富山強姦冤罪:被害者証言「刑事に脅された」 国賠訴訟

富山強姦冤罪:被害者証言「刑事に脅された」 国賠訴訟
毎日新聞 2013年10月22日 00時47分
http://mainichi.jp/select/news/20131022k0000m040131000c.html
 2002年に富山県氷見市であった強姦冤罪(ごうかんえんざい)事件で、服役後に無罪が確定した柳原浩さん(46)が国などに約1億円の損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が21日、富山地裁(阿多麻子裁判長)であった。柳原さんが本人尋問で、有罪判決を受けた心境を「家族からも見捨てられ、もうだめだと思った。自分の意志とは関係なく、やったと思って刑務所に行くしかないと思った」などと証言した。

 柳原さんは取り調べについて、証言台をたたくなど身ぶりを交え、「刑事に机をたたいて脅された」「刑事が怖かった」と証言。再審公判の供述調書で「脅されたことはない」とされている点については、「(脅されていないと)自ら述べたことは一度もない。『再審で必要な書類』と言われ、早く終わりたい思いだった」と述べた。

 この日は被告側反対尋問の途中で、柳原さんの体調不良を理由に閉廷した。傍聴した足利事件の菅家利和さん(67)は3年前の自身の再審公判で、取り調べを録音したテープ再生中に体調不良になったことを振り返り「体験した人でないと分からない」と話した。

 柳原さんは02年1月と3月に女子高生を襲ったなどとして逮捕、起訴された。服役後に真犯人が発覚し、07年、再審で無罪が確定した。【成田有佳】

.

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR