[CML 038124] 分断して統治せよ!Re: 探検家松浦武史郎


[CML 038124] 分断して統治せよ!Re: 探検家松浦武史郎
2015/6/27(土) 午前 6:44
http://blogs.yahoo.co.jp/henatyokokakumei/39809528.html




[CML 038124] 分断して統治せよ!Re: 探検家松浦武史郎

2015年 6月 26日 (金) 07:25:14 JST

http://list.jca.apc.org/public/cml/2015-June/038273.html


檜原転石です。


前田先生、こんちは。


主題とは違いますが、以下発言──


On 2015/06/24 21:29, maeda at zokei.ac.jp wrote:
> 前田 朗です。
> 6月24日
>
> 坂井さん
>
> ご苦労様です。
>
> このMLでは、時に酷い差別的発言が出ます。しかも他方で、差別でもないのに
> 差別だと騒ぎたてる異常な人物がいます。まともな議論が出来ないMLですから、
> 仕方ないかと思いますが、

「差別でもないのに差別だと騒ぎたてる異常な人物がいます」は具体的には誰の事でしょうか?


さて、「差別扇動表現(ヘイトスピーチ)」について頻繁に発言している前田先生ですが、何故かPC運動(差別・偏見のない表現を目指す)は“言葉狩り”だと言い、まるで言葉の言い換えが不当だという筒井康隆並のトンデモも口走ります。常識で考えて、「差別扇動表現(ヘイトスピーチ)」に反対することと、PC運動(差別・偏見のない表現を目指す)は車の両輪のような気もしますが、何で前田先生はそう考えないのでしょうか?

米国では憎悪犯罪(ヘイトクライム)で黒人(ブラック)9人が射殺されていますが、日本ではブラックにあらゆる悪を含意させトンデモ和製英語「ブラック」(「ブラック企業」・「ブラック大学」など)が大流行しています。まあ言い換えれば日本ではブラックに対する差別・偏見を大氾濫させていますが、この状況は前田先生にとっては好ましい状況なのでしょうか?あるいは好ましくはないが、やむえない状況なのでしょうか?それとも両者はまったく関係ない事象であると考えているのでしょうか?さらに、こういう質問自体が愚劣なのでしょうか?

次に──

師岡康子『ヘイト・スピーチとは何か』(岩波新書、2013年)には石原慎太郎の数々の差別発言が載っています。まあ言い換えれば、“私たちは石原慎太郎と真逆の人間を目指せばいい”わけです。

で、名誉白人だった石原慎太郎、人種主義者の石原慎太郎(日本・南ア友好議員連盟(1984年発足) 幹事長)発言――「アメリカでは黒人を使って能率が落ちている。黒人に一人一票やっても南アの行く先が混乱するだけだ、独立してもやっていけない」と、米国の憎悪犯罪の犯罪者と目くそ鼻くそですよね。

そうです、石原慎太郎並の名誉白人ときっぱり決別すべき人間が、トンデモ和製英語「ブラック」を使い、名誉白人気取りで果たしていいのか?という問題なのです。


最後に──

▼[CML 027370] 天皇ネタには発言できない知性はいかほどなの?

2013年 11月 1日 (金) 19:50:37 JST

http://list.jca.apc.org/public/cml/2013-November/027318.html

「山本太郎議員の天皇に手紙手渡し問題」に関する前田先生の発言──「ふ~ん、なるほど。山本太郎のアイデア力と実行力を妬んで、みんな大騒ぎしているわけですね。どっちに転んでも、という話です。」に私は度肝を抜かれましたが、言うまでもなく、「差別扇動表現(ヘイトスピーチ)」も「天皇・王族へのオベンチャラ」も通底している人間の愚劣は同じものでしょ?


米国の奴隷制も「分断して統治せよ!」の戦略として案出されたように、貧民はいつでも分断の罠に取り込まれる愚劣をやってしまいます。今回の米国の憎悪犯罪も強欲企業独裁を企む連中には“良いニューズ”なのです。よって日本の労働運動においても、トンデモ和製英語「ブラック」などを氾濫させては絶対いけないのです。言葉使いの上で、初めから黒人から分断されている労働運動など、恥ずかしい限りです。




この記事に

0



facebookでシェア


twitterでつぶやく


はてなブックマーク

.
カテゴリ
>
Yahoo!サービス
>
Yahoo!ブログ
>
練習用


開く コメント(0)








顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択





















投稿



開く トラックバック(0)




ヘルプ














[CML 037997] マルコムX──私が言う「ブラック」の意味は非白人、つまり黒、褐色、黄色などの有色人種の総称である。
修正
削除
移動
記事をクリップするクリップ追加 .
2015/6/26(金) 午前 7:57
言葉狩り言葉生み
練習用
.

facebookでシェア0


twitterでつぶやく0




0

.


[CML 037997] マルコムX──私が言う「ブラック」の意味は非白人、つまり黒、褐色、黄色などの有色人種の総称である。

2015年 6月 20日 (土) 08:03:55 JST

http://list.jca.apc.org/public/cml/2015-June/038166.html

檜原転石です。

人間は日々進歩していくものだから、“差別や偏見のない表現”を目指すのは当た
り前のことである。

まず初めに以下の「黒い手」?

▼もうひとつの約束、「黒い手を引っ込めて上映館を拡大しろ」
http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/knews/00_2014/1391795972039Staff
・・・「社会的な事件であるサムスン半導体白血病の実話を扱った映画の上映を嫌
がる大資本の黒い手が作動しているのではないかという疑いを拭えない」と明ら
かにした。

*****

これは韓国の事例であるが、せっかくの映画も全く興ざめの表現でどん引きであ
る。「黒い手」の意味は分からないが、トンデモ和製英語「ブラック」が氾濫す
る今なら日本でも注釈なしでも通用しそうだ。まあ松本清張の黒が頻出する小説
名を思い出してもらってもいいし、非科学表現の極みの「腹黒い」を想起しても
よい。

人種分類が非科学の極みだから、白人英語に洗脳されてブラックに悪を含意すれ
ば日本人も非科学のバカになるのである。これに影響を受けて日本語の黒もあら
ゆる悪を含意されて氾濫する可能性もあるが、これによって色に価値を持ち込む
という非科学のバカが深化することは言うまでもないだろう。

日本低国の名誉白人は、トンデモ和製英語「ブラック」(「ブラック企業」・
「ブラック大学」など)を使って白人になりたがっているが、この愚劣な非
科学的行為を検証しておこう。


▼2015年04月08日 05:00
サイエンス最前線~進化
ヨーロッパ人も昔は黒かった

http://blog.livedoor.jp/science_q/archives/1851548.html

▼マルコムX──私が言う「ブラック」の意味は非白人、つまり黒、褐色、黄色な
どの有色人種の総称である。

****

 これすなわち、ブラックにあらゆる悪を含意してトンデモ和製英語「ブラッ
ク」を使う日本人は、悪徳企業を攻撃した唾が自らに跳ね返ってくる行為をして
いるということにもなる。

▼竹沢泰子「人種とは何か考える」
http://oldwww.zinbun.kyoto-u.ac.jp/conference/nhk.html

Q3 科学的とされてきた人種という考え方も、当初からヨーロッパというか、キ
リスト教的な考え方に影響を受けているものなのですね? 

A3 ヨーロッパ人を白色人種と呼んだり、白い肌が美しいとする考えは、元来極
めてユダヤ=キリスト教文化圏の伝統に支配された考え方だと思います。ユダヤ=
キリスト教文化圏では旧約聖書にあるように白を光、黒を闇として、善である白
い色を自分たちの色に当てはめたわけです。

▼創られた「人種」
竹沢泰子
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tits/19/7/19_7_80/_pdf …

「白色人種」「黄色人種」「黒色人種」といった「色」にも、ユダヤ-キリスト
教圏の伝統的価値観が深く刻まれている。「白」=善、勝利、真実、黒」=悪、
敗北、虚構、「黄色」=臆病、反逆者などである。



人種による分類とは、身長・頭の形・皮膚
の色・毛髪といった身体の特徴によって、
人類をおおむね白色人種・黄色人種・黒色
人種にわけようとする考え方である。この
ような人種の違いを優劣と結びつける考
えは、19世紀以来ヨーロッパやアメリカ
で盛んになった。しかし今日では、人類
を人種によって分類したり、人種間に優
劣の差があると考えることには、科学的
根拠がないとされている。(世界史B、Y社)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR