スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【楽天】マー「僕は下手クソ」160球完投も30連勝で止まった!

▼【楽天】マー「僕は下手クソ」160球完投も30連勝で止まった!
http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20131103-OHT1T00009.htm

 ◆コナミ日本シリーズ2013第6戦 楽天2―4巨人(11月2日・Kスタ宮城) 自分への憤りを押し殺すのに必死だった。勝てば日本一。チームメートが作ってくれた最高の舞台だった。田中は味方の逆転を信じて、最後までマウンドに立ち続けた。「ここ一番で力が出せなかった。まだまだ僕は下手クソ、ということ」。言い訳はしなかった。

 田中に、ついに黒星が刻まれた。昨年8月19日の西武戦(西武D)以来、440日ぶり。今季32試合目の登板で土が付いた。7回を投げ終えた時点で126球。星野監督は降板を指示したが、続投した。9回2死二塁。高橋由を空振り三振に仕留めた160球目は、152キロをマークした。「9回は、どうやったら球場が盛り上がるかを考えた」。負けの展開でファンを剛速球で盛り上げ、最後の攻撃につなげる―そういう狙いがあったが、2点のビハインドを埋めることはできなかった。

 信じられない光景が繰り広げられた。2点リードで迎えた5回。先頭・坂本に左中間フェンス直撃の二塁打を許し、ロペスに左越え2ランを浴びた。今季、7本目の被本塁打。初めて得点圏に走者を背負った場面で被弾した。「投げミスが多かったのは確か。それを確実に打たれた」。5回の1イニング3失点、1試合4失点は、ともに今季ワーストだった。

 25歳になっての初登板だ。来季、田中はメジャーに移籍する可能性がある。最後になるかもしれない本拠・Kスタのマウンド。「誰よりも最後まで野球をやっていたい」。昨年までは自身の誕生日・11月1日は完全にオフだった。24歳は無敗で終えたが、25歳の“初陣”で、あまりに重い、そして大きい1敗を喫した。

 160球という球数を考えても、第7戦のブルペン待機は難しいだろう。しかし、「それ(救援登板)を含めて、自分にできることを明日やります」と話す右腕の目は死んでいない。日本一の夢は、まだ終わったわけではない。

▼マー君 “ダル超え”ポスティング史上最高額99億円争奪戦か
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/03/kiji/K20131103006937650.html

 楽天が、田中将大投手(25)の今オフのポスティング・システム(入札制度)を利用してのメジャー移籍を容認する方針を固めたことが2日に判明。米ヤフースポーツ(電子版)は1日(日本時間2日)、田中について「日本球界のエースは史上最高額になる可能性がある」と報じた。

 これまでは、レンジャーズが11年12月に日本ハム・ダルビッシュを落札した5170万ドル(約40億円=当時)が最高だったが、あるナ・リーグの球団幹部は「ポスティングの金額だけで1億ドル(約99億円)に達する可能性がある」と指摘。別の球団幹部も7500万ドル(約74億2500万円)前後とみているという。

 田中の相場が急騰している理由として、大リーグ球団がテレビの放映権料のアップなどにより、財政的に潤っていることを指摘。さらに、入札金はぜいたく税の対象にならないこと、米国内のFA選手を獲得する場合と違い、ドラフト指名権を譲渡する必要がないことなどを挙げている。入札を希望する球団としてヤンキース、ドジャース、カブス、ジャイアンツの名前を挙げ、田中の投球については「148キロ前後の速球と世界屈指のスプリットを投げる」と紹介している。

 現時点でFA市場の先発投手では田中の評価はNo・1。入札後の契約もダルビッシュの6年総額6460万ドル(約49億7420万円=当時)を上回る可能性が高い。 【試合結果 日本シリーズ日程】
.
[ 2013年11月3日 07:18

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。