スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーロッパ人を白色人種と呼んだり、白い肌が美しいとする考えは、元来極めてユダヤ=キリスト教文化圏の伝統に支配された考え方だと思います。


ヨーロッパ人を白色人種と呼んだり、白い肌が美しいとする考えは、元来極めてユダヤ=キリスト教文化圏の伝統に支配された考え方だと思います。
2015/6/25(木) 午後 10:20
http://blogs.yahoo.co.jp/henatyokokakumei/39807428.html



檜原転石@hinokiharappa

(続き)一般に差別
語であると認識されている。一例として、ロン
ドン・オリンピックにおいて、スイスのサッカー
選手が、ツィッターで韓国人選手らを「モンゴ
ロイド」と呼び侮辱発言をしたとして、選手団
から追放された事件が想起される。

posted at 09:02:44









6月21日

@hinokiharappa

檜原転石@hinokiharappa

竹沢泰子
「モンゴロイド」という言葉も問題を孕んで
いる。そもそもこの言葉は、ヨーロッパを度々
脅かしたモンゴル帝国の名に由来している。そ
の後長く、東アジアの人々と顔つきが似ている
としてダウン症の人々を指す言葉として使用さ
れていたが、今日欧米においては、

posted at 09:01:07









6月21日

@hinokiharappa

檜原転石@hinokiharappa

竹沢泰子
ヨーロッパ人を白色人種と呼んだり、白い肌が美しいとする考えは、元来極めてユダヤ=キリスト教文化圏の伝統に支配された考え方だと思います。ユダヤ=キリスト教文化圏では旧約聖書にあるように白を光、黒を闇として、善である白い色を自分たちの色に当てはめたわけです。

posted at 08:41:15









6月21日

@hinokiharappa

檜原転石@hinokiharappa

(コーカサス山脈のすぐ南)アララト山 (トルコ、5137m)
『旧約聖書』にでてくるノアの箱舟が大洪水の後、流れ着いたとされる山と目されて、12世紀以降にヨーロッパ人により命名
ブルーメンバッハは「コーカサス」「モンゴル」「エチオピア」「アメリカ」「マレー」という五つに人間を分類

posted at 08:40:06

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。