スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あの映画を見ていたので,自白して出てきました」というのです。

例会報告・映画「それでもボクはやってない」を巡って
● 意見交換の前半
http://www.j-j-n.com/

弁護士A
 痴漢事件に取り組んでいる弁護士です。周防さんは,平成14年頃から,痴漢事件裁判に関心をもたれるようになり,取材のため,私どものやっていた弁護団会議や,月に1回の若手弁護士を中心とする冤罪事件の勉強会,その他の痴漢冤罪事件の集会などにも欠かさず熱心に参加されてきました。勉強会が終わった後,私どもはよく有楽町のガード下の一杯飲み屋で食事をしたり飲んだりして歓談していたものですが,周防さんは,お酒が一滴も飲めないにもかかわらず,いつも最後までその席につき合われ,熱心にメモをとっておられた姿が印象的でした。そういう取材を3年半ほど続けられた。もちろん,その間,痴漢事件の法廷傍聴にも熱心で200回以上傍聴された,そうした丹念な取材をベースに,ご自分の目と耳で確認した事柄だけを集めてこの映画を制作されたのです。映画のリアル性はそういう取材から生まれたといえます。

 先ほどの伊東裁判官の発言に関連して,コメントさせて頂きますと,この映画は,多くの事件を傍聴された中で,シナリオが出来ており,判決の論理に至るまで,首都圏の裁判所における有罪判決の典型的でパターン化された日常的な裁判実務を表現しているものであります。なんでこんな判決を書くのだろうと首を傾げる判決が多い。特に,裁判官の自然科学的知識が欠けるというか,中学生程度の物理,数学的思考ができていないように思われるケース。それからもう一つ,人間行動に対する理解力が欠落したというしかない判決もあります。

 それから,捜査官によって実に巧みに証拠が作られている,このことに対して裁判官の理解がない。証拠のねつ造ももちろあるが,裁判官の耳に入りやすいように巧みに証拠化されている。証拠開示の乏しいこと,弁護人の申請した証拠を簡単に却下してしまう,反証の機会が与えられない。こうしたことでは,弁護人としてどうしようもなくなる。

 痴漢冤罪は,争点が単純で,被告人が犯人かどうかという点だけがほとんど唯一の争点です。それだけに裁判官にとっても非常に怖い裁判です。私ども痴漢冤罪をやっている弁護士から言いますと,最高裁調査官などをやられたいわゆるエリートといわれる優秀な裁判官が,非常に稚拙な論理と科学的知識の欠落した判決を書いたりするのを見てきています。周防監督は,痴漢冤罪事件に日本の裁判の縮図,闇を見たという思いでこの映画を作られたのです。



裁判官B
 首都圏の裁判所で刑事裁判を担当していると,痴漢事件というのが非常に沢山あります。詳しいことは述べられませんが,階段で携帯電話を女性のスカートの下に入れて撮影しようとした事件がありました。写真は捕まる直前に消去されていましたので,目撃証言だけが決定的な証拠です。私は,この証言は,余りにも確信的に述べるものだから,かえって疑わしいのではとも考えましたが,色々考え悩んだ末,他の状況証拠も合わせてこれを信用できるとして有罪とした事例がありました。

 別の財産犯の事件で,被告人と被害者の言い分が真っ向から相反していたが,私は,被害者の証言の方が信用できるとして有罪にした事例がありました。この事件は控訴されて,逆転無罪となったのです。控訴審は,被害者の証言に問題があり疑わしいと見たようです。私は,この東京高裁の判決を私の裁判所の内部で皆さんに見て貰って感想を聞くと,皆さんは私の結論の方がいいというのです。今でも,私は,私の判決の方が正しいと思っています。

 失敗学の話もでました。いろいろ考え反省しなければならない点はありますが,多くの裁判官の感覚を見聞きしておりますと,先ほども出ましたように,裁判官は,無罪の確信がなければ無罪としないという感覚が相当強いのかなという風に感じています。



市民C
 映画見てまして,主人公が警察官らからひどい扱いを受けている場面ではかわいそうで涙が出ました。周りの男の人などにも,映画を見た感想を聞くと,怖くて電車に乗れない,いつ自分が犯人されてしまうか分からないというのですよね。そういう感想を随分聞くんです。司法は,罪のない人をどんどん陥れている,そういう面があるというのが一般の人の受け止めではないでしょうか。映画はそういうリアル感がありました。



周防監督
 最近,別々の知り会いから2件相談を受けました。映画の悪い影響かなと思うのですが,1件は,痴漢の疑いで今勾留されている人についてですが,弁護士さんを紹介して欲しいという,私は,とりあえず,当番弁護士をと言ったのですが,その件は,勾留されている人の奥さんも私の映画を見ておられて,自分の旦那がたとえ無実であっても,これから会社をやめて1年間闘うことなど到底できない,そこで,奥さんと当番弁護士が,「やってないということは信じている。だけど,とにかく「やった」と言って出てきてください」(笑)と旦那さんを説得したというのです。もう1件の相談の場合は,やはり痴漢の疑いで勾留された人なのですが,この方も映画を見ていた人でして,「勾留3日目にやったと言っちゃった,それで釈放されて出てきました。しかし,その後,起訴不起訴の連絡がない,この不安な時間をどう過ごせばいいんでしょう。被害者と示談した方がいいのでしょうか」というのです。これには,弁護士を紹介して相談に乗って貰うようにしました。

 このように,2件続けて,知人の知人が痴漢で捕まり,「あの映画を見ていたので,自白して出てきました」というのです。僕は,一体どういう映画を作ったのだろうかと思いました(爆笑)

 実は,やっていないのにやったと自白して出てきたという人が多いのではないかと思うのです。勾留請求を却下しない裁判官たち。「やっていない」と否認し続ければ,23日間勾留されちゃう。こんなこと,世界の他の国にあるだろうか。本当に世界中に知らせたい,こんなバカな国はあるだろうか。これは本当に拷問だと思います。逮捕以降,勾留の問題に関しては,裁判官のいい悪いというより,そういうシステム自体が憲法違法ではないかと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。