米国と共に海外基地強化

2013年11月19日(火)

米国と共に海外基地強化

井上議員 国家安保戦略を批判


写真
(写真)質問する井上哲士議員=18日、参院国家安保特委
 日本共産党の井上哲士議員は18日の参院国家安全保障特別委員会で、国家安全保障会議(日本版NSC)で策定される国家安保戦略(NSS)は中長期的な自衛隊の海外基地強化を方針づけるものであり、基地縮小に向かう世界情勢と逆行すると批判しました。
 井上氏は、アフリカのソマリア沖・アデン湾での自衛隊の海賊対処活動の拠点として2011年からジブチ(地図)の基地が運用されていることに言及。小野寺五典防衛相は整備費約47億円、土地借料約991万ドル、維持費約13億円を支出し、190人が配置されていると答弁しました。
 井上氏は、「事実上の海外基地だ。他の独立国への軍隊常駐は世界史的にもきわめてまれだ」と指摘。現在、国外基地をもつのは米英仏ロの4カ国のみで、米ソ対立解消後も世界的基地ネットワークを維持するのは米国以外ないことをあげ、「米国と並んで海外基地をもつ国になる」と批判しました。
 さらに井上氏は、同海域では12月から自衛隊護衛艦が特定船舶に付き添うエスコート方式に加え、多国籍軍と海域を分担するゾーンディフェンス方式の護衛に参加することをあげ、海賊対処法制定時には想定していなかったものだと追及。防衛相は「(当時は)多国籍部隊の運用形態は確立されていなかった。(同方式は)検討していなかった」と認めました。
 井上氏は、アーミテージ元米国務副長官が著書で「あれ(海賊対処)こそ『集団的自衛』そのものだ」と述べていることを紹介。集団的自衛権行使をにらんで海外活動の強化を進め、軍拡と戦争の司令塔となるのがNSCだと強調しました。
ジブチの自衛隊基地と海賊対処活動 活動海域 地図

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR