FC2ブログ

 阿部慎之助の説教癖は最悪 ~選手は選手のミスを絶対叱ってはいけない!~

 阿部慎之助といえば、試合中に澤村の頭をグラブでぶっ叩いたことが有名だが、これと似た光景としては、野村克也監督がスワローズの荒井選手?を叩いたことも有名。野村はその後謝罪したが、阿部慎之助が謝罪したというニュースはない。

 私もこの頃、高橋優貴を叱りつけている光景──1塁ベースカバーを途中で止めたことを注意──をテレビで見ていたが、かなり違和感を抱いたものだ。選手はコーチに怒られるのは大丈夫だが、先輩などに怒られるとむかつくのが一般的なようだ。当たり前だ。選手は常にミスをするものだから、自らのことをタナにあげて、他の選手のミスを怒れるものではないからだ。

 高橋投手が1塁走り出して止めたのは、行かなくても大丈夫と瞬時に判断したのと思われるが、それもダメと言われると、実は微妙な問題がつきまとう。起こりうる未来のいくつかを事前に想定しておけば、瞬時の判断がとっさにできるわけだが、事前想定の選択が少ない選手では、最高のプレーができにくくなる。

 このブログでは何度も紹介しているが、犠牲フライなのに飛び出した阿部慎之助の走塁ミスで坂本が本塁到達前にアウトになって得点できなかったケース──。これは、ミスがミスを呼び、得点がなかった場合だが、この教訓として「いつでも全力疾走」ではダメだと思うのだ。だって全力疾走のほうがケガする危険が高いから、状況に応じて走るのが最善だからだ。坂本の走塁の場合は、次打者かコーチが勉強不足のせいか坂本に全力疾走の指示を出さなかったのが原因と思われるが、それについての反省会があったかどうかも不明だ。

 よって高橋投手の場合には、阿部慎之助がどんな教訓を垂れたかが問題になる。瞬時の判断が正しかった高橋の行動を叱る理屈は、「いつでもどんな時でも一塁へのベースカバーをやれ!」ぐらいしかないからだ。さて選手は条件反射だけで正しい動きができるものなのだろうか?


 教訓──阿部慎之助の説教癖は最悪だから、球団は彼を注意した方がいい。加えて、暴力も伴う危険性があるから、それも注意する。暴力性については、いかにもやりそうに見える奴──例えばカープの緒方監督など──は必ずやるものだから、阿部慎之助については厳重に言うべき。選手は選手のミスを絶対叱ってはいけない!

 

追記:菅野投手は先輩の坂本に「もっとちゃんと1塁送球してください」と言ったようだ(笑)。坂本はこれを笑い話にしていた。高橋優貴が阿部慎之助に「先輩もエラーをしないでください」と言ったらどうなった?



■阿部慎之助

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%BF%E9%83%A8%E6%85%8E%E4%B9%8B%E5%8A%A9

・・・


 2012年の日本シリーズ(対日本ハム)第2戦では先発の澤村拓一が初回にピンチを招いたが、この際牽制球のサインを見逃したことで一度タイムを取ってマウンドに行って澤村の頭を叩いた。これで澤村は奮起し、8回無失点の好投で日本シリーズ初登板初先発初勝利を飾った[70](詳細は2012年の日本シリーズ)。

スポンサーサイト



コメント

技術的なミスと怠慢プレーを同列に考えてる時点で論外ですね。
ミスじゃない、怠慢。
気があるかないか。
そりゃ先輩から怒られて当然。どこの社会でも。

ミスと怠慢

 一塁方向へ走りかけて、途中で止めるのは一瞬の判断です。脊髄反射で1塁方向へ全力で走るのを義務づける手法もありますが、それではより高い技術力向上は望めません。
 一瞬の正しい判断を怠慢と取られては、選手には「考えるな!」と言っているのと一緒。

 

阿部慎之助の説教癖は有名で、さらに体罰もあります。彼をコーチや監督にすべきではありません。

No title


阿部は将来の監督指導者候補として若手を教育する立場にある人ですよ
若手への指導もその一巻です
チームがそれを許してるなら赤の他人の部外者がどうこう言う問題ではないです

あと、他のチームは知りませんけど
巨人は割と選手が選手を指導します。
阿部のルーキー時代も教育係は先輩選手でした
実績がなかったり何年も現場から離れてる選手より、現役で活躍している選手の方が巨人の選手はよく話を聞きます。

選手が選手を説教するのはアウトなんてあなたが勝手に言ってることでは?


>いつでもどんな時でも一塁へのベースカバーをやれ

そうだよ。
いついかなる時でもべースカバーに入るんだよ
ベースカバー入らなくて良い時なんて存在しないよ

結果的に入らなくても大丈夫だった≠ベースカバーに入らなくて良い

ですよ
非公開コメント

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR