FC2ブログ

警察庁ナンバー2栄転は「忖度か?」 質問に、菅氏「適材適所だ」

警察庁ナンバー2栄転は「忖度か?」 質問に、菅氏「適材適所だ」

 菅義偉官房長官は、十七日の記者会見で、ジャーナリスト伊藤詩織さん(31)が性被害を訴えた元テレビ記者への逮捕状執行取り消しを指示した警察庁の中村格官房長を同日付で同庁ナンバー2の次長に昇進させた理由について「人事というのは適材適所で行われている」と答えた。

警察庁の中村格官房長が次長に

 菅氏は、記者の「総理やマスコミへの配慮や忖度があったのではないかと国内外の世論の批判があるが、なぜ栄転させたのか」との質問に答えた。

逮捕状執行取り消し指示

 昨年十二月の東京地裁判決によると、伊藤さんは二〇一五年四月、就職先の紹介を受けるため、元テレビ記者山口敬之氏(53)と会食した際、意識を失い、その後、ホテルで山口氏から性的暴行を受けた。伊藤さんは警視庁に被害届を出し、高輪署が同年六月、準強姦容疑で逮捕状を取ったが、当時の警視庁刑事部長だった中村氏が令状の執行取り消しを指示、山口氏逮捕は見送られた。

 伊藤さんが民事訴訟で山口氏に勝訴したニュースは世界に発信され、多くの海外メディアが日本の法制度や警察、検察の問題点を指摘。山口氏と安倍晋三首相の親しい関係を取り沙汰する記事もあった。

(1月18日朝刊掲載)

スポンサーサイト



いきものがかり山下 レイプ報道前に反論 所属事務所強く抗議「ねつ造と確信」

いきものがかり山下 レイプ報道前に反論 所属事務所強く抗議「ねつ造と確信」
「レイプ報道」に反論した「いきものがかり」の山下穂尊
Photo By スポニチ

 男女3人組ユニット「いきものがかり」の所属事務所が16日、メンバーの山下穂尊(ほたか、37)が飲酒して意識のない女性をレイプしたとする報道に対し「双方合意の上であり、法に触れるような行為はございません」と反論した。

 報道は、17日発売のフライデー(講談社)。昨年2月下旬、デートで山下に自宅マンションに誘われた女性が室内で飲酒したところ、意識がもうろうとし、気がつくとベッドの上で性行為をされていたと訴えている。女性は同6月に警察に被害届を提出したが、捜査は進んでいないとみられる。

 誌上では、女性が山下に「強姦(ごうかん)」されたと訴え抗議し、謝罪を求めた会話アプリ「LINE」のやりとりを写した画像を掲載しているが所属事務所はねつ造されたものだと主張している。

 事務所は山下のLINEで女性とのやりとりをチェック。その結果、画像のようなやりとりはなく、山下が削除した形跡もないとして「ねつ造である文章であると確信しております」とした。講談社には警告書を送付し、誠意ある回答がない場合は法的措置も検討するという。

 事務所は「このようないわれのない誹謗(ひぼう)中傷に対しては強く抗議するものです」としている。

 グループは昨年、結成20周年を迎えた。昨年12月には現在の事務所から独立し、今年4月に新会社を設立することを発表している。
 ▽いきものがかり ボーカルの吉岡聖恵(35)、ギターの水野良樹(37)と山下の3人組ユニット。小中高の同級生だった水野と山下が同級生の妹だった吉岡を加えて99年に結成。地元で路上ライブを重ね、03年にインディーズ、06年にメジャーでデビュー。NHK紅白歌合戦に計11回出場。グループ名は水野と山下が小学1年の時に同じ「生き物係」だったことに由来する。

元TBS記者の山口敬之さんが控訴。伊藤詩織さんとの裁判で

元TBS記者の山口敬之さんが控訴。伊藤詩織さんとの裁判で

「法に触れる行為は一切していない」として控訴する意向を示していた。

Jun Tsuboike / HuffPost Japan
12月18日、判決後に都内で記者会見する山口敬之さん
https://www.huffingtonpost.jp/entry/news_jp_5e12eb15c5b6b5a713bd3153?ncid=other_trending_qeesnbnu0l8&utm_campaign=trending


元TBS記者の山口敬之さんが1月6日、ジャーナリストの伊藤詩織さんに「合意がないまま性行為をした」として慰謝料330万円の支払いを命じた東京地裁の判決を不服として、東京高裁に控訴した。

伊藤さんは2017年、就職相談のために食事をした山口さんから性暴力を受け、重大な肉体的・精神的苦痛を被ったとして、慰謝料1100万円の損害賠償を求める民事訴訟を起こした。

2019年12月18日に言い渡された東京地裁の判決では、山口さんの行為について、「酩酊状態にあって意識のない原告に対し、合意のないまま本件行為に及んだ事実」と「意識を回復して性行為を拒絶したあとも原告の体を押さえつけて性行為を継続しようとした事実」が認められるとして、不法行為と認定。

山口さんは、伊藤さんから名誉を毀損されたことで社会的信用や仕事を失ったとして、慰謝料1億3000万円などを求めて反訴したが、判決で棄却された。

判決日に都内で会見した山口さんは、「法に触れる行為は一切していない」として控訴する意向を示していた

これまでの経緯

2015年4月3日 伊藤詩織さんと元TBS記者・山口敬之さんが恵比寿で食事後、港区内のホテルへ行く
2015年4月30日 警視庁高輪署が準強姦容疑(当時)で伊藤さんの告訴状を受理
2016年7月22日 東京地検が嫌疑不十分で不起訴決定
2017年5月18日 「週刊新潮」で記事化
2017年5月29日 伊藤さんが検察審査会に不服申し立て。同日、司法記者クラブで「詩織」の実名で記者会見
2017年9月22日 検察審査会は「不起訴を覆すだけの理由がない」として「不起訴相当」と議決
2017年9月28日 「望まない性行為で精神的苦痛を受けた」として、伊藤さんが山口さんを相手に1100万円の損害賠償を求める民事訴訟を起こす
2017年10月18日 伊藤さんが著書「Black Box」を出版
2017年10月24日 伊藤さんが日本外国特派員協会で会見
2019年2月 山口さんが伊藤さんを相手に慰謝料1億3000万円と謝罪広告の掲載を求めて反訴
2019年7月8日 口頭弁論(伊藤さん、山口さんが出廷)
2019年10月7日 結審
2019年12月18日 判決言い渡し。東京地裁の鈴木昭洋裁判長は山口さんに慰謝料約330万円の支払いを命じ、山口さん側の請求は棄却した。同日、山口さんは記者会見し、控訴する意向を表明

増える性犯罪加害者の匿名裁判 「被害者保護」が理由だが…

増える性犯罪加害者の匿名裁判 「被害者保護」が理由だが…

 勤務先の小学校内で教え子の女子児童に性的暴行やわいせつ行為を繰り返したとして、強制性交罪などに問われた元千葉市立小教諭の男(36)に千葉地裁は先月、懲役14年の判決を言い渡した。異例だったのは、「被害者保護」を理由に被告を匿名にして審理が進んだこと。専門家は「安易な判断は国民の知る権利が侵されかねない」と指摘する。(佐藤直子)

◆原則は公開法廷 当事者の意向で情報伏せる

 判決によると、被告は二〇一三年一月~一昨年七月、二つの小学校の教え子だった当時六~十二歳の女児七人に性的暴行を加えたり、わいせつな行為をしている様子を動画で撮影したりした。忘れ物をした女児らを「指導」の名目で空き教室や倉庫に呼び出して犯行に及んでいた。

 千葉地裁が被告の名前を伏せたのは、刑事訴訟法二九〇条の二が根拠。性犯罪被害者の保護に力点を置いた規定で、当事者側から申し出があった場合、裁判所は身元の特定につながる情報を法廷で明らかにしないと決められる。千葉地裁広報課の担当者は「被告名もこの規定に当てはまると判断した」と説明する。

 憲法八二条は「裁判の対審及び判決は、公開法廷でこれを行ふ」と定めており、被告名も公にするべきだと解釈されている。

◆横浜、水戸の審理でも被告は匿名に

 九州大法科大学院の田淵浩二教授(刑事訴訟法)は「国家権力の恣意を排除するためにも、裁判は公開が原則になっている。特に被告が無罪を争っている場合、公開であることが利益につながる。被害者側は『これ以上傷つきたくない』との思いから被告の名前を出さないよう望むのだろうが、その要請だけに基づいて決めてしまうと、国民の知る権利の制限にもつながる」と裁判所に慎重さを求める。

 そうした考えがありながら、ここ数年は被害者保護の流れが強まり、特定を避けるために法廷で被告の名前が伏せられるケースが出ている。

 横浜地裁は一三年、女子中学生にみだらな行為をしたとして児童福祉法違反などに問われた元中学校教諭の男の裁判で、被害者名と共に被告の名前を伏せた。水戸地裁も一五年、養女の胸などを触ったとして強制わいせつ罪に問われた男の名前を匿名にして審理し、懲役三年、執行猶予四年の判決を言い渡した。

◆塾で雇われる可能性も 本当に被害者のためになるのか

 禁錮以上の刑が確定すると教員免許は失効するとはいえ、塾など子どもが多くいる職場で働くのは可能。名前が明らかになっていない以上、事件のことを相手に知られずに雇われる可能性はある。田淵氏は「加害者の名前が分かれば被害者が特定されるといっても、近しい関係者は把握しているだろう。逆に外部の人間が知る可能性がどれだけあるのかを考えないといけない」と唱える。

 一方でインターネットの普及などにより、わずかな情報から被害者が特定され、情報が広まる恐れは否定できない。性犯罪や被害者の支援に詳しい千葉大法科大学院の後藤弘子教授(刑事法)は「性犯罪は『被害者にも落ち度があった』などとバッシングを受けることが多い。自らの特定につながる情報を出したくない気持ちは理解できる」と説く。

 その上で後藤氏は「裁判で加害者の名前が明らかにならないことが、必ずしも被害者のためになるとは限らない。性犯罪の加害者は親族など顔見知りが多く、名前を出すことによって、重い罪であると本人も社会も自覚する。むしろ、被害に遭ったことは恥ではないとの考えが広まり、被害者をよりサポートする社会へと変えていくことこそが必要だ」と強調した。

(東京新聞)

元米兵「日本は性犯罪の報告率低い」 うるま女性殺害

■05/15のツイートまとめ

 http://blackisbeautiful2013.blog.fc2.com/blog-entry-9969.html                       

hinokiharappa

@21jyou 何で性犯罪がニューズになっても不起訴の事例が目立つのか考えたことない?レイプ届出率4%なのに、届け出ても起訴もされない。おまけに性犯罪では無罪にもなる。総じて性犯罪者は野放し状態!数万人単位でいるのです。
05-15 17:08

@Hideo_Ogura @truth_sns_ あなたはフリーズの経験がないから、フリーズと言われも永遠にわかりたくもない立場を死守する。ですから私と同じ経験でもしてみますか?
05-15 09:05

@truth_sns_ 冤罪死刑囚が処刑されているこの国では、無実の人が有罪とされる事例はあとをたたない。だが性犯罪では有罪の事例で無罪判決が相次ぐ。これの原因は明白で「暴行・脅迫」という構成要件があること。これを含め警察・検事・弁護士・裁判官などの圧倒的多数派の男性がレイプ神話に囚われているから。
05-15 08:36

@tanukin1211 @otakulawyer 大阪高等検察庁・田中壽寿子検察官によると、「懲役10年程度の重罰を科し得る性犯罪の未検挙者は、強盗犯の未検挙者の約50倍の約7万人、性犯罪には常習犯が多いことを考慮しても、膨大な性犯罪者が野放しにされ、更なる性犯罪が生まれている・・・」。
05-15 06:29

@tanukin1211 @otakulawyer みじめな女性の裁判だというのに・・・、司法関係者(弁護士、裁判官、検察官、警察官、刑事法研究者を含む)の圧倒的多数が男性 https://t.co/Ux7lLpar0K
05-15 06:23

@truth_sns_ @otakulawyer 裁判官がどれだけ間違った判決をしているか?って、他の冤罪事件でも明かなのに、レイプ神話に囚われている裁判官なら、なおのこと性犯罪では誤判する、というのは論理的帰結ですね。
05-15 06:20

@1964Kitanofuji 反天皇やっていると、支離滅裂なエセ知識人には慣れてしまいますが、差別語「ブラック」問題も同様で、河添誠とか今野晴貴とか、『週刊金曜日』とか『しんぶん赤旗』とか、もう支離滅裂の連続です。『週刊金曜日』なんて本多勝一が編集委員でいながら、彼の昔の主張を嘲笑うごとき黒に悪を込めて使う。
05-15 05:38

@truth_sns_ @otakulawyer 性犯罪で有罪が無罪になるのは、検事・裁判官両方ともレイプ神話に囚われた愚者だから。女性はフリーズの経験が男性より圧倒的に多く、フリーズを説明されればすぐ了解できる。だが多くの男性は・・・イヤなら激しく抵抗すると思い込んでいる!
05-15 05:31

@tanukin1211 @otakulawyer 例えば、レイプの虚偽告訴率でいえば、女性警官が聞くの男性警官が聞くのでは、著しく差が出たという報告がありますが、そこから何が分かりますか?夫婦別姓裁判の最高裁で女性判事3人は全員、"可"としましたが、何故ですか?
05-15 05:27


■5-3-2-3図 24年調査 被害態様別過去5年間の被害申告率

http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/59/nfm/n_59_2_5_3_2_2.html

注:サンプル数が少ない(27)。性的事件という広い範疇。


■米軍属暴行殺人事件

https://www.okinawatimes.co.jp/subcategory/%E7%B1%B3%E8%BB%8D%E5%B1%9E%E6%9A%B4%E8%A1%8C%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6


■元米兵「日本は性犯罪の報告率低い」 うるま女性殺害

小山謙太郎 2017年2月15日21時11分
   
https://digital.asahi.com/articles/ASK2H5TBPK2HTPOB002.html

 
 沖縄県うるま市の会社員女性(当時20)が昨年4月に殺害された事件で、殺人や強姦(ごうかん)致死などの罪で起訴された元米兵のシンザト・ケネフ・フランクリン被告(33)が「文化的、社会的な恥を恐れるため日本で性犯罪が報告される率は低く、自分は捕まらないと思っていた」と弁護人に述べていることがわかった。


<以下略>・・・

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR