スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜田さん、どうも。

▼浜田さん、どうも。
2013/12/22(日) 午後 9:31

Re: [CML 028388] あなたは人種差別や憎悪犯罪に“本気”で反対するつもりがあるのですか?
http://list.jca.apc.org/public/cml/2013-December/028388.html


檜原転石です。

浜田さん、どうも。


>なぜかと言えば、「ブラック」には黒人という意味もあるから。

>しかし、それは無理な話です。

 ブラックは英語ですよ。「幸せな奴隷」(支配言語である英語に支配されていると気づかない人間)は英語馬鹿のくせに英語を使って恥をかくのです。音楽界では滅茶苦茶英語で英語の話者には笑われていましたが、今回の大恥は労働権侵害に反対する「良識派」がトンデモ和製英語「ブラック」を使っているというわけで、笑って済ませる問題ではありません。

ホワイトラブが白人の恋、ブラック企業は黒人の企業と“まっさきに連想”されます。米国にはブラックエンタープライズなる黒人のビジネス誌もあります。だいたい搾取企業をなぜ「ブラック企業」と呼ぶ必要があります?なぜわざわざ定義して使います?「ブラック国家」って、私が真っ先に連想するのがハイチですよ。もしこれが強欲企業野放しの国の意味ならそう書けばいいだけです。こんなふざけた言葉がありますか?知的程度を疑いますよ。


>それは日本語も英語も同じです。

まったく違います。白人英語は黒人を奴隷にしていた長い歴史がありますから、それにふさわしく黒にあらゆるマイナスイメージがへばりついた多くの言葉があります。
この辺のことは津田幸男でもお読み下さい。まあ私のブログにありますが・・・。

 差別といえば今でも麻薬犯罪などで狙い撃ちにされて、監獄ビジネスにかり出されています。生涯に黒人の3人に1人は監獄に収監されるという統計があるそうです。

>これなんか「腹黒い」という意味で、黒色のイメージが英語と日本語で、その文化の違いにもかかわらず共通しているという、同じ人間なんだなあと、僕はむしろ感動するのですが・・・

 私たちは白人英語を小さい頃から学びます。よって白人英語に知らず知らずのうちに洗脳されています。「要注意人物名簿」を「ブラックリスト」と呼ぶ必要もないのです。もちろん白人英語に「ホワイトリスト」なる言葉があります。ちなみに「ブラックアイ」は面汚しの意味です。

「腹黒い」は私は使いません。心は脳味噌にありますから、元々無意味な言葉です。心がねじけているという意味ならそのままそう書けばいいし・・・。そう権力者の嫁が使ったと広辞苑にはのっていますが、まあその立場なら陰謀や悪だくみや策略は身近で起こりますから、使えます。所詮、庶民には縁遠い言葉ですよ。

>しかし、僕が持つ辞書は古いので、最近では「ブラック」は黒色、黒人、もしくは良い意味でしか使ってはいけないことになっているのでしょうか?

>そこらへんの最近の英語事情を教えていただけたらと思います。

 
 これは私には皆目分かりません。ただし、「ウェーブスター辞書の黒の解説が間違っている」という認識はほとんどの黒人にはあるでしょう。

 米国の人種・民族の自称についての国勢調査(1995年)で、黒人の場合は、混血も含め、単純に「アフリカ系」でない者も含まれて、一番好まれている呼称は「ブラック(黒人)」(44.15%)だった。アフリカ系アメリカ人(African American)」 28.07%、「アフロ=アメリカン(Afro-American)」12.12%である。30年前(1960年頃)には、「ブラック」と言われれば、子供たちの間ではつかみあいの喧嘩になったとほどの差別語「ブラック」が、「ブラック・イズ・ビューティフル(黒は美しい)」運動を経て、今ではブラックが最も呼んで欲しい黒人の呼称になったいう事実を知れば、トンデモ和製英語「ブラック」など絶対使えませんよ。

 言葉など次から次に生まれ、また次々に消えていきます。差別語は人間の進歩とともに日々発見されていきます。今現在、進歩から遠ざかりつつある日本、ほとんどの日本人が馬鹿な右翼になったから、こんな言葉が氾濫するのです。 

 私はマルコムXのTシャツを着ていたくらいですから、この日本の大恥は何とかしたいのですよ。
 もう1人、ジョン・カーロスはメキシコ・オリンピック(1968年)表彰台で人種差別の抗議活動をするために絶対メダルを取る必要があった。それでもなおかつ陸上競技200mで銅メダルを取った選手です。表現しがたい凄さです。こんな人物は歴史上2度と現れないかもしれない。みんなジョン・カーロスを知らないから、トンデモ和製英語「ブラック」を平気で使っているのだ・・・、と私には思えてきます。

▼オリンピックに斬り込んだブラックパワー:1968年メキシコオリンピックで米国の人種差別に抗議して黒い拳を揚げたジョン・カーロス
http://aafocusblog.blogspot.jp/2012/08/1968_4.html

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。