Re: 主要な敵は誰か

▼Re: 主要な敵は誰か
2013/12/26(木) 午後 5:31

[CML 028453] Re: 主要な敵は誰か
2013年 12月 24日 (火) 08:18:54 JST
http://list.jca.apc.org/public/cml/2013-December/028425.html

檜原転石です。

石垣敏夫さん、こんちは。

建設的意見、ありがとうございます。




> 檜原さん
>
> 充分ご承知と思いますが、
> 私たちの主要な敵は米政府隷属、ファッシズムに向かっている、
> 権力者安倍政権です。
>
> 小異を残し、大道につきませんか。


 人類はアフリカから誕生したわけで、私たちの祖先は皆肌が黒かった。
この科学的事実と、今年はといえば、アパルトヘイトに立ちむかったマンデラの死がある。
歴史を振り返れば、アパルトヘイトを支えた名誉白人の日本人がいて、アパルトヘイトを必死に支えたイスラエルがある。
このどちらにも関係した差別主義者・石原慎太郎は都民から熱狂的に支持されてきた。

 進歩派であったはずの『週刊金曜日』は佐藤優をひきこみ、反イスラエルを放棄し、何のことはないアパルトヘイト時代の反南アも放棄したといっても言い過ぎではないかもしれない。
 この文脈からもトンデモ和製英語「ブラック」が『週刊金曜日』で日本で今頃氾濫する理由がつく。

 私たちの祖先の肌の色に悪を含意して氾濫させるなどいう愚劣は、非科学の極みでもある。果たしてこれが小異なのか?私には馬鹿丸出しとしか写らない。科学的態度でみても、反人種差別の立場からでも。

 もちろん歴史健忘症の日本人だから、非科学であっさり突破したトンデモ和製英語「ブラック」を公民権運動もマルコムXを知らないから止められない。

 そういえばテロ国家イスラエルは南アのアパルトヘイトより遙かに悪質なのに国際社会とやらは何もできない。科学的見地からいえば、ユダヤ人の祖先は農民だったゆえ、そこに留まったはずで、何のことはないイスラエルはユダヤ人の祖先から連なる人々(パレスチナ人)をせっせと殺している。

日本人はといえばトンデモ和製英語「ブラック」を氾濫させて自らの祖先を、黒人を言葉で殺している。

おまけに日本には「人間は平等である」という真理に背く天皇も存在する。私はこんな愚劣な存在にへらへらする人物も馬鹿にしか見えない。
これもとても小異とは呼べない。

困った、これでは同調者などほとんどいない。
 
そして原発。これもまた「放射脳カルト」とかいう言葉を使う人間は私には馬鹿にしか見えない。小異どころではない。天と地ほどの差がある。


> 権力を打倒するために、路線闘争、理論闘争は
> 必要です。
>  しかし、小異は無限にあります。
>
> 安倍政権とどう闘うかの、ご意見を
> 是非お聞かせ下さい。
> このことは労働者、市民、が今求めていることです。
>
>               石垣


 私は将棋好きで今「ボナンザ」と対戦していますが、1勝120敗ぐらいです。ただし私もソフトにあわせて考慮時間を少なく設定していますが・・・。

 これはまるで私の運動と同じ結果だ(笑)。運動をやってもほとんど勝てない。それも勝ったたしても「マイナスをゼロ」にしただけのこと。「ゼロを
プラス」にする運動で勝ったことなどない。「ゼロをプラス」にする運動ではないが、それと似たもの――たとえば草野球で「拡大指名代打制」を提案したら、これがあっさり採用された。というのは、同調者が1人すぐ現れたから・・・。これは嬉しかった。かように同調者が1人いれば、何とかなるかもしれない。組合でも2人いれば作れる。ただし同調者が誰も現れないとしても、たった1人でもやる。基本的にはそれしかない。

 さて、安倍晋三とどう戦うか?

 安部って、ある面、ヨシリン(文春・新潮・小学館・サンケイなど・・・・)が育てた馬鹿者――歴史ねつ造主義者が生み出したといってもいいかもしれない。
要するにメディア(ミーディア)の長年の洗脳の効果で今の日本がある。すなわち日本人のほとんどが馬鹿な右翼になってしまった。よって反安部といっても、はじめから少数派。
加えて、日本には天皇がいて、貧乏人の不満鬱積が下方に向かう。これは王がいる英国も同様のようで、ここでもメディア(ミーディア)の洗脳の効果覿面。

貧乏人が多数派なのにこの無様さは、やはり長年の洗脳の効果の結果なわけで、一朝一夕に変えるわけにもいかない。もちろん安部はNHKに教育に、更なる洗脳の効果を上げようとしている。

 よって貧乏人が洗脳を振り払ってすぐ飛びつく政党名の政党がすぐ現れなくてはいけない。共産党は「貧乏(人の味方)党」とかにすみやかに変えた方がいい。社民党もそのような政党名に変える。また選挙のときは必ず共闘する。

 市民運動の立場でいえば、一点共闘で右翼と絶対組まない。組むとどうしても運動自体が右傾化してしまう。

 1人の市民としてなら、ネットで発信する。ビラを新聞に入れてまく。・・・

 現状は極めて悲観的ですが、未来は大丈夫と楽観的にやるしかない。

 さてオチですが、ボナンザは優秀な将棋ソフトですから負けても仕方がないが、これに較べれば安倍晋三などの連中はアンポンタンばかりですよ。多分勝てますとも・・・

※追記(2013/12/31 8:24):一点運動→一点共闘

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR