スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小笠原新島の面積さらに拡大 火口からの溶岩流出で

小笠原新島の面積さらに拡大 火口からの溶岩流出で

2013年11月26日 22時01分
 
 西之島の南東に火山噴火でできた陸地(奥)=26日午後、東京都小笠原村(海上保安庁提供)
写真
 海上保安庁は26日、小笠原諸島・西之島(東京都小笠原村)近海の火山噴火でできた陸地について、火口から溶岩が流れ出して海を埋め立て、20日の発見当初より面積が1・3~1・5倍になっていると明らかにした。
 海保は26日午後2時ごろから約1時間、航空機で上空から視察した。二つある火口のうち一つから溶岩が流出。約70メートルの陸地が北東側で海に突き出すように、新たに形成されているのを確認した。海洋情報部の担当者は「順調に立派な島へと成長しているようだ」と話した。
(共同)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。