気になる男優・斉藤工

 斉藤工はNHKの「ドラマ10」に2回(上戸彩、井川遙の相手役)でていて気になる男優であったが、その彼が『週刊朝日』の2013/11/22号の表紙を飾っている。その彼が言っている。【映画製作をしていた父の影響で銀幕に魅せられた。映画祭のナビゲーターやコラムの執筆に加え、監督など「製作」も志す。「僕のベースにあるのはチャップリン。子供が見られることと、ビターな社会風刺。生活水準の一番低い、弱いところから上に叫ぶっていうのが、映画やこの仕事の神髄であってほしい」(同誌、「表紙の人」より引用)】

 こういう発言する男優はまずいないだろうから、今後彼から目がはなせない。

追記:私は番組途中に広告放送が入る番組はほとんど見ないので、NHKの「ドラマ10」はわりと見る方だ。またNNNドキュメントなど30分番組だが、実質24分番組であり、その短い放送途中で2度の広告放送が入ることもある。番組の内容が深刻であればあるほど、放送にのめり込む気分をぶちこわす効果は甚大で、腹立たしい限りである。テレビ局もドキュメンタリーぐらいは広告なしで放映する気概を見せないと、その存在意義さえ疑われるのだが・・・。

追記2:NHK経営委員に安倍晋三推薦の数人の馬鹿が送り込まれ、BS1のドキュメンタリーは果たしてどうなるのだろう?という危惧もある。 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR