懲りない『週刊金曜日』

 言葉のたたかいはものの見方のたたかい、『週刊金曜日』は米国の、世界の黒人のたたかいを無視し、それを取り上げることを放棄する可能性さえあるのだが・・・。

▼『週刊金曜日』

http://www.kinyobi.co.jp/backnum/tokushu/tokushu_kiji.php?no=3022

2013年11月29日 970号 特集記事
■就活のためのブラック企業対策講座
今まで誰も教えてくれなかった就活のしくみ
違法、脱法の手口で過酷な働き方を強いて若者を使い捨てにする、いわゆる「ブラック企業」が増えている。厚生労働省が9月に初めて実施した「使い捨て」企業相談の結果、賃金不払い、長時間労働、パワハラ(パワーハラスメント)の順に1000件超の相談があり、4000社超の企業への監督・指導に至ったという。まさに就活も歩けばブラック企業に当たる。そこで、12月1日の大学3年生向け「会社説明会解禁」を前に、誌上で就活のためのブラック企業対策講座を開講する。



●就活サイトに騙されるな!
谷村 智康

◆「11時間休息保障」で日本は変わる!?
共産党の「ブラック企業規制法案」は活用できるのか
片岡 伸行


●労働者に泣き寝入りはさせない!
被害対策弁護団の取り組み
内原 英聡


●危ない企業の見分け方

「入ってみたら話が違った」――
そうならないためには事前の準備が必要だ。
企業を見分けるためにはいくつかのポイントがある。
ブラック企業対策プロジェクトが公開する
「ブラック企業の見分け方」をもとに作成した。
ここで具体的にチェックしていこう。


●ブラック企業対策はなぜ国家的問題なのか
POSSE代表 今野晴貴さんインタビュー

今やドラマ、日常会話などあらゆる場面で耳にするようになった「ブラック企業」。しかし、その問題の本質や実態は十分に理解されていない。「ブラック企業」という名の育ての親とも言える今野晴貴さんに、平井康嗣・本誌編集長が話を聞いた。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR