[CML 033596] 日刊ベリタでも高橋 浩祐『「ブラック企業」は、人種差別用語である』を紹介

[CML 033596] 日刊ベリタでも高橋 浩祐『「ブラック企業」は、人種差別用語である』を紹介

2014年 9月 3日 (水) 07:07:51 JST

http://list.jca.apc.org/public/cml/2014-September/033652.html



檜原転石です。

トンデモ和製英語「ブラック」(「ブラック企業」・「ブラック大学」など)を
採用した愚者は
ブラックに黒人の意味があることを知らなかった。これが全てだと思いますよ。
もし知っていても採用するなら,それは人種差別と呼ぶでしょう。


黒白、白黒問題について言えば――

高橋浩祐は「色で価値判断するのはタブー」と書いていますが、
科学的知識を充分ため込んでいる現代人が色に価値基準を持っている事自体がお
笑いだ。
おまけに科学が私たちは全て“アフリカ系”だと証明してくれている。

人間の進歩にともない言葉は常に検証される。よって差別語のたぐいも次々発見
されるわけだ。




▼日刊ベリタ
http://www.nikkanberita.com/read2.cgi?id=201409011459301


「ブラック企業」は、人種差別用語である


私はこの「ブラック企業」という言葉を以前からずっと「人種差別用語」、ある
いはそれに類する言葉だと思ってきた。この言葉を耳にする度に、「あ あま
た、人種差別用語が使われている」と心を痛めてきた。
ー高橋 浩祐 :ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー東京特派員


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR