アーサー・ビナードと「ブラック」

▼アーサー・ビナードと「ブラック」
2013/11/15(金) 午前 9:55

 小森陽一・アーサー・ビナード『泥沼はどこだ 言葉を疑い、言葉でたたかう』(かもがわ出版、2012年)では、書名通りに言葉を疑い、「泥沼」にも言及しているが、「ブラック」への言及はない。アーサー・ビナードは「ブラック・ジョーク」も「ブラック・ホール」も「ブラック・バジェット」も使っている。もちろん日本でのトンデモ和製英語「ブラック」の氾濫はこの頃の出来事だから、それとは無関係にアーサー・ビナードは白人英語のblackへのマイナスのラベリングのままに使っているというわけだ。彼が、今現在のトンデモ和製英語「ブラック」にどう反応するかはさだかではないが、興味深いことではある。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR