雑誌の表紙に並ぶ言葉、「ブラック国家ニッポン」と「日本の英語教育は間違っている」、・・・(笑)

雑誌の表紙に並ぶ言葉、「ブラック国家ニッポン」と「日本の英語教育は間違っている」、・・・(笑)

▼週刊金曜日 963号
出版社名:株式会社金曜日

目次

ブラック国家ニッポン
http://www.fujisan.co.jp/product/5723/b/994473/



▼「週刊金曜日」ニュース~日本の英語教育は間違っている
http://www.labornetjp.org/news/2013/1383882012126staff01
・・・

【1】注目の記事

■特集 日本の英語教育は間違っている

コクサイカ=英語力の短絡に子どもたちや教師が振り回されている。小学校の英語教育の開始時期を3年生に、5年生からは正式教科に? 政官財をあげて英語教育“改革”の大合唱だが、全国的な早期教育はどれほど有効だろうか。


●効果はいかほど?
英語早期教育の知られざる功罪
本誌取材班


●立教大学特任教授 鳥飼玖美子さんに聞く
“英語を学ぶのは早い方がいい”は幻想

「大学受験にTOEFL等」「小学校英語の教科化」など、政府が次々と打ち出す英語教育政策の「改革」案。メディアの英語講師としても著名な鳥飼玖美子さんが、これに疑問を呈する。

◆文部科学省に聞きました
日本の英語教育を、どうするつもりですか?


●外国人の講師にも強いられる過酷な労働条件
過熱する小学校「英語教育」の現場
松元 千枝

英語の会話力や交渉力を身につけようと、職場や学校ではネイティブ・スピーカー講師の需要が高まる。だが規制緩和による労働条件の切り下げが続き、現場では今、そのあり方が問われている。


●「コクサイカ」?「英語が成功の鍵」?
海外から見たら、奇々怪々の日本の英語教育
久保田 竜子
解説・構成 村上 朝子

日本ではまことしやかに唱えられている英語教育をめぐる言説のウソを、海外で言語教育に携わる専門家が明らかにする。


●企業に聞きました
「社内で英語」の取り組み、現在は?

グローバル経済を勝ち抜くために、社内英語公用語化など、積極的に英語力の強化を図る代表的な企業に、英語教育に関するアンケートを実施しました。質問は、以下の3項目です。

◆元ピースボート職員・高橋麻帆さんに聞きました
グローバル・イングリッシュで国際交流!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR