FC2ブログ

小笠原みどり著 「スノーデン・ファイル徹底検証

オススメ図書一覧へ

小笠原みどり著 「スノーデン・ファイル徹底検証
〜日本はアメリカの世界監視システムにどう加担してきたか〜」

                           評者:白石 草 (OurPlanetTV代表)


 
 かつて高い視聴率を誇る人気ドラマを連発していたフジテレビのドラマ枠「月9」。この名門ドラマ枠で、1月6日から『絶対零度~未然犯罪潜入捜査』が放送されている。
 ドラマの舞台は、警視庁刑事部捜査一課内に設置された「未然犯罪捜査班」 (通称・ミハン)。この特命班に所属するメンバーが、あらゆる個人情報や監視カメラ映像などが集約されたビッグデータを解析し、AIによって統計学的に割り出された「未来の犯罪者」を特定し、潜入・追跡捜査して「犯罪」を未然に防ぐストーリーだ。
 主役の「ミハン」リーダーは、妻と娘を無残に殺された過去から、 “犯罪” を心底憎んでいる元公安のエリート刑事だ。ここでは、令状なく部屋に忍び込んで盗聴器を仕掛けたり、携帯をハッキングして通信履歴を集めたりといった、あらゆる “違法捜査” が是とされる。
 シリーズは、2010年の初回放送から人気が高く、2018年7月から放送された「シーズン3」の平均視聴率10.6%。視聴率が低迷する「月9」において、優等生的な地位を確立している。今シリーズのテーマはずばり「大規模テロ」だ。

 小笠原みどり著の『スノーデン・ファイル徹底検証』は、そんな人気ドラマの筋書きが決して絵空事ではないことを示した一冊である。監視研究の一人者である著者が丹念に紐解いたのは、CIA (中央情報局) やNSA (米国国家安全保障局) の職員だったエドワード・スノーデンがNSAから持ち出した機密文書、いわゆる「スノーデン・ファイル」のうち、日本政府に関する13の文書だ。2017年から18年にかけて、米国の調査報道機関「インターセプト」のウェヴサイトを通じて公表された。
 暴露文書には驚くべき数々が記されている。例えば、NSAは、沖縄、横田、青森県三沢の3つの基地を拠点に、60年以上にわたって日本で諜報活動を展開し、日本政府はこれに協力してきたというのだ。そして諜報拠点の一つ、沖縄県の楚辺通信所 (通称・象のオリ) の機能をキャンプ・ハンセンに移転する際、日本政府はインターネット監視用の新設備に5億ドル (600億円) を投じ、横田基地内に通信機器工場を建設した際にも、660万ドル (8億円) もの費用を負担した。さらに、この工場で作られたアンテナは、はるか遠いアフガニスタンにおいて、アルカイダへの空爆に活用されていたというから驚きだ。「平和憲法」を掲げながら、実際には、米国の戦争の加担してきたのだ。

 また2008年に暴露された文書により、日本政府が2012年9月以降、国内におけるインターネット大量監視に舵を切ったことも判明した。
 日本政府は2013年4月、対テロ戦争の見返りに、電子メールなどインターネット上のあらゆる情報を検索できる監視システム「エックスキースコア (XKeyscore)」を米国から入手している。オリバー・ストーン監督の映画「スノーデン」では、敵対する人物の弱点を捜し出し、それをネタに相手を脅す道具として登場するあれだ。テロ防止とは名ばかりで、ライバルを蹴落したり、陥れたりするために活用されうるツールだ。
 これだけではない。文書によると、政府は2013年、福岡県の太刀洗通信所を通じて、1時間に50万件ものデータ収集を開始した。まさに、米国に歩調を合わせた、共同サイバー作戦の本格化である。これら監視体制の構築を主導したのは、ほかでもない、内閣情報調査室(内調)だ。内調のトップの北村滋は、逮捕寸前だった元TBSワシントン支局長・山口敬之氏の準強姦事件を握りつぶしたとされる人物だ。その彼が、国民総監監視包囲網を敷いたである。

 暴露文書の中身はいずれも、日本を震撼させるような内容ばかりだ。しかし日本では、これらの事実はほとんど報じられていない。確固とした文書が存在し、それらは「インターセプト」のサイトを通じて全て入手できるにも関わらずだ。
 著者は、そのことも痛烈に批判する。とりわけ、「インターセプト」と同時に本文書を入手し、スクープを得たNHKの姿勢については激しく糾弾する。NHKは、重要な文書を手にしながらも論点をずらし、逆に、国家による監視を容認するような番組を放送したのである。
 
 話を冒頭に戻そう。
 日本では、保育園に貼ってある子どもの似顔絵から園児の名前を隠したり、学校の連絡網配布を取りやめたり、テレビ番組の街頭インタビューの顔にぼかしを入れたり、プライバシー保護に対してやたら過剰な面がある。一方で、情報企業が就活生のインターネット閲覧履歴を収集して企業に販売していたり、交通機関のICカードデータを本人の同意なく企業に提供したり、ポイントカード会社が令状もない捜査に協力して、捜査機関に会員情報を提供していても、多くの人はほとんど気にしていない。「月9」の「ミハン」で描かれる違法捜査についても、多くの視聴者は「正義」の道具として、「犯罪者」が捕まるならいいのでは」というくらいの感覚でいるに違いない。

 だが、「犯罪」が何かを決めるのは国家だ。そう著者は警鐘を鳴らす。「秘密保護法」や「共謀罪」も「マイナンバー」も、すべて監視法制の一環であり、全体主義化を推し進める道具なのだ。しかも、これらは、人々が警戒しないよう巧妙に進められている。
 今年は五輪イヤー。テロ対策を名目に史上最大の警備費用が計上され、競技会場や選手村などの全てのゲートに顔認証レーンを設置し、選手やスタッフはもちろん、ボランティアや記者まで30万人以上をチェックする。五輪費用が膨張し、テレビニュースでは、住民に安心を与える喜ばしいもののように報道されているが、五輪後、全ての住民監視に活用される恐れがある。
 すでに法務省の入国管理局は、五輪に向けたテロ対策を理由に、犯罪歴があったり、DVの恐れがある外国人を予防拘禁しており、難民問題に詳しい弁護士は、「治安維持法」時代よりもひどい運用が行われていると告発している。また今年に入り、高市総務相がマイナンバーと金融機関の預貯金口座の連結を義務化する検討を公表。2021年の通常国会で、共通番号制度関連法改正を視野に入れているという。
 このように今、日本政府は、五輪というタイミングを狙って、すべての個人をスキャンし、監視の網の目の中に置こうとしている。米国の軍事戦略に歩調をあわせ、貢献すると同時に、個人の自由や権利を抑圧し、民主主義を破壊するためである。
 ウィキリークスやスノーデンといった新たなタイプの機密情報暴露者が登場しても、日本社会はどこか他人事で、関心が寄せられてこなかった。しかし、そう言ってはいられない。もし、SNSやスマートフォン、ポイントカードや交通系ICカードのいずれか一つでも利用しているのであれば、まずは、この本を手に取ってほしい。一人でも多くの人が、「五輪プロパガンダ」のかげで進む国家主義への足音を認識する必要がある。

スポンサーサイト



辺見庸Ⅳ―わたしの気になる人⑭

辺見庸Ⅳ―わたしの気になる人⑭

     辺見庸が地下鉄サリン事件の被害者を救助した体験に、わたしは心から注目したい。単に美談としてではない。1995年3月20日、東京の神谷町駅でのことだ。ほとんどの通勤客は、被害者たちをまたぐようにして職場へ急いだ。辺見庸も通勤客の1人だった。共同通信社の外信部に勤務していた。
     また、辺見庸は、1991年1月に「自動起床装置」で芥川賞を受賞した作家だ。

     辺見庸には、『反逆する風景』(鉄筆文庫)という随筆集がある。2014年10月に刊行された。あらたに、書き下ろしの「花陰」と「遺書」が加わっている。同名の単行本とその文庫が講談社から刊行され、すでに10数年が経過しているが、収録の作品41点はちっとも色あせていない。ふかい感動と共鳴をよぶ。なかでも「飢渇のなかの聖なる顔」に、わたしはいちばんに注目したい。
     地下鉄サリン事件の前年8月に発表された。事件での救助体験・行動をもって、この作品「飢渇のなかの聖なる顔」を照射すれば、辺見庸の、人としての後ろめたい心情など、より鮮明になってくるのではないか。文学的な秀作だと思う。
     1992年暮れから、辺見庸は外国を取材旅行する。翌年に各新聞に連載される「もの食う人びと」を執筆するためだ。食べるのに困っている人たちと多く出会い、彼らといっしょに同じ物を食べながら、彼らのドラマを聴いて歩くのだった。
    取材旅行の途次で、辺見庸は2人の死にゆく女性と出会う。1993年夏、東アフリカでのこと。14歳の避難民と22歳のエイズ患者。2人の「高貴な」「美しい」顔は、その後、辺見庸のからだのなかに埋めこまれているという。そのときの風景を描く辺見庸のふでは、じつにリアルだ。それと同時に、辺見庸のくるしい胸の内が、痛切に伝わってくる。
     避難民の女性は、収容施設にしゃがみこんでいた。枯れ枝のようだ。まなざしは苦海を凝視していた。ただ、飢えのすえ死ぬためにだけ生きている。恐怖に凍えて発声も身動きもならない。辺見庸は、「この娘こそが世界の密やかな中心でなければならない」と思う。しかし、「じつにじつにただの傍観者として、その場を無責任にあとにした」のだった。
     エイズ患者の女性も、針金のようだ。余命いくばくもない。お金がないから病院に行けない。自宅の暗がりに身を横たえていた。しかし、「人を真実思いやるのではなく、なにか聞きだすことをすべてに優先させている」「罪深い」自分に、辺見庸は気づくのだった。
     帰国してからも、飲み屋のカウンターに伏しては、彼女たちの「死の意味」と、人としていかに「卑怯な」「醜い」自分について考えこむ。夜半に鏡を見ては、飽食の顔は美しくはない。たらふく食べられるこの国には「精神の飢餓」が広がっている、と思うのだった。
     辺見庸は、死にゆく人間の極限でのありさまに直面した。鮮烈な衝撃をうけた。ジャーナリストならではの得がたい体験にはちがいない。しかし、そのとき、辺見庸は「自責の念」などの心情をいだくのだった。心の波紋。葛藤。反省。その心情のさまは、辺見庸の人としての真率なものにちがいない。
     そして、翌々年3月、辺見庸は、サリン被害者を救助したのだ。知らんぷりだってできる。しかし、卑怯なことはしなかった。
     その間の辺見庸の心情を推察すれば、そこには、人としての、弱者へのまなざしと貧者の側に立つ視座がある。身をかがめる姿勢もある。作家としての内的衝迫の源泉もある。それは、2018年10月に刊行された、長編小説『月』(KADOKAWA)にまで一貫するものであろう。

     鉄筆文庫の収録作品41点のなかで、つぎに注目したいのは「反逆する風景」だ。3つの話のうち、とりわけ「第一話」がつよく胸を打つ。1994年11月に発表された。そこに書かれた、辺見庸の衝撃体験を知ってみれば、先述した辺見庸の心情は、全体像も、さらに厚みと深みが加わるのではないか。
     1987年、共同通信社北京支局の記者だった辺見庸は、中国当局から国外退去の処分を食らう。「国家機密を不当な手段で窃取した」という理由で。外務省の役人が辺見庸に「ある記事の情報源の名前を明かせ」とせまる。「絶対にいえないよ」。情報秘匿という記者の鉄則よりも、「いえばいったという事実でその瞬間から」自分を「蝕む」と感じたし、それは「未来永劫不快だろう」と予感したから、と辺見庸はいう。
     中国当局は「じつにしつこく」尾行する。街路樹の陰から路地の角からつぎつぎに男たちが飛びだしてくる。ガタガタ身震いして歩く辺見庸たちに伴走してくる。一目散に逃げた。停まっていたカメラマンの車にとび乗った。車が3台も追いかけてくる。
     しかし辺見庸は、当局に情報源を明かさなかった。自分をつらぬくのだった。国外退去になる。
     辺見庸は、こんなにも、おっそろしい思いを体験しているのである。外国の地で。43歳のころに。体験は人や心情や思想を形成するものだと思う。この作家はどのように誕生したのか。わたしは、作品を読みながら、一方で、作家の土壌や人生も知りたくなるのだ。

     辺見庸の、文章の魅力の背後にある体験、心情をたぐりよせてみたが、鉄筆文庫の主なテーマは、表題どおり、「風景はかならず意味に反逆する」ということだ。
     辺見庸が何度か情報源を拒否したあと、中国のわかい役人がポケットから写真を取りだした。逮捕状か。恐怖で辺見庸は目がかすむ。しかし、役人の2歳の子どもの写真だった。
     情報源を明かさぬという文脈のなかで、役人のその行為の意図は、どこにあるのか。辺見庸は何回も考えたけれど、わからない。最近は「整合しないことってままある」のだ。ただ単に子どもの写真を見せたくなったのかもしれないとも、考えているという。
     この不整合を、文章のなかにとりこむべきか否か。「絶対に盛りこまなければならない。」「意味のぼこりと陥落した風景があってこそ、風景はやっとそれなりのおもしろい立体的全体になりうるからだ」と、辺見庸は主張するのである。
     常識を蹴飛ばすような、反逆する風景の具体例は、「第二話」にも「第三話」にも書かれている。たしかにおもしろい。「新聞人」は、反逆する風景の細部を切って捨ててしまう。書かない。もっともらしい意味をとりつくろう。おなじ「新聞人の端くれ」の自分としては、それは不満だと、辺見庸はいう。

     収録作品「見えざる暗黒物質を追え」にも、注目したい。1994年10月に発表された。辺見庸は、女子中学生の手紙に応えている。彼女は、世の中に起きている「たいせつなこと」は、新聞の紙面には見つけがたい。裏にひっそり隠れている。「なぜ」起きるのかも、紙面から伝わってこない、と書く。
     では、一体どうすれば、見えざる大事なことを読者に伝えられるのか。「新聞人」はもっと不可視の実在について語れ、と辺見庸はいう。名もない人たちの嘆きと喜びの詳細を、データによらず、「生の風景」に分けいって書きぬく、技量と気迫と眼力をもて、とも。「新聞人」への訴えは、辺見庸の自己確認でもあろう。

     「遺書」は、鉄筆文庫の書き下ろしの1点だ。2014年9月27日の執筆。辺見庸の誕生日である。辺見庸は、1996年に共同通信社を退社してから作家活動に専念する。こしかたをふりかえり、辺見庸は、「いまはとことんつまらなく、くだらなくおもわれてならない」という。「風景はなぜ、こんなにもことごとにわざとらしいのだろう。」「なぜ存在は芯をなくしたのだろう。」「はっきりしているのは、ことばが損傷をきたしていることだ。」「主体がことばからはなれ、ますます乖離してしまった。」これまで、文と言葉との格闘を真摯にかさねてきた辺見庸は、嘆くのである。憤るのである。
     辺見庸はさらにふりかえり、わが人生は「つまらない人生ではあった」という。そうだろうか。起伏に富んだ激しい人生ではなかったか。
     そして高齢のいまこそ、一段とかがやいている。辺見庸は、小説、評論、随筆、詩と、さまざまなジャンルに挑戦する。個性あざやかな作家だと、わたしは思う。
     「さはやかジム」でのリハビリテーションがつづくかぎり、執筆はつづくにちがいない。

     (拙文「テレビ出演した辺見庸」を、「リハビリ日記Ⅲ⑰⑱ちきゅう座」http://chikyuza.net/archives/91468 で読んでみてください。)

    〈記事出典コード〉サイトちきゅう座http://www.chikyuza.net/
    〔culture0801:190530〕

〔週刊 本の発見〕『ここからセクハラ!ーアウトがわからない男、もう我慢しない女』

毎木曜掲載・第87回(2018/12/13)

セクハラオヤジを徹底的に分析

●『ここからセクハラ!—アウトがわからない男、もう我慢しない女』(牟田和恵、集英社)/評者:渡辺照子

http://www.labornetjp.org/news/2018/1213hon

 今年の流行語大賞のひとつに「#MeToo」が選ばれた。性被害やセクシュアルハラスメントにあった当事者が声をあげ、それに連なる人々の意思を表すポジティブな言葉だ。思えば平成最初の流行語は「セクシュアルハラスメント」だった。私は天皇制反対論者だし、元号に格別の感慨を持つ者ではないが、30年も経って、いまだにこの問題がはびこっていること、被害者が声を上げることの難しさを思うと暗澹たる思いだ。

 毎週のようにセクシュアルハラスメントをテーマとした集会やシンポジウムが開催されているが、「日本では海外のように盛り上がらない」と言われてしまっている。セクシュアルハラスメント問題の当事者、中心になって果敢に活動する女性のせいではないのにその女性たちに責任があると語られているようで、その筋違いの「批判」は、セクハラ問題の二次被害の一種だと思えて仕方がない。要因は明らかだ。男性の側に当事者意識が希薄なせいだ。なんでも海外が良いという「ではの守(かみ)」になるつもりはないが、例えばイタリアでは「これ以上共犯者にならない」スペインでは「沈黙して共犯者になるのはもうやめだ」という運動のスローガンが男性の側から発信されていると本書で紹介されている。ところが、社会的に発信力が女性よりはあるはずの男性からの声が、日本では何ら発せられないことが、何よりの証左ではないか、残念だが。

 それに流行語大賞まで受賞しながらも、盛んにイベントが開催されながらも、出版状況がそれに呼応していない。出版業界は文化事業であるが、それ以前にビジネスだ。旬のネタであり、売れるとあれば二番煎じでも柳の下のドジョウでも刊行するはずだが、驚くほどセクハラをテーマにした書籍の近著が少ない、というより皆無ではないだろうか。私が推測するに「セクハラネタは騒がれるほどには売れない」との上層部の判断があるのではないだろうか。恐らく、その「上層部」には男性原理が働いているのかもしれない。しかし、売るべきなのだ、読むべきなのだ。書評で「読むべし」と主張するほど無粋なことはないのをわかって、今回はそれを言わせてもらう。

 各章のフレーズがどれもキャッチ―だ。「『美人だね』の何が悪い?」「天気の話しかできないじゃないか!」等、セクハラオヤジ(とあえて言う)の言い草を具体的に取り上げ、徹底的に分析・反論している。セクハラ発言の背後には、男性の支配欲があるという。会社で「出世」すると周囲から迎合され、相手の内心に配慮しなくなるのだ。一頃流行った「忖度」。あれはあくまで目下が目上におもねる片務的な行為だ。それを偉くなった男性は、目下の「女性」「部下」にはしなくなる。牟田さんは「空気を読むことに長けている日本のビジネスマンがなぜ部下の顔色を読まないのか」と鋭く指摘しているが、「上には媚びる、下には威張る、見下げる」のがお得意な「日本のビジネスマン」(と、あえて偏見に満ちた言い方をさせてもらおう。)だから、当然のことなのだ。

 女性を性の商品価値の有無でしか評価しない、対等なビジネスパートナーとみなさないから、相手の容姿か若さにしか共通のテーマを見出せない貧困な発想なのだと、私なら一刀両断したくなる。だが、牟田さんは実に粘り強く、微に入り細に穿って懇切丁寧に「男性の側に立って」セクハラのおかしさを説明してくれている。  一方で、女性たちがいかにセクハラの加害者の男性から、その行為を受けながらも、相手のプライドを傷付けずに回避し、サバイバルしているかの具体的なケースを列挙している。「あるある!よくぞ言って下さった!」という女性たちの最高レベルの共感を得るだろう。その記述を男性はいかにとらえるか、感想を聴きたいものだ。

 最後にまたもや野暮を承知で言わせてほしい。「一人でも多くの男性、企業、団体、必携の書、必読の書だ」と。

*「週刊 本の発見」は毎週木曜日に掲載します。筆者は、大西赤人・渡辺照子・志真秀弘・菊池恵介・佐々木有美・佐藤灯・金塚荒夫ほかです。

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR