FC2ブログ

ザギトワ17歳で活動停止 4回転時代シニア1年目「ロシア3人娘」が台頭

ザギトワ17歳で活動停止 4回転時代シニア1年目「ロシア3人娘」が台頭

平昌五輪フィギュアスケート女子SPで演技を終えたザギトワ
平昌五輪フィギュアスケート女子SPで演技を終えたザギトワ

 フィギュアスケート女子で18年平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(17)=ロシア=が13日、同国のテレビ番組で競技活動の停止を表明した。今月下旬のロシア選手権には出場しないと明言し、来年3月に行われる世界選手権の連覇も消滅した。今後も練習は続け、アイスショーには出演するとしているが、事実上の引退宣言と受け取られている。今月上旬のGPファイナルでは最下位の6位だった。

 失意のファイナルから1週間。ザギトワがロシアの政府系テレビ「第1チャンネル」の番組で突然、選手活動の停止を宣言した。司会者に「モチベーションがなくなったのか」と問われると「私は五輪や世界選手権で勝った。人生における全てのものを手にした」と、吹っ切れたような笑顔を見せた。

 今季は同門のアリョーナ・コストルナヤ(16)、アンナ・シェルバコワ(15)、アレクサンドラ・トルソワ(15)がシニアに転向。「ロシア3人娘」は3回転半(トリプルアクセル)や4回転を武器にGPシリーズ全6戦を制し、ファイナルでは表彰台を独占した。ザギトワは「ロシアのスケート界は若年化が進んでいる」と、若手の台頭が決断の背景にあると示唆した。

 15歳だった平昌大会で五輪史上2番目の若さで頂点に立った。当時155センチだった身長は162センチまで伸びて成長痛に悩まされ「最初は技術的にできないことが起き、自分を責め始める。体の感覚が分からず、自分の手がどこなのか、足がどこなのか分からなくなった」と吐露していた。

 国際スケート連盟はシニアの年齢制限で、シーズンに入る7月1日までに15歳以上と定めている。ある関係者は「ジャンプの回転数を増やすだけがフィギュアじゃない。小児体形なら勝つチャンスはあるが、大人の女性なら難しいという危機的状況。年齢制限をもっと上げないといけないのでは」と指摘した。

  • GPファイナル女子フリーで演技したアリーナ・ザギトワ

    GPファイナル女子フリーで演技したアリーナ・ザギトワ

 来年の欧州選手権、世界選手権でロシアの出場枠はともに3人。両大会の代表選考会を兼ねた今月末のロシア選手権に出ないため、世界選手権の連覇は消滅した。エテリ・トゥトベリゼ・コーチは「アリーナの決断は偶然ではなく、1年半ほどくすぶっていた」と、モチベーションの低下に悩んでいたことを明かした。現在はスポーツ大学入学に向けて勉強を始めており、コーチを目指すという。「今後も練習は続け、アイスショーには出る」とザギトワ。シニア実働わずか3シーズンで世界中に強烈な印象を残し、新たなステージに向かう。

 ◆アリーナ・ザギトワ 2002年5月18日、ロシア出身。17歳。08年に競技を始め、17年の世界ジュニア選手権で優勝。17―18年にシニアデビューすると、GPファイナル(名古屋)、欧州選手権を制し、無敗のまま15歳で平昌五輪を勝った。五輪後には以前からお気に入りだった秋田犬が秋田犬保存会から贈呈された。勝利の意味を込め「マサル(勝る)」と名付け、式典には安倍晋三首相が立ち会うなど、日本人からも大きな注目を集めた。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR