FC2ブログ

沖縄県敗訴 構図のゆがみ地方が正せ

沖縄県敗訴 構図のゆがみ地方が正せ

https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20200330/KT200327ETI090011000.php


 納得がいかない。

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を巡り、沖縄県が「埋め立て承認撤回」の効力回復を求めた訴訟の上告審判決が出た。最高裁は上告を棄却、県が敗訴した。

 県民は繰り返し基地建設に反対の民意を示している。辺野古の予定地では軟弱地盤が見つかり、安全性が疑われるほか、工期や工費の膨張が避けられなくなった。

 法解釈をねじ曲げてまで計画を強行する政府を、国会も司法も止められずにいる。

 県は一昨年8月、辺野古沿岸の埋め立て承認を撤回した。防衛省が行政不服審査法を使って不服を申し立てると、国土交通相は昨年4月、県の決定を取り消した。

 審査法は、国の機関が一般私人では得られない「固有の資格」の立場で受けた処分には、不服申し立てができないと規定する。そもそも防衛省に申し立てができるのか、が争点になった。

 最高裁は、私人でも埋め立て工事の実施主体になれるとし、要件やルールが異ならない場合は、国の機関であっても申し立てができると結論付けた。

 審査法は行政の不当な権限の行使から国民を守るためにある。国の機関が私人に成り済まし、不服審査の審判員も兼ねる茶番を最高裁が認めたも同然だ。

 ただ、辺野古の埋め立て自体が承認されたわけではない。

 軟弱地盤が確認されたことで、辺野古基地建設の工期は当初の5年から9年3カ月に延びる。7万本以上のくいを海底に打ち込む必要から、工費も3倍近い9300億円にはね上がる。

 政府は70メートルより深い地盤は安定していると説明していたのに、それより深い海底地盤も軟弱な可能性が指摘されている。

 政府は「信頼に値しない」として取り合わない。有識者会議を通じて理論武装し、4月中にも軟弱地盤改良に向けた設計変更を沖縄県に申請する構えでいる。玉城デニー知事は認めない方針で、また法廷闘争となる公算が大きい。

 安倍晋三政権は沖縄の民意を顧みず、県条例もないがしろにして計画を推し進める。沖縄県にとどまらず、対等な国と地方との関係を根底から揺さぶりかねない深刻な問題をはらむ。

 与党多数の国会や司法が政府の手法を是認するのなら、地方自治体がゆがみを正さなくてはならない。全国知事会をはじめ地方6団体は安倍政権に工事の中止を強く求め、まずは対話の席に着くよう迫ってほしい。

(3月30日)
スポンサーサイト



ラッパーで元米海兵隊員マイルス・メガサイフ 『命どぅ宝』沖縄への想い

※注:「自分の心の暗黒」という表現は、私にはやはり気にかかる。私たちは暗闇で眠る。私たち自身の良い睡眠のために。暗闇、暗黒は全く悪いことではない。だって1日に8時間を暗闇や暗黒で過ごして私たちは長生きをする。

★大辞林②くらい面が強く、希望のもてない状態であるさま。③得体の知れない・こと(さま)「警察力の入らない──地帯」

★社会や軍の抱える負との闘いで剥き出しにしてしまった「自分の心の暗黒」をラップアルバムに託していやしたマイルスは、そのいやしを伝え、『命どぅ宝』をラップ好きの世代に説き続けている。

■アフリカンアメリカン・フォーカスブログ篇

2019年5月28日火曜日

ラッパーで元米海兵隊員マイルス・メガサイフ 『命どぅ宝』沖縄への想い

http://aafocusblog.blogspot.com/2019/05/blog-post.html




1995年には、キャンプ・シュワブにいた。少女が・・」と言ったまま、マイルスはうなだれ、次のことばを口にすることができなかった。

マイルス・メガサイフ、44歳。ラッパー。元米海兵隊員。17歳で軍に志願し、キューバのグアンタナモ基地を経て、沖縄に送られた。9.11はまだ起きず、当時、アメリカはボスニアで空爆などを行っていたが、マイルスは前線に派遣されることはなかった。


ハワイに駐屯し、やはり戦争に送られることのないまま、反戦・平和にめざめ、良心的兵役拒否を主張してみごと成功した別の元兵士と話したことがある。子どもの頃に9.11を体験し、国を守らねば、社会の役に立たねばと海兵隊に志願し、若くして士官として部下を育てる責任も負った真摯な若者だった。

その彼が、言っていた。戦争を体験してきた兵士はもちろん、戦場に行かない兵士も心が傷つくのだと。

過酷な訓練が毎日、続く。いったい何のため?なんの役にも立たないのに。

たぶん、当時のマイルスたちもきっとそんな環境にいた。浴びるように酒を飲み、仲間うちで喧嘩ばかり。沖縄の人はやさしかったし、いい島だと思ったけれど、基地の外に知り合いはほとんどなく、せっかくのオフの時間も、いったいどこにいって何をしたらよいのか、わからない。いきおい、基地相手の店に決まった顔でいりびたるしかない。

島民を守るために海兵隊がいるのではないことは、すぐに気づいたけれど、敵意にみちた危険な中国や北朝鮮から祖国を守っているのだといういまにして思えば、いい加減なヨタ話を当時は、すっかり信じていた。

同じキャンプの兵士2名が加担していた小学生の女の子のレイプ事件について、軍は部隊の兵士に語ろうとせず、情報は沖縄県民基地労働者などを通して口コミでしった。基地前での市民の抗議行動が激しさを増したが、軍の説明は、「あの連中は、金をもらって騒いでいるだけ」とか「中国人」「不穏分子」つまり、気にするな、相手にするな。とるにたらない奴らだ、という扱いだった。
アメリカに戻ってきてから、マイルスは荒れた。除隊後、何度か逮捕されたり、ホームレスも経験した。まともな暮らしに戻れるまで5年かかった。大学に入り、結婚し、子どもが生まれ、その頃には、兵役時代からやっていたラップミュージックで平和のために歌うと心に決めていた。

ベテランズ・フォー・ピースとの出会いがあり、そのメンバーと一緒に『命どぅ宝』という曲をもって沖縄に行き、キャンプ・シュワブ前で、中の兵士たちに呼びかけた。そして、辺野古基地建設の資材を搬入しようとするトラックの下のもぐりこみ、アクセルを羽交い締めにして逮捕された。

411日、ブルックリンでマイルスの話を聞いたとき、彼は『命どぅ宝』やほかの歌を演奏しながら、アメリカの各地をひとり車でツアー中だった。数日間の滞在の中で、ハーレムの学校を訪れ、学校にやって来る軍のリクルーターたちの甘い話にのっちゃだめだと子どもたちに軍の実態を説いた。

子どもの頃からGIジョーフィギュアで遊んでいたというマイルス。兵隊ごっこが大好きなアメリカの典型的な男の子だったらしいけれど、ハイスクールの途中で軍への志願を申し出た背景には、ニューヨークから移り住んで初めて深刻に体験した南部社会のいまなお消えない人種差別に嫌気が差したという面も大きかったらしい。

社会や軍の抱える負との闘いで剥き出しにしてしまった自分の心の暗黒をラップアルバムに託していやしたマイルスは、そのいやしを伝え、『命どぅ宝』をラップ好きの世代に説き続けている。
ーーーー
インタビューの書き起こしは、以下で。



――16歳で海兵隊に志願した?

17歳で海兵隊に志願した

――志願に年齢制限はない?

18歳 契約書に母の署名を
もらったのが17歳の時

新兵訓練キャンプで採用が決まる キャンプには
18歳以上しか参加できない

――18歳になるまで待った?

サマースクールに行ったので
ブートキャンプ参加は少し後

1992年11月にブートキャンプに行った

――先日 コミュニティカレッジ前でお試し訓練キャンプ
参加をよびかけてました

甘いことばで誘うんだよ リクルーターは近所で最高の
車に乗ってる 皆が憧れる車さ

レストランでおごってくれるし ものも買ってくれる

そうやって心をつかむんだ

――リクルーターとの出会いが 志願のきっかけ?

いや 子供の頃から
母が買ってくれたGIジョーで遊んでた

13 歳の時『ターミネーター』を見て兵士募集センターに
行き 「I'll be back」って言ったんだ

武闘イメージ大好き少年だったんだよ

――ブルックリンで育って その後お母さんと
ジョージア州に移った?

16歳になる頃に
ジョージア州に引っ越した

母が電話帳に載せる広告取りの
仕事を見つけたんだ

電話帳はその後 無くなったけど
別の広告営業の仕事につながった

――ジョージアに移った影響は 大きかった?

悪い意味で いいことなかった

成績ががたんと落ちた ハイスクールに
入ったころは かなりの優等生

入学してしばらくはAとBばっかりだったのに
卒業の時にはDだらけ

――勉強に興味を無くした?

学校の仕組みがレイシスト
人種差別を初めて体験したんだ

かわすことが出来なかった
慣れてなかったんだと思う

――入隊後 すぐ沖縄に?

最初の任地はキューバのグアンタナモ

1993年1月に訓練キャンプを卒業

夏には キューバにいた

キューバに1年駐留後 アメリカに戻り
1994年に沖縄に送られた

沖縄には1995年までいた

帰国後は カリフォルニアの山で訓練

その後ドラッグテストでひっかかり
1ヶ月間軍刑務所入り

その後3か月間 軍にいた

――軍での任務は?

砲兵の訓練をうけた
直径8センチくらいの迫撃砲

――身体が大きいから選ばれた?

いや 自分で選んだ

軍の適正検査で成績がよかったから

迫撃砲は 3人1組で操作する

――グアンタナモでは 収容所で勤務?

イラク戦争前であの刑務所も
拷問も まだ無い時代だ

僕らはキューバ人やハイチ人を捕まえて
苦しめていた

メタルの屋根の小屋に拘置するんだ 
夏はめちゃくちゃ暑い

ハイチ人を収容する小屋は さらにひどかった

ハイチ人への亡命プログラムはなかった
グアンタナモから送還するんだ

――船で逃げてくる人たちを捕えて送還する?

ひどいよね 恥だよ そんなことするの

キューバ人への尋問も厳しかった

スパイじゃないかと疑うんだ

僕自身は亡命・安全保障がらみの
仕事はしなかったけど

基地はふたつにわかれていて
僕がいたのは飛行場側

フェンスの警備をし 野戦訓練を受けた

訓練は機関銃だけ
迫撃砲は被害が大きすぎるから使わない

――当時 戦争はなかった?

砂漠の嵐作戦と湾岸戦争との間

アフガニスタン戦争は2001年からだし

イラクのクウェート侵攻は入隊前

ボスニアで戦争してたけど
僕は送られなかった

沖縄かキューバだったんだ

沖縄をエンジョイした
いい所だった

焼酎を楽しんだ 

蛇かなんかはいっている いまじゃもう飲めないね

沖縄の文化も食べ物も大好きだった

――基地の外で楽しむチャンスは?

どこに行けばいいのかわからない 
でも 僕には超クールな友達がいた

彼には沖縄にガールフレンドがいたから
僕は他のブラザーより恵まれていた

ヒップホップのクラブによく行った

僕ら以外の客はすべて沖縄人か日本人
ツテがあるから行けた 

パフォーマーは日米両方

本来はGI向けのクラブ

でも来てたのは 沖縄の若者ばっかり

行ったのは そこだけ あとは基地相手の通り

大きな通りが2本 人気のクラブがあった

クラブにいりびたって ケンカ騒ぎ

――仲間同士? 沖縄の人と?

GI同士。沖縄の人ともめたりはなかった

若いし 酔っ払ってたし 腹を立てていたから

その頃 すでにラッパーだった

沖縄に行く前にラップの師匠に出会っていた

僕のヒップホップの先生だ

ヒップホップの精神 表現法を教えてくれた

でもその頃は 正しい使い方に気づいていなかった

――あなたを変えた きっかけは?

ある朝 突然 目覚めた
ブタ箱入りはもうウンザリだった

釈放されたばかり
郡刑務所に週末入ってた

オレンジ色の囚人服を着せられて

南部の司法制度では
軽微な罪でも投獄される

僕が育った東海岸とは 違うんだ

帰還後しばらくはめちゃくちゃ
目覚めまで5年かかった

自分の名義で部屋を借りられない時期が
かなり続いた

釈放されても友達のお母さんの家しか
行くあてがなかった

アトランタでは
ホームレスだった

そんなことの繰り返し

目覚めは2001年 除隊は1996年だった

2002年にジョージア州立大学に入学

2003 年に結婚した 出会いから8カ月後に

すべてがいい方向に向いた 太極拳やヨガも始めた

ヨガも始めた 太極拳やってみせますね


――1995年に キャンプ・シュワブにいた?

いました 少女が・・・・・

外出禁止命令が出て

抗議行動を覚えている

――軍は 事件を知らせた?

説明はなかった 
町で何かが起きたというだけ

事件は口コミで伝わった

その時 感じたのは・・・

悪い連中にまじってたけど
自分では売春もしなかった

――そうだったんだ!

海兵隊員であることに 良心の呵責を感じた

沖縄への駐留に
沖縄の人々は穏和なのに

僕らは暴力的で若く愚かで傲慢で
好き勝手で

ベテランズ・フォー・ピースから
沖縄に行かないかと誘われた

初めはピンとこなかったけど 段々現実化した

情報をたくさんもらい
資料をどっさり読んだ

音楽で声をあげることが
役立つと思うようになった

――駐留していた時 居心地が悪かった?

それはなかった

間違っているとうすうす感じたけれど
口に出さなかった

女の人に手を出さなかったことが
沖縄への僕なりの連帯 けじめだったのかも

――抗議活動についての 軍の説明は?

あいつらは金をもらってるとか 中国人だとか
言いたい放題

人々を守るためにいるわけではないと
すぐに気づいた

でも 北朝鮮と中国からの防衛という嘘を
僕らの多くが信じていた

抗議活動は当時もあった

僕は若かったし 政治的な教育も受けてなかった

僕らに出ていってほしいという抗議だとは
わかっていなかった

心底からの願いだということも

レイプ事件がきっかけの抗議だということすらも

正直言って 何もわかってなかった

真実から目をふさぎ 
偉そうに していた

感謝の気持ちもなく 短気で性急で

――ベテランズ・フォー・ピースとの出会いは?

息子が生まれる前から 
ヒップホップで平和を歌い始めていた

今夜のショーも聴衆はヒップホップ・ファン

息子が生まれた時 CIVILiAMを書いた

僕にとってセラピーになったアルバムだ
僕自身の心に潜む「悪魔」と向き合った

抱えていた怖れを みつめさせてくれた

書きたい気持ちがわきあがり 
アルバム化も早かった

できあがったアルバムを VFPに寄贈した

平和へのアクションが
そこから始まった

アクションと音楽が結びついた

VFPの全国大会に行き できたての曲を
披露して喜ばれた

ヒューマンライツ・レーベルを作ったり 
誰でも演奏できるイベントを開いたりもしてきた

自分や他の人のコンサートも手がけている

音楽で心を奮いたたせ
より良い状況に向けて活動している

人間らしさの必要性 それを音楽で伝えたい



――『命どぅ宝』の曲は どうやってできたのですか?

ジェームズ・デイビッドがビートをやってくれた

アメリカのVFPとVFP琉球・沖縄で
スエットシャツを作ることになった




「命どぅ宝」をどう訳すか
皆が真剣だった 

で 自分でも調べて
その大切さに気づいた

すごい曲を作れそうな気がした

沖縄に行く前 確か10月に書いた

詩はあっという間に書けた

一緒に行ったウィルがビデオを撮ろうと
提案し沖縄で撮影した

VFPの沖縄でのアクションのシーンも
映像に入れた

留置場入りしてて
参加できなかったアクションもある

キャンプ・シュワブのゲート前で
逮捕された

建設資材を運ぶトラップを
止めようとしたんだ

トラックの下に潜り込んでアクセルをつかんだ 
危うい奴だと思われたんだろうね

もう行かなくちゃ 

――ありがとうございました!

***マイルスの情報ページ:https://www.megaciph.com/


首都圏にオスプレイ部隊

首都圏にオスプレイ部隊

 今年三月、千葉県の陸上自衛隊木更津駐屯地に「自衛隊版オスプレイ」の飛行隊が新編される。機体は六月以降、順次配備され、防衛省が予定する佐賀空港の受け入れ態勢が整うまで、木更津のオスプレイは十七機まで増え続ける。

 一方、沖縄の米海兵隊普天間飛行場に配備されたオスプレイは、北海道で行われた日米共同訓練に八日も遅れてやってきて、さらに三日遅れて帰還の途についた。戻る途中、「凍結警告灯」が点灯したとして、仙台空港に緊急着陸。翌日午後、気温が高くなったところで、ようやく離陸した。

 民間航空機が問題なく飛べる程度の低温でも飛行に支障が出るとは、何とひ弱な軍用機だろう。木更津に配備される同型のオスプレイは、日本の冬に耐えられるのか。

 死者が出るなどしたクラスAの事故率は米海兵隊版オスプレイの場合、昨年九月現在二・五〇まで減ったが、東京の横田基地に配備された空軍版オスプレイは同六・二二と高止まりしている。しかも横田のオスプレイは、二〇二四年ごろまでに十機に倍増する。

 すると、首都圏の空を自衛隊版、米空軍版を合わせて二十七機のオスプレイが飛び回ることになる。普天間飛行場に二十四機配備されたオスプレイは「沖縄の負担軽減」を理由に訓練を本土に移転させた。「首都圏の負担」はどこが引き受けるのか。 (半田滋)

現行日米安保60年 「地球規模の同盟」の危険鮮明

 外務次官や駐米大使を務めた村田良平氏は、現行安保条約と「地位協定とを併せ読めば、この条約もその本質において、米国が日本国の一定の土地と施設を占領時代同様無期限に貸與(たいよ)され、自由に使用できることを骨格としている」「米国の日本防衛義務は、条約の主眼ではない」と述べています(『村田良平回想録(下巻)』)。



2020年1月18日(土)

主張

現行日米安保60年

「地球規模の同盟」の危険鮮明

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2020-01-18/2020011801_05_1.html

 1960年1月19日に当時の岸信介首相とハーター米国務長官らが現行の日米安保条約に署名してから、あすで60年です。51年9月8日署名の旧安保条約の改定として締結された現行条約は、それまでの基地提供条約という性格に加え、有事の際の日米共同作戦条項などを新たな柱として盛り込みました。同条約に基づく日米安保体制は今や大きな変貌を遂げ、集団的自衛権の行使を可能にした安保法制=戦争法により、米国が地球規模で起こす戦争に日本が参加し、自衛隊が海外で武力行使する危険をかつてなく高めています。

「日本防衛主眼でない」

 現行安保条約第6条は「極東における国際の平和及び安全の維持に寄与するため」に米軍が「(日本の)施設及び区域を使用することを許される」と定めています。

 日本政府は、「極東」の範囲について「大体においてフィリピン以北並びに日本及びその周辺の地域」と説明してきました。しかし、条約とともに結ばれた日米密約によって、米軍は日本への核兵器持ち込みとともに、日本の基地からの戦闘作戦行動も日本側との事前協議なしに、「極東」の範囲に縛られず、世界のどこにでも出撃できることを可能にしました。

 実際、在日米軍基地は、米国によるベトナムやアフガニスタン、イラクへの侵略戦争などで出撃拠点になってきました。日本に配備されている米軍も、「空母打撃群」や「海兵遠征軍」など干渉・介入専門の“殴り込み”部隊です。

 現行安保条約とともに締結された日米地位協定の下、米軍機の騒音や墜落事故、米兵犯罪、環境汚染など基地被害も深刻です。

 外務次官や駐米大使を務めた村田良平氏は、現行安保条約と「地位協定とを併せ読めば、この条約もその本質において、米国が日本国の一定の土地と施設を占領時代同様無期限に貸與(たいよ)され、自由に使用できることを骨格としている」「米国の日本防衛義務は、条約の主眼ではない」と述べています(『村田良平回想録(下巻)』)。

 加えて、現行安保条約は第5条で日米両国が「日本国の施政の下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃」に対し「共通の危険に対処するように行動する」と規定しています。有事の際の自衛隊と米軍の日米共同作戦の根拠とされます。しかし、今日の日米軍事協力の実態は、第5条の規定をはるかに超えています。

 安倍晋三政権は2015年に新たな「日米軍事協力の指針(ガイドライン)」を策定し、安保法制=戦争法の成立を強行しました。当時のカーター米国防長官は「新ガイドラインは日米同盟を一変させる」「アジア太平洋、世界中でわれわれが直面するあらゆる挑戦に柔軟に対応できるようになる」と指摘しました。文字通り、地球規模の日米軍事同盟への変質です。

対等・平等の日米関係を

 安倍首相は、異常な軍拡に乗り出し、自衛隊を海外で戦闘できる軍隊に変え、憲法9条改定に執念を燃やすなど、「戦争する国」づくりを進めようとしています。

 米軍基地強化や「戦争する国」づくりの根本にある安保条約を廃棄し、独立・平和・中立の日本をつくり、米国とは対等・平等の立場に基づく友好条約を結ぶことにこそ日本の未来がある。それを今、大いに訴える必要があります。

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR