コーカサス山脈のすぐ南に、トルコの東側の国境沿いにアララットという高い山があるのですが


コーカサス山脈のすぐ南に、トルコの東側の国境沿いにアララットという高い山があるのですが

2015/6/25(木) 午後 10:22

http://blogs.yahoo.co.jp/henatyokokakumei/39807432.html


@hinokiharappa

檜原転石@hinokiharappa

(続き)。ユダヤ=キリスト教文化圏では旧約聖書にあるように白を光、黒を闇として、善である白い色を自分たちの色に当てはめたわけです。

posted at 18:00:14









6月20日

@hinokiharappa

檜原転石@hinokiharappa

(続き)
Q3 科学的とされてきた人種という考え方も、当初からヨーロッパというか、キリスト教的な考え方に影響を受けているものなのですね? 

A3 ヨーロッパ人を白色人種と呼んだり、白い肌が美しいとする考えは、元来極めてユダヤ=キリスト教文化圏の伝統に支配された考え方だと思います

posted at 17:59:48









6月20日

@hinokiharappa

檜原転石@hinokiharappa

(続き)ッパ人に該当するのですが、それらの人々が「最も美しく」、すべての人間集団の「基本形」で、他の4つはそれから「退化」したものだと書いています。

posted at 17:59:08









6月20日

@hinokiharappa

檜原転石@hinokiharappa

(続き)ですが、それはコーカサス山脈のすぐ南に、トルコの東側の国境沿いにアララットという高い山があるのですが、その山に旧約聖書に登場する「ノアの箱船」が辿り着いたと信じられていたからだと言われているのです。ブルーメンバッハは、さまざまな人間集団のなかで「コーカサス」、つまりヨーロ

posted at 17:58:48









6月20日

@hinokiharappa

檜原転石@hinokiharappa

http://oldwww.zinbun.kyoto-u.ac.jp/conference/nhkhtml…
Q2 モンゴロイドがアジア人、コーカソイドがヨーロッパ人ということですが、ヨーロッパのはずれのコーカサス地方の名前がついているのは、何故ですか?
A2 当時ブルーメンバッハだけでなく多くの科学者がコーカサス山脈に強い関心を抱いていたの

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR