[CML 038548] 差別語・不快語  「盲目」という言葉


[CML 038548] 差別語・不快語  「盲目」という言葉
2015/7/26(日) 午前 8:40
http://blogs.yahoo.co.jp/henatyokokakumei/39864622.html



[CML 038548] 差別語・不快語  「盲目」という言葉
2015年 7月 18日 (土) 15:12:57 JST

http://list.jca.apc.org/public/cml/2015-July/038690.html



檜原転石です。


個人発信する私たちには必須のサイトだと思います。




▼連載差別表現 | 小林健治

2015.07.17 Friday

第165回 「盲目」という言葉

http://rensai.ningenshuppan.com/?eid=183



▼連載差別表現 | 小林健治

2015.05.27 Wednesday

第163回 NHK『あさイチ」市原悦子さんの「かたわ」「毛唐」発言について

http://rensai.ningenshuppan.com/?eid=181

・・・

■「僕はカタワと言われても傷つかない」(乙武洋匡氏の発言)

最後に、このような事態を惹起させる一因ともなっているのは、『五体不満足』
の乙武洋匡(おとたけひろただ)氏が、つぎのように述べていることだ。

「『カタワ』はNGで、『障がい者』はOKと誰が決めたのか。誰の感情にあわ
せた線引きなのか。まったく分からない」

とのべ、平気で「自分は『カタワ』と言われても傷つかない」と放言しているこ
とである。
なぜ、被差別の当事者が差別表現に抗議してきたのかを、乙武氏はわかっていない。
このような幼稚で軽重浮薄な暴言は、差別撤廃にいっさい関係なく、その防げに
なっていることだけは言っておきたい。

「癩病」(1907年、明治40) →「らい病」そして「ハンセン病」(1996年)
「北海道旧土人保護法」(1899年、明治32) →「アイヌ文化振興法」そして2008
年「アイヌ民族を先住民族と認める国会決議」
「ニグロ」→「アフロアメリカン」
「インディアン」→ネイティブフメリカン

乙武氏は、この歴史の闘いに学ばなければならない。たんなる名称の問題とし
て、差別的呼称の問題を軽々に語るべきではない。
「差別的なことばを言い換えても差別的実態は変わらない」というのは、差別す
る側の発想であり、常套句でもある、ということを付け加えておく。

本連載(ウエブ連載差別表現 第12回)でも、乙武氏の発言について触れている
が、もう少し厳しく批判しておく必要性を感じている。
 いま発売中の『週刊文春』が、今回の事件を「NHKで放送禁止用語『日本
昔ばなし』市原悦子に絶賛の声」として取り上げているが、まったく事の本質を
理解していない駄文というほかない。コメントを寄せているジャーナリストの徳
岡孝夫氏に至っては、“アホ”としか言いようがない。フリージャーナリストの質
の低下が、よく現れている。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR