FC2ブログ

お詫び:『アメリカーナ』が『アフリカーナ』になっていた!

 今日、このブログを、「アメリカーナ」で検索してみても全くヒットしない。不思議に思い、「チママンダ」で検索をしてみてはじめて気づいた。何と『アメリカーナ』が『アフリカーナ』になっていたのだ。この誤記は致命的だが、今まで気づかないのが、さらに不思議だ。

 これ以後、この誤記をすべて修正するつもりだ。


 私が探したのは以下の箇所だ──



■チママンダ・アディーチェ『アメリカーナ』くぼたのぞみ訳、河出書房新社、2016年


頁385──

大学の学者たちがいう白人特権階級とはなにか、そう、貧しいホワイトなのは気の毒だけど、貧しいノンホワイトの身にもなってみて

 そこでこの男はハンク教授に「白人特権階級なんてナンセンス。どうして僕が特権階級なんですか?ウェスト・ヴァージニア州でめっちゃ貧しく育ったんです。アパラチア地方の田舎っぺですよ。僕の家族は福祉に頼ってました」といった。そうですか。でも特権的というのはいつも、なにかほかのものと比較してのこと。では、彼のような人で、貧しくて人生もうまくいかない人を黒人に置き換えてみて。かりに両者がドラッグ所持で逮捕されたとする、そのとき白人の男は治療を受けるよう病院に送られる可能性が高いけれど、黒人の男は刑務所行きになる可能性が高い。人種以外はなにもかもおなじ境遇で。統計値を調べてみて。アパラチア地方の田舎っぺの男が人生に失敗して、これってクールじゃないけど、もしもその人が黒人なら、人生の失敗におまけがつくよね。彼はまたハンク教授に「なんでいっつも人種のことを話さなければいけないんですか?われわれはただの人間ってことになれないんですか?」という。そこでハンク教授は「それがまさに白人特権階級なんだよ。そういえることが。人種がきみにとって現実に存在しないのは、それが障害になったことがないからなんだ。黒人にとって選択肢はない。ニューヨークの通りにいる黒人の男は人種のことなど考えたくない、がしかしそれも、タクシーをつかまえようと声をあげるまでのこと。それに彼だって自分のメルセデス・ベンツを制限速度内で運転しているときは人種のことなど考えたくない、がしかしそれも、警官が彼に停車を命じるまでのこと。ということはアパラチア地方の田舎つぺ男は階級的特権はないとしても、間違いなく人種的特権はもっていることになる」と答える。
<以下略>


******


 映画『Just Mercy』(『慈悲の気持ちで十分 ――正義と贖罪の物語』、名誉白人低国での書名は『黒い司法』)でも、ブライアン・スティーブンソンが車を運転中に警察に止められ、屈辱的扱いを受ける場面が出てくるが、人種主義の国のアメリカでは拳銃を持った白人警官には黒人はどんな反抗も許されない。反抗したら即射殺だからだ。


 映画『ヘイト・ユー・ギブ』では、同様な場面で反抗しなくても射殺された事件が主題だ。これって、名誉白人低国に引き寄せて考えると、まあこの国では運転中も警官に止められることなど滅多にないが、交通違反行為でも運転手に生命の危機などまずない。それどころか、私が吐き続ける母を助手席に乗せて右側通行して検問中の警官に捕まった時は、なんと白バイの警官は気を利かして救急者を呼んでくれた。私の「何で止めたのか?」という不平不満の反抗の態度にも、そんな対応をしてくれた警官がいたのだ。ただし、その警官が私を「日本人」──この場合は前赴任地の住民──だと認知したから、そういう対応をしただけだ、とも思えるが、違う条件で彼がどんな対応したかは実は分からない。


 今年になって死の直前を2回ほど経験したが、あの1、2秒には恐怖心などなかった。というより恐怖心は危機が去った後、・・・じわじわ湧いてきた。・・・・・・私は運転中に警官を見ると、映画『Just Mercy』を、映画『ヘイト・ユー・ギブ』を、小説『アメリカーナ』を思い出すことにしている。 

スポンサーサイト



トイレットペーパーがホントにない!

 トイレットペーパーの在庫はいつも3個ぐらいを目安にしているので、在庫が2個になったので、ホームセンターのトイレットペーパーの売り場に向かった。何といつもはそれらが堆く積まれていた空間には何もない、スッカラカンだ。ティシューペーパーもゼロだ。そんなバカな、そんなバカのことがあるはずない。でも、それが現実だ。この国はどうなっているのだ?TBSの『サンデーモーニング』で解説していたことがホントに起きていたのか?

 こんなばかげた事態には感想など浮かばない。言葉も出ない。まあ,ヤケクソ気味に、ヘライデヘライデヘライデヘライデ、あらひと紙のナルヒトもトイレでは紙に頼っている、とかいう歌もウォシュレットのトイレ時代ではダメか?苦しい時の紙だのみ?で、紙の発明は中国だけど・・・

実はこの頃、死にかかっていた私・・・

 

 数秒後に死ぬかも知れないと感じた人間は、どういう行動を取るか?という研究課題は無意味だと思う(笑)。致命的ミスを3つも重ねたのだから、死んでも不思議ではないのだが、なぜか私は生きている。まあ人生、運だけで私は生きている。かように死を意識しながら何もしないでぼーっと2秒ほど何もしないでいる人間って、・・・。

 実は、これは違う事例だが、車の運転で右折して国道に入ろうとして、当然一時停止して左右を見るものだ。まず右を見て、車が来ないことを確認した。そして左を見たら、こちらに近づいて来る車が見えたから、微妙に低速で発進しながら、その車の通り過ぎるのを待った。で、右折しようと右を見たら、なんと巨大な塊が眼前に迫っていた。大型トラックとの距離は2Mもなかった。ギリギリ右折して、なんとか窮地を脱したが、その状況がうまく説明できない。たとえ大型トラックの運転手がぼーっとしたとしても、結果的には無事だったから、良しとするしかない。「ぼーっと」が長かったりしたり、思い込みが激しかったら、私はペシャンコだった。これも運だけだ。

 同じように、交差点で右折車がいたが、発進はしないだろうと思いこんで進入したら、右折してきた。急ハンドルを左に切って、相手も急停止して難を脱がれたが、・・・この場合には死なないだろうが、かように私はこの頃危ない。


 というわけで、このブログが長いこと中断していたら、「私は死んでいる」と思ってもらっても問題はない。宝くじにも当たらないが車にも当たらない運の強い私も死ぬ時は死ぬ。そんな事態は、予定より40年ほど早いが、こればかりはどうしようもない。

 

 

使い捨て手袋という選択肢はありか?

注:以下は思いつきで書いたものなので、あまり熟読しないように(笑)。


 メディアが喧しいので、マスクが品切れとかいう。私は感染予防目的でマスクはしたことはないが、この国では花粉症も大流行しているので、マスク姿は見なれた風景だ。

 マスクより手洗いの方が大事で、よって手洗い励行は大事なのだが、ちゃんとした手洗いは水も石鹸の消費量は当然多くなる。このことで思いついたのは使い捨て手袋なのだが・・・。そんな話題は皆無?いや私は宣伝がある地上波はまず見ないので、皆無なのかも定かではない。

 皆がポリエチレン手袋とかPVC手袋とかの使い捨て手袋をはめている風景もあまり見たいものではないが・・・。


 で、いつ使い捨て手袋は外すとか、外した後の手には、はめる以前の手より、高温多湿状態で細菌などは増えていそうだし・・・、外した後はやっぱり手洗い?もうなんだかさっぱり分からない・・・

 

■【特徴・素材・用途】使い捨て手袋の種類による違いまとめ

https://bihin.shop/?mode=f17


■衛生手袋を長時間使用後、取り外した後の手指の衛生状況について

http://www.kurashikagaku.co.jp/pdf/report29.pdf


■ポリ塩化ビニル

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AA%E5%A1%A9%E5%8C%96%E3%83%93%E3%83%8B%E3%83%AB

シロアリとホウ酸、・・・白い文明

 

 元素名の由来にアラビア語やペルシャ語が記述されることはほとんどないが、ホウ素はそんな中でも特別である。そのホウ素を使ったホウ酸でシロアリ対策として木材に塗ったり注入したりする。ホウ酸といえばゴキブリ対策のホウ酸団子が有名だが、シロアリはゴキブリから社会性を発達させた昆虫である。

 

 ギリシャ語は元素名の由来としては多いのだが、ギリシャ文明はといえばエジプト文明の拝借である。この歴史の常識は歴史修正され、古代ギリシャは「白い文明」に捏造された。この文脈で、クレオパトラの役を白人が演じる欧米映画を思い出してもらっていい。


 シロアリこと白いゴキブリはホウ酸で防ぐのだが、ホウ素といえば元素名の由来が珍しくアラビア語(ペルシャ語)で、「白いギリシャ文明」を連想する必要はない。だがホウ砂は白く、ホウ素のBはそれからとっている。


 「黒い会社」「黒い司法」「ブラック企業」とかいう言葉が流行る名誉白人低国で、シロアリ、「白い文明」、ホウ素などの言葉について考えてみたが、日本語しかできない人間には白人が特権を持っている世界では圧倒的に不利だということはよく分かる。鉄が何でFeと表記される不思議と、何で「鉄人28号」と表記してしまい、何で“鉄人26号”と表記しなかったかの不思議。前者の不思議は解決しても後者の不思議は解決しない。


 ギリシャ語やラテン語が分かれば元素名を覚えるのはたやすいだろう。覚えにくい元素名、これに加えて名誉白人低国の日本といえば元号もあり、西暦との混在で年を覚えにくくさせ、歴史認識さえ滅茶苦茶にしてしまう。

 類推から情報をたぐりよせる術が少ないというのは、圧倒的に不利だ。よってこの記事のようにホウ素や鉄の元素記号を忘れないための作業が必要になる。これは果たして良いことなのか?

  


 


 

■鉄

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%89%84

名称[編集]

元素記号のFeは、ラテン語での名称「ferrum」に由来する。日本語では、鈍いさから「くろがね(黒鉄、黒い金属)」ともいう。旧字体は「鐵」で、また異体字として「銕、鉃」がある。


■知られざる大英博物館
第2集 古代ギリシャ
"白い文明"の真実

http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20120701

  • 収蔵品数800万点を誇る世界有数の大英博物館。しかし、全収蔵品の実に99パーセントは、収蔵庫の中に眠っている。それらの未公開コレクションと、大英博物館の舞台裏で行われている調査研究を中心に、知られざる歴史の真実に迫るシリーズ。
    第2集は「古代ギリシャ」。
    紀元前7世紀に、突如エーゲ海で花開いた古代ギリシャ文明。真っ白い大理石の彫刻や白亜の神殿に象徴されるように、古代ギリシャは“白い”文明とされてきた。しかし、大英博物館の調査により、その常識が覆りつつある。真っ白だと思われていた彫刻や神殿は、鮮やかに彩られていたことが分かってきたのである。さらに、華やかな古代ギリシャ文明が、なぜ紀元前7世紀に一気に花開いたのかという文明誕生にまつわる謎も、解明されていた。そして貴重な収蔵品を巡り、大英博物館で起きた衝撃の大事件・・・。白い文明、古代ギリシャの真実が明らかになってくる。
    ナビゲーター:堺雅人さん(俳優)



    KISSYのひとりごと

    NHKスペシャル「知られざる大英博物館」(2)古代ギリシャ“白い”文明の真実

    https://blog.goo.ne.jp/hitorigoto_1966/e/dc9008dcde23fb260db7f5f9c1978517


    ■シロアリ

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%82%A2%E3%83%AA

    シロアリ(白蟻)は、昆虫綱ゴキブリ目シロアリ科 (Termitidae) 、あるいはシロアリ目の昆虫の総称(詳細は分類の項を参照)。

    主に植物遺体を食べる社会性昆虫である。いわゆる蟻塚のほとんどは、シロアリによって作られる。アリとはまったく異なる系統の昆虫だが、アリのように女王シロアリを中心としたコロニーを形成し、コロニーには数百から数百万の個体が生息する。女王シロアリは世界で最も長寿の虫とされ、30 - 50 年間生存しているものもあると伝わっている。

    シロアリにはヤマトシロアリ、イエシロアリのような下等シロアリとキノコシロアリのような沖縄以南に分布する高等シロアリがある。家屋に被害を与えるのは下等シロアリである[1]

    木造家屋などに棲みつき木材(場合によってはコンクリートプラスチック動物の死骸なども食い荒らすこともある[2])を食い荒らす害虫として忌み嫌われるが、自然界においてはセルロースの分解に携わる重要な働きを持つ。近年ではシロアリの消化器官内の共生菌によるセルロース分解プロセスがバイオマスエタノールバイオガスの製造に役立つ事が期待され、研究が進められる[3][4][5][6][7]

    特徴[編集]

    白「蟻」と名がつけられているが、アリハチ目の昆虫で、翅を欠く社会性のハチであるのに対し、シロアリは朽木などの植物遺体を食べるゴキブリの中から社会性を著しく発達させた系統の昆虫である。不完全変態のため、幼虫成虫とほぼ同じ姿である。そして、ある程度成長すればニンフという段階を経て生殖虫(いわゆる羽アリで成虫に該当する)となって巣外へ出て行く。この生殖虫の翅は細長くて柔らかく、4枚がほぼ同じ大きさをしている。「等翅類」という名称は、この4枚ともほぼ同じ大きさをしている翅に因んだものである。この翅は折り重なるように畳んで背中に平らに寝かせることができる。ただし飛行後間もなく根元で切れて脱落する。によって異なるが、それ以外の兵蟻や職蟻は終世翅を持たない。


    ■ホウ素

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%A6%E7%B4%A0


    ■ホウ砂

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%A6%E7%A0%82

    ・・・

    毒性は食塩よりも弱く、アリゴキブリノミなどの昆虫の駆除に用いられるホウ酸の代用品にはならない。

    ■ホウ酸

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%A6%E9%85%B8#用途


    ■シロアリ駆除にホウ酸は有効?ホウ酸の効果と安全性

    https://findpro.jp/shiroari/boric-acid


    ■エジプト語

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%B8%E3%83%97%E3%83%88%E8%AA%9E


    ■エジプトの歴史

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%B8%E3%83%97%E3%83%88%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2#イスラームの征服

    ・・・

    ムスリム支配地の拡大に伴って外敵の脅威が和らぐ一方で、エジプト内部ではコプト人の蜂起や、アル=シャーム(シリア)・アル=イラーク(イラク)の中央政権の政治紛争と結びついた闘争が常態化した。コプト人の蜂起の理由は主として徴税に対する不満であった。エジプトの征服の際、初代総督アムルは比較的寛大な条件の税(上納金)の支払いと、それが将来に渡って増額されないことなどを約束してエジプトの民心を掴み迅速な支配の拡大に成功したと伝えられている[329]。エジプトの住民はほとんど全てキリスト教徒(コプト教徒、コプト人)であり、彼らはいわゆる契約の民(ahl al-dhimma)としてムスリムの「庇護下」に置かれ、人頭税(ジズヤ)と引き換えに自らの信仰を維持することを認められていた。こうした人々はズィンミー(庇護民)と呼ばれる[注釈 23]。しかし、カリフの関心が主にエジプトの歳入にあったため時代とともに徴税強化・増税が押し進められていった[329][323]。ウマイヤ朝末期には人頭税の回避やアラブ遊牧民の植民増加、婚姻などを通じてイスラームへの改宗が増加し始めた[331]。しかし、アラブ人の統治者は人頭税の減少による税収減を嫌い、むしろイスラームへの改宗を抑制する場合すらあり、改宗者に対しても人頭税の納付を要求することも行った[323]。とはいえ、705年に行政言語がアラビア語に改められ、718年には徴税官吏がムスリムのみに認められるようになるなど、ムスリムの社会的優位は明らかであり[307]、ウマイヤ朝末期にはコプト社会に対するムスリム側の統制は本格化していった[332]。そして、相当数のアラブ人がエジプトに移住し定着したが、原住地との部族的紐帯を維持していたこれらのアラブ人たちの存在は中央政府の政争とエジプトを結び付けた[323]。このような状況を背景に、ウマイヤ朝末期からアッバース朝期にかけて、主に徴税に不満を持つ現地のエジプト人(コプト人)やアラブ人部族が反体制派として頻繁に蜂起した[323][333]


    ■元素名(元素記号)の由来

    http://mh.rgr.jp/memo/mq0112.htm


    ■元素名の由来辞典

    http://earth.dip.jp/~kyk/element.html

    B(Boron): ホウ砂は白色透明なので,「白い」という言葉からつけられた。<アラビア語,ペルシャ語>

    ■車名の由来

    https://toyota.jp/faq/car/yurai/0109.html

    プリウスの車名の由来は何ですか?
    ラテン語で「~に先駆けて」という意味。


    ■ラテン語

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%86%E3%83%B3%E8%AA%9E


  • ad hoc アド・ホク:暫定の、臨時の(アドホック
  • ad lib. アド・リブ(ad libitum アド・リビトゥムの略):即興(アドリブ
  • alius ibi (alibi) アリウス・イビ:「他の場所で」の意(アリバイ
  • a priori ア・プリオリ:先天的に、(哲学)先験的に(ただし古典ラテン語法ではない)(アプリオリ

  • Audi(ドイツの自動車メーカー):audi は「聞け」の意。創業者ホルヒ(Horch, 聞け)に因む
  • AERA』(朝日新聞社の雑誌):æra は「時代」の意。英語の era
  • エルガいすゞの大型路線バス):erga は「~に向かって」の意。
  • SAPIO』(小学館の雑誌):sapio は「私は考える」の意(現在分詞は sapiens
  • ラテン語由来の記号[編集]

    プロフィール

    檜原転石

    Author:檜原転石
    FC2ブログへようこそ!

    世の中は無名の一人でも変えられる

    最新トラックバック

    カテゴリ

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR