『AERA』も名誉白人を目指す

『AERA』も名誉白人を目指す
2014/1/18(土) 午前 6:52

 トンデモ和製英語「ブラック」を流行し始めた時点で、将来トンデモ和製英語「ホワイト」も使われるかもしれないと予想されたが、これほど早く愚者の群れが私の視界に入るとは驚きである。

 名誉白人は「ホワイト」にはプラスイメージを付与しているからこそ、トンデモ和製英語「ブラック」を使うので、「ブラック」を最初に使った時点で、ゴロツキ雑誌『AERA』の今も予定されていた未来であったわけだ。

 定向進化とは、生物の進化において、一度進化の方向が決まると、ある程度その方向への進化が続くように見える現象をいうようだが、英語馬鹿という生物も期待通りの「進化」ぶりを見せてくれたともいえる。

 さて、この惨状を前にして――これを惨状と気づく知性があればの話だが――『しんぶん赤旗』はどうするのだろうか?トンデモ和製英語「ブラック」と同様にトンデモ和製英語「ホワイト」も使い始めるのであろうか? 



▼AERA 2014年1月20日号
http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=15571

就職

ブラック・ホワイト企業はこう見抜け

『就職四季報』徹底活用術、カギは3年後離職率と昇級幅/簡素な採用選考には要注意



ホワイト化へ転身はかる外食



就活にも成績求める動き 三菱商事、帝人

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR