FC2ブログ

中国侵略日本軍兵士のアルバムに南京大虐殺時の写真を発見

中国侵略日本軍兵士のアルバムに南京大虐殺時の写真を発見

遼寧省本渓市のある収集家が先ごろ、中国侵略日本軍兵士のアルバムを発見した。そのアルバムの中にあった南京大虐殺当時の写真が、南京大虐殺を証拠づける重要な資料だとして専門家・学者らに注目されている。新華社が伝えた。

収集家の毛偉さんは、吉林省長春市のある骨董店でこのアルバムを見つけた。アルバムの中の人物の写真や印鑑などの情報から、このアルバムの持ち主が中国侵略日本軍第16師団第30旅団歩兵第33連隊兵士の小平徹雄であることが分かった。

今回発表された写真には、南京大虐殺犠牲者の遺体7体が泥水の中に横たわっている様子が写っている。遺体のなかには焼かれたため損傷したり変形したりした遺体もあり、遺体の側には焼かれた痕跡のある木材など雑多な物が雑然と散らばっている。その写真の下には、「南京」と書かれた白い紙が貼られていた。

遼寧社会科学院歴史研究所の張潔研究員は、「日本は中国侵略戦争を発動した際、こうした写真を厳しく管理していたため、通常はほとんど外部に流出しなかった。この写真は小平徹雄によって保管され、個人のアルバムに貼られており、戦功を誇る意味があったのではないか」と述べている。

中国近現代史料学学会の王建学副会長は、「写真に写っている遺体遺棄地点は長江のほとりだろう。写真が示す位置や地面に残っている車輪の跡、遺体を先に焼いた後で慌ただしく遺棄していることなど細かい点が、中国侵略日本軍が南京大虐殺の前後に犠牲となった中国の兵士や市民の遺体を処理した方法と極めて合致する。それに加え、アルバムの持ち主の身元情報などの内容からも、南京大虐殺の際に撮影された写真であることが確認できる。この写真は、日本軍が中国侵略で働いた暴虐行為に対する証明と南京大虐殺関連の歴史研究の上で重要な価値がある」と指摘している。(編集AK)

「人民網日本語版」2019年12月11日 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR