩しながら、予め分断を用意している労働運動って、糞ったれそのものじゃないの?

posted at 19:39:06









19時間前

@hinokiharappa

檜原転石@hinokiharappa

(続き)言い換えれば、白人達は、自分達を‘white’と呼ぶことにより、自分達に「純白」のレッテルを貼った。それと同時に、奴隷達を‘black’という「邪悪な」レッテルの中に閉じこめ、彼らを徹底的に「罵倒」することにより、支配しやすくしようとしたのであろう。

posted at 19:29:42









19時間前

@hinokiharappa

檜原転石@hinokiharappa

(続き)このように‘white’がおおむね「善と公正」を指し示すために使われ、‘black’が、「悪と不正と汚れ」を示すために使われていることと、‘white’が白人を指し、‘black’が黒人をさすということばの使われ方は、任意のものではなく、作為的なものであろう。

posted at 19:28:59









20時間前

@hinokiharappa

檜原転石@hinokiharappa

(続き)項目)、「腹黒い、よこしまな」(第9項目)、「荒廃地の」(第10項目)、「非難されるべき、不名誉な」(第11項目)、そして「不正な、やみ値の」(第15項目)の、合計9項目にわたり、‘black’がいかに、マイナスのレッテルとして使われているかがよくわかる。

posted at 19:26:32









20時間前

@hinokiharappa

檜原転石@hinokiharappa

(続き)「全くの、徹底的な」(第14項目)の一つのみで、残りのほとんどは著しく否定的な意味を含むものばかりである。
それらは、「よごれた、きたない」(第4項目)、「まっ暗の、やみの」(第5項目)、「陰気な」(第6項目)、「不吉な、険悪な」(第7項目)、「故意の、たくらんだ」(第6

posted at 19:25:55









20時間前

@hinokiharappa

檜原転石@hinokiharappa

(続き)(第20項目)、の合計5項目にのぼっている。
 それでは、‘black’の意味はどうであろうか。再び、前出の『ランダムハウス英和大辞典』を調べてみよう。‘black’の形容詞の部分には15項目が掲げられているが、そのうち、わずかにプラスの意味を含むものは、

posted at 19:25:35









20時間前

@hinokiharappa

檜原転石@hinokiharappa

(続き)の欠けた」の2項目のみであり、一方で、プラスの意味を想起させるものが圧倒的に多い。それらは、「正直な、公正な」(第16項目)、「縁起のよい」(第17項目)、「よごれのない」(第18項目)、「罪(けがれ)のない、清浄な、潔白な」(第19項目)、「悪意のない、害のない」

posted at 19:24:28









20時間前

@hinokiharappa

檜原転石@hinokiharappa

(続き)たとえば、わたしの手元にある『ランダムハウス英和大辞典』(小学館)の、‘white’の項を見てみよう。形容詞の項目には22の意味がリストアップされているが、そのうち、‘white’のマイナス・イメージを示す意味は第5、第6項目の「青ざめた、青白い」「音色の響き、暖かさなど

posted at 19:23:47









20時間前

@hinokiharappa

檜原転石@hinokiharappa

(続き)それは白人によって、限りなくプラスで正しいものを指し示すことばとして、使われつづけるのである。その反対に、‘black’は黒人を示し、それは限りなく暗く、邪悪な意味あいのものの象徴として使われている。

posted at 19:23:28









20時間前

@hinokiharappa

檜原転石@hinokiharappa

(続き)るための具体的なことばが必要となる。もともと白人の言語である英語の語彙が、有色人種に対して、いかにマイナスのラベリングを付けてきたか、実例を見ながら検討していこう。
まず、‘white-black’という一対のことばが思い浮かぶ。‘white’は白人を指し、

posted at 19:23:02









20時間前

@hinokiharappa

檜原転石@hinokiharappa

(続き)していたり、軽蔑、あるいは支配している場合――に対しては、マイナスのレッテルを貼り、差別しようという意識があるようだ。(これは社会学では、「ラベリング」(注15)と呼んでいる)。この「ラベリング」を正当化していくのが言語の語彙であろう。つまり、相手にマイナスのレッテルを貼

posted at 19:22:19









20時間前

@hinokiharappa

檜原転石@hinokiharappa

▼津田幸男『英語支配とは何か――私の国際言語政策論』明石書店、2003年
頁111――
●英語の差別イデオロギー
 言語には差別的機能が備わっており、英語も例外ではない。人間にはもともと、自分や自分の属しているグループには、プラスのレッテルを貼り、他人や他集団――特に敵対

posted at 19:21:43









20時間前

@hinokiharappa

檜原転石@hinokiharappa

インドにおける色の価値観の変遷 ? - ヘナチョコ革命 - Yahoo!ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/henatyokokakumi/39837421.html… #ブログ #言葉狩り言葉生み

posted at 19:21:04









20時間前

@hinokiharappa

檜原転石@hinokiharappa

「黒い笑い」考
http://blogs.yahoo.co.jp/henatyokokakumi/38731542.html…

posted at 19:19:05









20時間前

@hinokiharappa

檜原転石@hinokiharappa

[CML 040968] トンデモ和製英語「ブラック」はなぜ使ってはいけないのか?http://list.jca.apc.org/public/cml/201-December/041064.html…

posted at 19:18:14









20時間前

@hinokiharappa

檜原転石@hinokiharappa

トンデモ和製英語「ブラック」を使う日本の愚者どもが、映画『マルコムX』を見ていれば
▼高橋浩祐
BlackとWhiteという言葉の意味について、考えさせられる良い映画がある。今の若い人にはあまり知られずに観られていないだろうが、1992年に米国で公開された映画『マルコムX』だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR