FC2ブログ

楽器メーカー「ヤマハ」でパワハラ 30代の男性社員が自殺

楽器メーカー「ヤマハ」でパワハラ 30代の男性社員が自殺

浜松市に本社がある楽器メーカー「ヤマハ」の男性社員が、上司の役員から業務内容について叱責を受けて体調を崩し、ことし1月に自殺していたことがわかりました。会社は、上司によるパワハラが自殺の原因になったと認定し、遺族に謝罪するとともに、この役員を今月末で退任扱いにしたということです。

ヤマハによりますと、研究開発部門に所属していた30代の男性社員は、去年春の人事異動で管理職になったあと、上司に当たる50代の男性役員から業務内容について叱責されるようになったということです。そして、体調を崩して去年11月から休職し、ことし1月に自殺したということです。

社内の通報窓口には「男性社員がパワハラを受けているのではないか」という情報が寄せられていたということで、第三者の弁護士による調査の結果、役員の叱責はパワハラに当たり、自殺の原因になったと認定したということです。

ヤマハは、遺族に謝罪するとともに、この役員を今月末で退任扱いにしたということです。ヤマハは「社員と遺族に大変申し訳ない。社員が自殺するような事態を繰り返さない職場環境をつくっていきたい」としています。

スポンサーサイト



コメント

償え。パワハラやった管理職の奴、刑務所に送れや

刑法・労働法の罰則

■大和田敢太『職場のハラスメント なぜ起こり、どう対処すべきか』(中公新書、2018年)より──

 202──

 制裁については、ハラスメントが企業内の懲戒処分の対象となることが明示された。刑事罰については、刑法が「他人をハラスメントする行為」は1年の懲役および1万5000ユーロ(約200万円)の罰金と定めている。同時に労働法において、ハラスメントが雇用平等原則違反として、1年の禁固および/あるいは3750ユーロ(約50万円)の罰金の対象となる。したがって、ハラスメントは刑法と労働法の両方によって、刑事罰の対象となる。

■モラルハラスメント
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88

2002年1月には、フランスで、職場におけるモラル・ハラスメントを禁止する法律が制定された[55][56]。2004年、モラル・ハラスメントは犯罪(Code pénal)となり、実刑懲役1年と1万5千ユーロの罰金となる[57]。2014年8月の法改正により、懲役2年、3万ユーロの罰金(被害の深刻度により実刑・罰金は変動する)[58]。

1993年、スウェーデンでは、企業におけるモラルハラスメントが犯罪として認められる[59]。
非公開コメント

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR