Re: [CML 038887] ブラック企業批判ふたたび 今野晴貴『ブラック企業2』


Re: [CML 038887] ブラック企業批判ふたたび 今野晴貴『ブラック企業2』

2015/8/1(土) 午前 10:15

http://blogs.yahoo.co.jp/henatyokokakumei/39875811.html


▼Re: [CML 038887] ブラック企業批判ふたたび 今野晴貴『ブラック企業2』


2015年 8月 1日 (土) 05:57:40 JST

http://list.jca.apc.org/public/cml/2015-August/038994.html


檜原転石です。

前田朗さん、こんちは。


米国で人種主義者がホワイトパワーを連呼しているけど、日本低国は「ホワイト企業」「ホワイト社会」を目指すというわけですね。

そうあなたはこれからもトンデモ和製英語「ブラック」(「ブラック企業」・
「ブラック大学」など)を拡散させる役目を担うというわけですね。

一方あなたはヘイトスピーチ(差別扇動表現)にも数多く発言して、それがPC運動(差別と偏見のない表現を目指す運動)と密接に関連していることも知っている。

▼師岡康子『ヘイト・スピーチとは何か』岩波新書、2013年

頁38──

「ヘイト・スピーチ」という用語の誕生

・・・
 同じ1980年代には、大学への非白人および女性の進出に反発する差別事件が頻発したことに対し、当事者や大学研究者を中心に、差別的表現の是正・禁止など言語を中心とする文化面での差別撤廃としてのポリティカル・コレクトネスpolitical correctnessを求める運動が盛んになった。その一環として、多くの大学が、ヘイト・スピーチを含むハラスメント行為全般を「ヘイト・スピーチ」という言葉も広がったのである。

*****


以下再投稿──

「差別扇動表現(ヘイトスピーチ)」について頻繁に発言している前田先生ですが、何故かPC運動(差別・偏見のない表現を目指す)は“言葉狩り”だと言い、まるで言葉の言い換えが不当だという筒井康隆並のトンデモも口走ります。常識で考えて、「差別扇動表現(ヘイトスピーチ)」に反対することと、PC運動(差別・偏見のない表現を目指す)は車の両輪のような気もしますが、何で前田先生はそう考えないのでしょうか?

米国では憎悪犯罪(ヘイトクライム)で黒人(ブラック)9人が射殺されていますが、日本ではブラックにあらゆる悪を含意させトンデモ和製英語「ブラック」(「ブラック企業」・「ブラック大学」など)が大流行しています。まあ言い換えれば日本ではブラックに対する差別・偏見を大氾濫させていますが、この状況は前田先生にとっては好ましい状況なのでしょうか?あるいは好ましくはないが、やむえない状況なのでしょうか?それとも両者はまったく関係ない事象であると考えているのでしょうか?さらに、こういう質問自体が愚劣なのでしょうか?








On 2015/07/31 10:13, maeda at zokei.ac.jp wrote:
> 前田 朗です。
> 7月31日
>
> ブログを更新しました。
>
>
> ブラック企業批判ふたたび
> 今野晴貴『ブラック企業2――「虐待型管理」の真相』(文春新書)
> http://maeda-akira.blogspot.jp/2015/07/blog-post_30.html
>

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR