スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東電5・6号機廃炉へ 福島第一 月内にも地元説明

東電5・6号機廃炉へ 福島第一 月内にも地元説明

写真
 東京電力が福島第一原発5、6号機を廃炉にする方針を固めたことが二十日、分かった。月内にも福島県双葉町など地元自治体に説明する。地元と協議して了解を得た上で、十二月中に正式に廃炉を決める。
 5、6号機の廃炉は九月に安倍晋三首相が東電の広瀬直己社長に要請し、広瀬社長は年内に結論を出すとしていた。
 東電は両号機を解体せず、1~4号機の廃炉のための研究施設に転用する方針。溶けた燃料棒の取り出し技術の開発などに使用することを想定している。
 首相の要請に応えることにより、国が検討している除染への国費投入など追加支援を受けやすくする狙いもある。5、6号機の廃炉を決定後、1~4号機とあわせて廃炉専門の社内分社をつくる方針。見直し作業を続ける総合特別事業計画(再建計画)に盛り込む。東電は福島第一原発の廃炉費用に二兆円程度かかると見込んでいる。
 首相の廃炉要請の際、双葉町の伊沢史朗町長が事前連絡がなかったとして不快感を示した経緯があり、東電は正式決定前に説明することで地元への尊重姿勢を示す。
 廃炉費用に関する会計規則が十月に変更され、費用の分割計上が可能になった。このため二〇一四年三月期で大幅な損失計上は避けられる見通しだ。
 5、6号機は東日本大震災発生時、定期検査中だった。炉心溶融など重大な損傷は免れ、現在まで運転を停止している。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。