マー君をメジャーに行かせたい!選手会、新ポスティング折れた

マー君をメジャーに行かせたい!選手会、新ポスティング折れた
http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20131111-OHT1T00202.htm

メジャー挑戦を巡る動きがいよいよ本格化する田中 楽天・田中将大投手(25)が、今オフのメジャー移籍へ大きく前進した。日本野球機構(NPB)と労組・プロ野球選手会(嶋基宏会長=楽天)の事務折衝が11日、甲子園球場内で行われ、NPBは選手会側が異議を唱えていた日米間の新ポスティングシステム(入札制度)について理解を求めた。選手会は田中の意向も尊重した上で12日にも正式回答するが、妥結は確実な情勢。近日中に「マー君システム」が誕生する見通しだ。

 NPB側は3時間半にわたる長時間の折衝で、選手会側に新制度の交渉過程などを説明した。NPBの選手関係委員長を務める阪神の四藤球団専務は「誠意を持って説明させていただいた。一定の理解は得たと思う」と手応えを明かした。

 一方、選手会の松原事務局長も「100%納得しているわけではないが、きょうは球団側の考えはすべて理解できた」と評価した。

 「落札額変動制」を柱にした新制度は、交渉の当事者であるNPB、MLB、MLB選手会間では既に合意している。だが、複数球団との交渉を訴えてきた選手会が異議を唱え、協定締結に待ったがかかっていた。松原事務局長は、「あとは12球団の選手会長に連絡して、一両日中に対応を決めたい」と、12日にも正式に妥結する方針を示唆した。

 12月5日には選手会総会も開かれる。だが、そこを待たずしての素早い対応は、一にも二にも田中のためだ。田中の今オフのメジャー移籍の意思は固いとみられるが、肝心の日米間ルールが昨年から失効。新制度が正式に決まるまでは、態度表明も、球団との話し合いもままならない状況に陥っていた。

 選手会の山崎顧問弁護士は、複数球団との交渉を求める選手会のスタンスには変わりないとしながらも、「この問題はもし田中君がメジャーに行くとすれば、田中君のためにやっていること。本人の意向ももちろん尊重して決めなくてはいけない。選手のための組織ですから」と明言。この日の折衝の内容も本人に伝え、意思を再確認する方針だ。

 新制度は、従来通り最高額で入札した1球団が独占交渉権を得る。最終落札額は1位と2位の入札額の間で変動し、交渉決裂の場合は落札球団に最大200万ドル(約1億9720万円)の罰金が科される。11日(日本時間12日)からはフロリダ州オーランドでMLBのGMミーティングも始まるが、妥結の一報がMLBサイドにも朗報になるのは間違いない。

 NPBは選手会の回答を待って、MLBと正式に協定を締結。近日中にも「マー君システム」が発効する。田中と球団の話し合いはアジアシリーズ終了後の21日以降となる見込みだ。球団は引き留めにかかると見られるが、不敗エースのメジャー挑戦への環境は着々と整いつつある。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR