FC2ブログ

JALがパンプス・ヒール規定を撤廃。「CAやグランドスタッフの安全と健康守る」

JALがパンプス・ヒール規定を撤廃。「CAやグランドスタッフの安全と健康守る」

日本航空(JAL)が、これまで客室乗務員やグランドスタッフの女性に対して設けていた、ヒール・パンプスの規定を撤廃する。同社はこの4月から制服を刷新し、女性の客室乗務員に初のパンツスタイルを導入することでも注目を集めていたが、さらなる変革に踏み込んだ形だ。

「ヒール0センチ」でも可

日本航空(JAL)

JALも#KuTooへ。背景には、社員の安全と健康、そして多様性への配慮がある。

shutterstock / Daniel De Petro

JALはこれまで女性従業員の靴について、黒色のパンプスで、ヒールの高さは客室乗務員が3〜4cm、グランドスタッフは3〜6cmという規定を設けていた。

今後はヒールの規定を撤廃し、さらにパンプスでなくとも黒のプレーンな革靴(ローファー)や、ドライビングシューズの着用も可能にする。

JAL広報部によると「社員の安全や健康、そして多様なニーズを検討した上での変更」だという。

希望者は、これまで通りヒールつきパンプスを着用することもできる。新しい規定は、制服の刷新に合わせた4月1日からスタートする。

4月、新しい自分になる!見た目が整う便利アイテムとは
Sponsored
4月、新しい自分になる!見た目が整う便利アイテムとは

「マナー変える先駆けになってくれた」と賞賛

石川優実

厚生労働省で会見する石川優実さん。これまでに2度、署名と要望書を提出している。

撮影:竹下郁子

職場で女性にのみヒールやパンプスを義務づけることに抗議する#KuToo運動を立ち上げた、グラビア女優の石川優実さんは、今回の対応を受けて、

「TwitterではJALに対して賞賛する声が上がっています。これまで当然のマナーだったことを、どこよりも早く変えることがこわいのは、よく分かります。そんな中、JALは変わった。素晴らしいと思います。

これをきっかけに他の航空会社やホテル、冠婚葬祭業など、女性にのみヒールを義務づけている企業は続いて欲しい。働く女性の健康や安全と、すでに変わりつつある“マナー”のどちらが大切なのか、見直してもらいたいです」(石川さん)

とコメントした。

国会で、世界で。広がる#KuToo

小池晃

23日、参議院予算委員会でJALの#KuTooについて報告した共産党の小池晃書記局長。

出典:参議院ホームページ

3月23日、参議院予算委員会で上記JALの服装規定の変更について報告した共産党・小池晃書記局長は、「JALの素早い対応に敬意を評したい。声を上げれば政治も社会も動く」と述べている。小池氏は3日にも#KuTooについて質問しており、それを受けた安倍晋三首相は、#KuToo運動について「承知しています」と明らかにした上で、職場の服装について「単なる苦痛を強いるような、合理性を欠くルールを女性に強いることはあってはならない」と答弁していた。

厚生労働相もこれまでに国会答弁で、ヒールやパンプスの強制はパワハラにあたり得るという見解を示している。

#KuTooの署名はこれまでに3万2000筆以上を集め、3月8日の国際女性デーに米CNNの番組でヒラリー・クリントンも言及。女性は職場でハイヒールを履く必要はなく、メガネをかけてもいいはずだと主張していた。

スポンサーサイト



赤福恐喝未遂 実刑 津地裁判決


■赤福恐喝未遂に実刑 代紋入り瓶巡り 金銭要求の男 津地裁判決


 老舗和菓子メーカー「赤福」(三重県伊勢市)の関連会社が製造・販売した指定暴力団の代紋入りの焼酎瓶を同社に持ち込み、金銭を脅し取ろうとしたとして恐喝未遂罪に問われた同市二見町茶屋、無職、中川久朗被告(68)に対し、津地裁(浜口紗織裁判官)は9日、懲役1年(求刑・懲役1年6月)の実刑判決を言い渡した。

 浜口裁判官は「企業の弱みにつけ込んだ執…



赤福関連企業暴力団

米、18年に性的暴行3千件以上 ウーバー発表、運転手らが関与

Uber

https://ja.wikipedia.org/wiki/Uber


特徴としては、一般的なタクシーの配車に加え、一般人が自分の空き時間と自家用車を使って他人を運ぶ仕組みを構築している点で、顧客が運転手を評価すると同時に、運転手も顧客を評価する「相互評価」を実施している。

世界では、タクシーにおいて「領収書を発行しない」「タクシーメーターを倒さず、法外な料金を請求しボッタクる」「わざと遠回りして料金を請求する」といった問題が多く起こっていることから、これらの問題を回避し、さらに車両オーナーにとって「簡単な小遣い稼ぎ」ができる点が受けている[9]。しかし、既存のタクシー業界からの反発も根強く、訴訟や運輸当局から営業禁止命令を受けたり、タクシーと同等の規制を課す国、地域もある[10]ほか、企業としては運転手を直接雇用しないビジネスモデルだけに運転手の一部から雇用関係の認定や、損害賠償を求める訴訟を起こされるリスクを抱える[11]


セクシャル・ハラスメント[編集]

2017年2月19日、2016年12月に退社した元女性社員が、自身のブログにてUber時代の上司に性交渉を迫られたこと、そのハラスメントを会社に報告するもハラスメントを行ったのは今回が初めてでその社員は優秀だからと何ら対処せず、後に複数の女性社員が同様の被害を受けていたことが発覚し、報告を続ける元社員に対してこれ以上報告を続ければ解雇すると報復的な脅迫が行われたと告発した。この告発を受けて2月20日、カラニックCEO(当時)はこの件も含めた職場環境の問題解決のため、エリック・ハンプトン・ホルダー司法長官らをトップとする調査を行うと発表。2月21日、全社員を対象とした会議で会社がハラスメントを適切に対処しなかったことを謝罪し、対策を講じると述べた[41][42]

ウェイモの営業秘密盗用[編集]

Alphabet(Google等の持株会社)の子会社で自動運転車を開発しているウェイモの元エンジニアが持ち出した知的財産等の営業秘密を盗用したとして、同社から提訴された。2018年2月9日、Uberが0.34%(約2億4500万ドル)相当の株式をウェイモに譲渡、およびウェイモの秘密情報は今後Uberのハードウェア・ソフトウェアに使用されないことをもって和解した。William Alsup裁判長によると、審理の途中において和解が成立することは稀であると述べている[43]

自動運転車による初の人身死亡事故[編集]

2018年3月18日、アリゾナ州テンピで、Uberの自動運転車が歩行者をはねて死亡させたことが報じられた。国家運輸安全委員会が事故調査に乗り出した。自動運転車初の人身死亡事故と報じられている。Uberは、アメリカおよびカナダでの自動運転試験を中断することとした[44]。車を製造したボルボ・カーズやソフトウェアを供給した企業などを巻き込んで法的責任の所在が議論されるも[45]、Uberが遺族に和解金を支払うこととなった[46]

運転手による犯罪[編集]

Uberの運転手は一般人であり、必ずしもモラルを持ち合わせているとは限らない。2018年にCNNが行った調査では、運転手が女性利用者に対して性暴力を働く事件が少なからず発生していることが示唆されている[47]。2019年、Uberは安全性に関するレポートを公表し、過去2年間で性的暴行に関する事件が464件発生したと明らかにした[48]。もっとも、運転手による女性への暴力事件は一般のタクシーでも発生しており、旅行ガイドブックでは、女性一人で、特に夜間にタクシーに乗車することは避けるよう勧告している。



米、18年に性的暴行3千件以上 ウーバー発表、運転手らが関与

https://www.shinmai.co.jp/news/world/article.php?date=20191206&id=2019120601001578

 

 米サンフランシスコの配車大手ウーバー本社=2017年6月(AP=共同) 米サンフランシスコの配車大手ウーバー本社=2017年6月(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米配車大手ウーバー・テクノロジーズは5日、2018年に同社の米国の配車サービスで、レイプを含めて乗客や運転手が関わった性的暴行が3千件以上あったとの報告を受けたと発表した。

 ウーバーが同日公表した安全性に関する報告書では、18年は性的暴行の報告が3045件と17年の2936件から増加した。配車回数で割った発生率は低下したという。性的暴行は同意のないキスや性的な身体接触など五つに分類される。AP通信は「報告のあった件数なので、実際はもっと多い可能性がある」と伝えた。

 17~18年に97件の衝突事故で107人が死亡したことも明らかにした。

(12月6日12時06分)

(投資詐欺)ポンジ・スキームについて



投資詐欺はこうして行われた!GPJの実態

投資会社「ジェステイオン・プリヴェ・ジャポン(GPJ)」が顧客1,600人から320億円を集めながら破綻。秦社長は逮捕されました。こんな話にだまされないために、詐欺師の手口をルポします。

北川 邦弘

執筆者:北川 邦弘

https://allabout.co.jp/gm/gc/8877/



投資会社「ジェスティオン・プリヴェ・ジャポン(GPJ)」の社長が2006年10月26日、詐欺の疑いで逮捕されました。たまたま、詐欺の現場に立ち会ったガイドが、だましのテクニックを明かします。もうこれ以上、こんなつまらないことで大事なお金を失う人が生まれないように!

豪華な演出にだまされた投資家たち

写真のタイトル
豪華なカリブ海クルージングで客を信じさせたGPJが詐取したお金は320億円。だました方が悪いのは当たり前だか、だまされる方にも問題があった。

ガイドが立ち会った詐欺の現場は、2003年の冬でした。日本を代表するホテルオークラで、これまた有名な出版社D社が「スイス銀行体験記」という本の出版記念講演会を開催しました。私はD社からの勧誘を受けて行ったので、まさかGPJなる投資会社の勧誘セミナーだと知りませんでした。

スイスのプライベートバンクでの運用体験を著者が語った後、話は自然に海外投資のあり方に関する議論となり、白熱した質疑応答が続いていたのを覚えています。結局は、最後にGPJのスタッフが同社の豪華なパンフレットを配って会社説明を行いました。こうした演出に魅せられた人たちは、この会社を疑わずに投資に参加したのでしょう。

GPJは、海外のプライベートバンクを使った高利回りをうたい文句に、3ヶ月で60%の利回りも可能として、勧誘を行っていました。しかし、実際には、集めた資金は運用に回されずに、絵画や宝飾品の購入に使われていました。

こうした詐欺では、必ず高利回りを信じさせるための「配当金」が出ます。しかし、それは「見せ金」です。利回りという抽象的な果実ではなくて、本物のお金が「配当金」として分けられると、投資家はいよいよ信じて疑わないわけですが、それは自分の投資金の元本の一部が「見せ金」として返されただけなのです。そして、気がつくとそんな配当は続かずに、請求しても元本が返ってこないという事態に至ります。カリブ海でのクルージングなど派手な演出にだまされてしまったのです。

本物を見分けるポイント


だまされてはいけませんが、かといって「あつものに懲りてなますを吹く」という過ちも、将来の人生を暗いものにします。この際、本物と偽者の見分け方を知っておきましょう。

○適法な免許や登録を有している業者なのか?
金融商品を扱っているのなら、証券仲介業とか投資顧問業などの登録を有しているはずです。それらの会社は行政の監視下に置かれていますから、投資家は保護されます。金融庁のサイトで確認できます。

【関連サイト】金融庁HP<免許・登録を受けている業者一覧>

○商品は金融庁に届け出てあるのか?
公募するファンドはすべて金融庁に有価証券届出書を提出する法的義務があります。公募されていない金融商品や無届けで売られている商品を買った人は、法的に守られません。

【関連記事】法律に守られたい人は法律を守らないと!

○運用プロセスを確認できるのか?
運用した結果を決算書などで確認できます。監査法人等の第3者による監査で不正が行われていないことを証明されている必要があります。

プライベートバンクだ、オフショアだ、ヘッジファンドだのと、ワケの分からない話にのってはいけません。平凡でもいいから、確実な手法を選ぶことが、間違いのない資産運用です。そうした地道な選択ができるだけでも、あなたは非凡な投資家だと私は思います。

昔、相談に来たお客様にこんな方がいました。ご自身は知的財産を守るコンサルタントをしているのですが、自分のお金は非合法な運用者に任せているのです。「紺屋の白袴」とはこのことです。

無資格、無届けだけれども、あの人(あの会社)に頼むとすごくお金を増やしてくれるなんていう話もよく聞きます。悪意のない非合法を含めると、今回のように個人投資家が簡単にお金を失って泣き寝入る事件は後を絶ちません。本当にGPJの事件は、氷山の一角なのです。

儲けよりも何よりも、まずお金を失わないこと!損失も予測して受け入れられることを優先して堅実な投資法を選んでください。それには、信頼できるアドバイザーを持つことですね!



ポンジ・スキーム

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%A0



破滅を運命づけられた詐欺の手法「ポンジ・スキーム」

2008年12月16日 18:28 発信地:パリ/フランス [ ヨーロッパ フランス
破滅を運命づけられた詐欺の手法「ポンジ・スキーム」
巨額詐欺容疑で逮捕されたバーナード・マドフ(Bernard Madoff)容疑者が会長を務めるマドフ・セキュリティーズ・インターナショナル(Madoff Securities International)のロンドン事務所(2008年12月15日撮影)。(c)AFP/Shaun Curry
【12月16日 AFP】詐欺行為の1つ「ねずみ講」は、米国人詐欺師チャールズ・ポンジ(Charles Ponzi)の名前から「ポンジ・スキーム(Ponzi scheme)」としても知られる。

 イタリアから米国に移住したポンジは1920年代に、国際返信切手券(International Reply CouponIRC)の仕組みを利用した投資スキームを作って投資を募り、ニューイングランド(New England)地方の住民数千人から金を集めた。米証券取引委員会(Securities and Exchange CommissionSEC)によると、銀行の預金利息が5%だった当時、90日で40%の利回りが得られるという触れ込みだったという。

 ポンジには投資家から大量の資金が流れ込み、6か月もたたないうちに数百万ドルを手にし、自分の証券取引会社まで興した。SECのウェブサイトによると、1921年には3時間で100万ドルもの資金が集まったという。

 怪しまれないように初期の少人数の投資家には金が払われたが、ポンジは国際返信切手券をわずか30ドル分程度しか購入していなかったことが捜査で判明した。

 ポンジが自分の会社に投資しておらず、彼が言うような投資には、実際に発行されていた6倍の切手券が必要だったと米金融紙「バロンズ(Barron's)」が伝えるとねずみ講は崩壊。ポンジは有罪判決を言い渡された。(c)AFP

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR