スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毒舌・テリー伊藤が猪瀬知事を擁護 理由は“カネ”だった

毒舌・テリー伊藤が猪瀬知事を擁護 理由は“カネ”だった

2013年12月6日(金)10時26分配信 日刊ゲンダイ
http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/gendai-000198979/1.htm


「あの、まぁ、5000万円借りたのは悪かったと思いますよ。でも、徳田毅議員に返そうと思っていたのは事実だと思う」

「普通、政治家が金を借りる時に借用書を書いた政治家は見たことがない。こういうふうな取引は昔からずーっとあります。お金の貸し借りはチャラになっちゃうんです」


 普段の舌鋒の鋭さはどこへやらだ。発言者はテリー伊藤(63)。猪瀬都知事が徳洲会から現金5000万円を受け取っていたことが発覚。慌てて借用書を公開した翌朝の情報番組「スッキリ!!

」(日本テレビ系)で、不可解なまでに猪瀬擁護を繰り返した。


 それもそのはず――。都政関係者がこう話す。

「テリー伊藤は猪瀬に知事を辞任されたら大弱りなんです」


 どういうことかというと、実はテリーが代表の番組制作会社「ロコモーション」は東京都がスポンサーの広報番組「ToKYo.Boy」(TOKYOMX)の制作を13年以上も請け負っている。そもそもは石原慎太郎が都知事に初当選した時に親交のあったテリーに広報番組の制作を依頼。週1放送の30分番組ながらTOKYOMXの長寿番組のひとつになっている。


「内容は芸人が都内の名所を紹介したり、テリーの対談コーナーだったり。ところが、セットもスタジオもいらないお手軽番組にもかかわらず、制作費は破格。スタート当初は1本あたり700万円前後。1時間特番の時は1500万円もの制作費が都から支払われていた。民放キー局のバラエティー並みの制作費に対して、MX内部でもロコモーションとの随意契約を問題視する声が上がっていたのです。もし、慎太郎の後継にあたる猪瀬が辞任に追い込まれたら、契約打ち切りの可能性もある。年間で億単位の収入源を失うことになるのです」(前出の都政関係者)


 テリーは猪瀬擁護の理由については、一切の取材対応を拒否。それでもテレビでは歯切れの悪いコメントを並べ続けている。都民の血税をむさぼった報いはこれから受けることになる。

(日刊ゲンダイ2013年12月5日掲載)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。