FC2ブログ

【巨人】亀井善行「やっと、です」年長3位37歳11か月1000安打「勇人に何と言われても胸を張りたい」…独占手記

【巨人】亀井善行「やっと、です」年長3位37歳11か月1000安打「勇人に何と言われても胸を張りたい」…独占手記

 
 
9回2死一、三塁、右前に適時打を放ち通算1000安打を達成した亀井
9回2死一、三塁、右前に適時打を放ち通算1000安打を達成した亀井
亀井1000安打の歩み
亀井1000安打の歩み
通算1000安打年長達成10傑
通算1000安打年長達成10傑

◆JERAセ・リ-グ 阪神2―1巨人(9日・甲子園)

 巨人・亀井が生え抜きでは球団最年長となる37歳11か月で通算1000安打を達成し、スポーツ報知に独占手記を寄せた。プロ初安打を放った2005年7月9日の広島戦からちょうど15年。2点ビハインドの9回に高木の代打で登場し、右前へ鮮やかなタイムリーで決めた。チームは今季初の連敗も、有観客試合となる10日のヤクルト戦(ほっと神戸)に向け意地を見せた。

 なんだか、すみません。試合に敗れ、でも1000安打…。ちょっと複雑ですが、9回の1点は次につながるし、この一打をきっかけに調子を上げていきたいと思います。

 やっと、です。目前でデッドボール受けるし、こういう運命なんですかね。2日のDeNA戦(東京D)で2打席目に一本出たから「あと2つ、一気にいくぞ!」と思った直後の死球だからね。右ひじは曲がらんし、めちゃくちゃ腫れるし。本当、ようやくです。

 もう、いいおっさんになった。プロに入って16年目。31歳の坂本勇人さんは、あと少しで2000本だし「カメさん、まだ1000本ですかあ」ってイジってきそう。でも、自分の中では誇りの数字。勇人に何と言われても胸を張りたい。

  • 10年5月24日、オリックス戦でルーキー・長野(右)とお立ち台に立つ亀井
  • 10年5月24日、オリックス戦でルーキー・長野(右)とお立ち台に立つ亀井

 2009年に打率2割9分、25発を打ったことがだいぶ昔に感じる。翌年から長野が入ってきて大きな壁になった。バッティングを見て「あいつには勝てない」と焦りが生まれて不調に陥った。そんな直後の11年は練習中に右手薬指を骨折した。その後、鼻を折ったり指を捻挫したり、心配した母親がたまらず、知り合いの占い師に頼んで改名した。それが13年1月。「義行」から「善行」にね。でも、ケガに臆病になっていて常にネガティブ思考。心の病気だね。14年には右手人さし指の第1関節を骨折。焦って完治しないまま試合に出たから、いまだに変な方向に曲がってるよ。

 3、4年前くらいかな。体を鍛えることだけが良いことではないと感じた。たくさんの本を読んだ中で、器具を使わずゴムチューブによるトレーニングに目をつけた。柔らかい筋肉を目指しつつ、可動域を広げる。特に股関節の動く範囲を広げたことで、打撃フォームのガチガチした硬さがなくなった。フォームに柔らかみが出て、あとは苦手なタイミングをうまく取ることに専念できた。構えた際に動きを入れたり、右足の上げ方を変えたりしてるけど、タイミングの取り方を工夫しているんだな、と見てほしい。

 トレーニングに自信を持てたことで心の病も治った。以前は少しの“張り”も気になって、例えば遠征先で仲間にご飯に誘われても、ほとんど断りマッサージ治療を優先。毎日、宿舎に引きこもった。頭の中は「もう、ケガしたくない」だけ。今は逆。張りが出ても良い張りだと思うようになったし、自分の体を甘やかさないようマッサージは必要最小限になった。5年前は全力で走ることも怖かったけど、今は走っていて楽しい。足が速くなったような気もするし、少なくとも(岡本)和真よりは速いよ。

 思えば、前述した09年以降は人間不信だった。成績がガクンと落ちたら、周囲からの批判も半端なくてね。「こんなにも人って変わるのか…」って。勝負の世界だから今なら理解できるけど、当時は誰もが敵に見えた。それが何年続いたかな。いろんな意味で弱かったんだと思う。それでも、ここまで長くやらせてもらってる球団には感謝しかないし、両親、妻、子供たちにも「ありがとう」と言いたい。

  • 記念のボードを笑顔で掲げる亀井(右は古城コーチ)
  • 記念のボードを笑顔で掲げる亀井(右は古城コーチ)

 何より、温かい声援をくれるファンの皆さま。この場を借りて「いつも応援ありがとうございます!」。1000安打を「通過点です」と言いたいところだけど、2000安打を目指したらお爺(じい)ちゃんになっちゃう。いつまで野球を続けられるか分からないけど、日本一だけを目標に頑張ります。たくさんのファンの方々が、またスタンドに足を運んでいただきますように。感謝!(亀井 善行)

スポンサーサイト



「暴力に耐えられず運動やめます」…スポーツ界の暴力被害選手たちの声









「暴力に耐えられず運動やめます」…スポーツ界の暴力被害選手たちの声

登録:2020-07-04 09:47 修正:2020-07-04 12:49
昨年、実業団選手1000人を対象にした人権委の実態調査 
「これができないなら敗北者」言葉の暴力が蔓延 
通報しても被害を受けるのは選手 
「問題提起しても空しさだけが残る」 
「第3の監視機関が出てこなければ」
トライアスロンの故チェ・スクヒョン選手が2013年の全国海洋スポーツ祭典で金メダルを首にかける様子=チェ・スクヒョン選手の遺族提供//ハンギョレ新聞社

 「私はセクハラ・言葉の暴力の被害者です。私はこのような状況に耐えられず、来年には運動をやめることに決めました。言葉の暴力を受けて自分を責め、本当にだめな人間だと思うことがあまりにも耐え難かった。いつもやればできると決心していたのに、今はトレーニング場に入った瞬間から私がやっているこの運動が怖いです。 練習に集中できず、監督から何を言われるだろうかと恐れています。
 今日はどう怒られるのか、とても怖いです。あまりにも疲れ、本当に疲れ果てて、自害、自殺まで試みてしまったことがあります。まだあの時のことが思い浮かびますが、それでも今は来年にはこれをやめるという思いで、一日一日を耐えています。一番大好きだったことが、どうしてこんな風に流れてきてしまったのか分からないけれど、私の心も身体もひどく傷ついてまともじゃありません」
-実業チームの運動選手のAさん

 国家人権委員会スポーツ人権特別調査団が昨年11月に発表した「実業チーム選手人権実態調査結果報告書」に掲載されたスポーツ界の暴力被害者の訴えだ。所属チームの関係者らの暴力行為に苦しみ、自ら命を絶ったトライアスロンのチェ・スクヒョン選手の無念の犠牲に、別の被害者たちも加害者の監督らを告訴するなど、勇気を出している。人権委が昨年公開したこの報告書にも、チェさんのようにスポーツ界の時代遅れの暴力慣行の被害を訴えた選手たちの声が載っている。彼らは、蔓延する言葉の暴力と過度な権威主義▽無力化した申告制度▽第3の監視機関の不在をスポーツ界の慢性的な問題として挙げた。

 まず、「指導者の言葉はそのまま法律」のように受け入れられる権威主義文化を告発する声が数多く上がった。実業チームの選手Bさん(26)は「これだけお前を支援してやっているのに、これができないなら敗北者だ。××(差別的な侮辱語)だろ」という言葉を練習場で毎日のように言われたと告白した。悪い噂を流して精神的な苦痛を与えるのも指導者だった。実態調査でCさん(28)は「監督が私の悪い噂を流すんです。他の市郡庁の監督たちに悪いイメージを植えつけようとしたみたいです。『チームの悪口を言って回る、監督の悪口を言って回る』という風に。自分のおかげであいつ(選手)がこれだけうまく行ったのに恩知らずだ、とも言います」と話した。

 身体的暴力も日常化している。アンケート調査に回答した1251人を対象に、現在の所属チーム内で身体的暴力を受けた経験があるかを尋ねたところ、26.1%(326人)が「はい」と答えた。身体的暴力を受けた理由については、「加害者の機嫌が悪かったから」と答えた割合が38.5%で最も高かった。次に「精神力が緩んだ」(30.2%)という理由や、「良い成績が出せなかったから」(24.7%)という理由も多かった。さらに「理由はよく分からない」と答えた選手も24.2%にものぼった。

 「問題提起をして要請文を書いても、思った以上に変化がありません。何も変わっていません。私たちが立ち上がってそんなことをしたことの意味がないと思います。虚しさが増しました。結局、私たちが運動するにあたってさらに制裁を受けるのではないかという不安がわくんです。協会はあっち側の人たちなので、協会側からは全く助けを得られないと思います。大韓体育会でもまだこの事実を知っているのか知らないのか、よく分かりません。警察署に行った時もセクハラや暴行を受けたことがあるのか、それがなければお金以外はかけられるものがない、という風に言われたんです」
-実業チームのスポーツ選手のEさん(30)

 閉鎖的で権威的なムードにより、選手たちは被害救済をまともに受けられてもいない。「内部のことを他の人に話したら裏切り者のイメージになるという恐れが大きい」だとか、「私が暴行を受けたと通報したらその通報によって実業チームをなくしてしまうため、通報するのが難しい」などの声が上がった。

 所属チームで身体的暴力を受けた経験がある326件中、対処策について回答した182人の選手のうち半分以上(67.0%)が何の行動も取れなかったということが分かった。助けを求めて暴力行為が止まったという回答はたった1人だった。何の役にも立たなかった(40.0%)か、相談で終わった(40.0%)という事例が多かった。このほか、対処がうまくできなかった理由については、報復が怖い(26.4%)▽相手が不利益を与えるのではないか心配(23.1%)▽どう対応したらいいか分からない(22.0%)▽相手と気まずくなるのが嫌で(20.9%)の順だった。チェさんもまた、死亡直前まで大韓体育会やトライアスロン競技協会、捜査機関にも助けを求めても問題が解決されない過程を見て、無力感を感じたということが伝えられている。

 「問題が生じれば、そのまま警察署に行ったほうがいいと思います。特に連盟から助けを得られるものもないし。以前、選手に何か事が起きて自分の会社に話をしたんですが、その時被害を受けたのは選手でした。会社は監督、コーチの言葉だけを聞いて選手の立場は聞き入れませんでした。問題が内部でうまく解決するとは期待できません」
-実業チームのスポーツ選手のFさん(35)

 選手たちは、これからはこのような慣行の輪を断ち切らなければならないと訴えた。選手のGさん(25)は「スポーツ人権に関するアンケート調査が各市道郡庁に渡る際に、警告文というか、『選手に対する抑圧的な行動や、選手に対する侮辱的な行動をやめよ』といった文言が、郡長や市長のような偉い人に伝わってほしい。実質的にスポーツ人権が下落しているのは、市長や郡長のように権力を持つ上の人たちが知らないから起きるのだと思う」と語った。

 選手たちは、これからはスポーツ界の実態把握を超えて、現実の変革に積極的に取り組むべきだと強く主張した。選手たちは人権委に「調査をすれば良くなるのですか? 私たちが伝えたら知ってもらえるのですか? 運動選手はみんな我慢しなきゃならないのですか」「調査だけするのではなく、本当に改善できるよう方策を立ててください。スポーツ選手たちは本当につらくて苦しいです」「毎回毎回こんなアンケートをして何になるんですか。まったく改善されていない」「机上の行政で終わらないことを願っています」などの意見を残した。結局、人権委の全方位的な実態調査にもかかわらず、チェ・スクヒョン選手の苦痛は彼女が死亡するまで世論化されないまま終った。

 最後に残したい一言として、人権委の調査に応じたある選手は下記のような長い願いを記した。数多くのチェ・スクヒョンたちの、切羽詰った声だ。

 「このような特別調査をすれば問題点がなくなるんですか。本当に知りたいです。いまもコーチや監督は堅物が本当に多いです。権威的で成績ばかり望みます。そのためにこのような問題が起こるのだと思います。成績の前に選手の人権をまず考えてくれるような人になってほしいというのが私の願いです。人権委員会がもう少し頑張って、良いトレーニング環境が作られるよう助けてください。お願いします」

オ・ヨンソ記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )
http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/952119.html韓国語原文入力:2020-07-03 15:40
訳C.M
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/37127.html


[社説]選手の死を招いた集団暴行、まず大韓体育会の調査を

登録:2020-07-04 03:16 修正:2020-07-04 12:50 http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/37118.html
トライアスロンの故チェ・スクヒョン選手が2013年の全国海洋スポーツ祭典で金メダルを首にかける様子=チェ・スクヒョン選手の遺族提供//ハンギョレ新聞社

 故チェ・スクヒョン選手が受けた過酷行為の目撃者の証言だけでなく、更なる類似の暴力被害の暴露も続いている。ハンギョレの3日の報道によると、他チーム所属の選手もK監督から暴力と暴言を浴びていたことが分かった。また、チェ選手が監督の監視のため周囲と連絡が取れず、チームでいじめを受けていたという証言も出ている。長年の孤立無援の苦痛の中でも、チェ選手は亡くなる前日に国家人権委員会に差別を訴える陳情を出していたことが確認されており、残念でならない。

 国会文化体育観光委員会所属の共に民主党議員らは3日、「国会レベルの真相調査、常任委聴聞会などを行ってでも、最後まで真実を究明する」と述べた。2019年初めにショートトラックのシム・ソクヒ選手がチョ・ジェボムコーチの性暴力加害を暴露した時も、約束は溢れていた。大韓体育会のイ・ギフン会長は「指導者が選手の未来を左右し、不当な行為を犯すことを根絶する」と述べ、当時のト・ジョンファン文化体育観光部長官は「スポーツ大国という美名の下で選手が苦しむことのないよう、先頭に立つ」と述べたことを我々ははっきりと覚えている。

 しかし、わずか1年半後に惨劇が繰り返された原因は、約束の当事者にあることが明らかになっている。文体部は反人権的な体育文化を改善するためスポーツ革新委員会を発足させるとともに、暴力事件が頻発する合宿所の廃止などの学校スポーツ正常化対策も発表した。しかし、エリート体育システムの弱体化を理由にこれに最も強く反対したのが大韓体育会だったという。また、当時チョ・ジェボムコーチを擁護するような発言を行い辞任を求められたイ・ギフン会長は、定款まで変えて再任に成功している。イ会長は今回の事件の責任から逃れられない。

 チェ選手は今年4月に大韓体育会スポーツ人権センターに届け出たものの、調査は事実上行われなかった。大韓体育会には自浄能力がないことを如実に示している。警察に通報される直前にチェ選手と家族に辞任すると言った加害監督が突然容疑を否認しだしているのも、訓練という大義名分によって暴力加害者に寛大な体育会の態度と無関係ではない。忘れる間もなく繰り返される選手に対する過酷行為を終わらせるために、体育会はこの問題から手を引いて調査を受けるべきだ。捜査に着手した検察、国会、政府はみな、最後の機会という切迫感を持って徹底的に調査し、暴力の根を絶たなければならない。

(お問い合わせ japan@hani.co.kr )
http://www.hani.co.kr/arti/opinion/editorial/952199.html韓国語原文入力:2020-07-03 18:43
訳D.K

バド奥原希望が問題提起の“賞金10%上納ルール”「いろんなサポート資金として活用」合宿で説明へ

バド奥原希望が問題提起の“賞金10%上納ルール”「いろんなサポート資金として活用」合宿で説明へ

配信https://news.yahoo.co.jp/articles/659f6db36c65183847765284f3846dc2a7476b95

中日スポーツ

 日本バドミントン協会銭谷欽治専務理事(67)が30日、東京都内で開かれた理事会後に取材に応じた。女子シングルスでリオデジャネイロ五輪銅メダリストの奥原希望が、選手が獲得賞金の10%を協会に納めていることをツイッターで「使い道を選手は知る権利があるのでは」とつぶやいた件について言及。銭谷専務理事は代表の合宿で説明する予定であることを明かした。

 「われわれは公益財団法人として外部監査法人にも監査を受けている。10%の収入を日本代表選手にフィードバックして、いろんなサポートの資金として使っている。一部はジュニアの指導、強化支援としても充て、10%以上のものを使っています」と不当な使い方をしていないことを強調。「今後それについては合宿などで個別対応で、ていねいな説明をしていこうかと思っています」と話した。

朝日大野球部員に差別 岐阜・ホームレス死亡事件で余波

朝日大野球部員に差別 岐阜・ホームレス死亡事件で余波https://www.chunichi.co.jp/s/article/2020050290085701.html

 岐阜市の路上で3月、路上生活者(ホームレス)の無職渡辺哲哉さん=当時(81)=が襲撃され死亡した事件で、逮捕された少年5人のうち2人が所属していた朝日大(岐阜県瑞穂市)硬式野球部で、事件とは無関係の複数の学生が就職活動で「企業側から内々定の保留を伝えられた」などと大学に相談していることが、関係者への取材で分かった。事件に関わっていたかのようなデマや中傷を実名でインターネットで拡散される被害も相次ぎ、大学が対応に追われている。

 同大によると、少年らの逮捕後、野球部の4年生3人から内々定保留の相談があった。事件との関連は不明だが、部内では「自分たちもどうなるか分からない」と不安が広がっているという。担当職員が各企業を回り、事実や意向の確認を急いでいる。

 ある学生は野球を就職後も続けたいと社会人チームなどがある企業を志望。3月には好感触を得ていたが、逮捕後、同社関係者から「内定がスムーズにいくか分からない」と担当者の言葉を伝えられたという。この学生は「もしかすると野球の道を諦めないとならないかも」と悩む。

 ネット上では、事件とは無関係の部員を名指しで犯人扱いする書き込みなどが氾濫。部員の名前を並べ「殺人犯候補者リスト 違うなら自己責任でそう主張しろ」と書いた掲示板もあった。部員2人は県警に相談している。

 朝日大の都尾元宣学生部長は「事件とは関係ない他の学生が、被害に遭ってはならない。野球部の関係者や他の学生たちを全力で守っていく」と話している。

 同大の硬式野球部は全国大会に5回出場したことがあるが、逮捕を受け無期限の活動停止となり、藤田明宏監督が辞任した。関係者によると、逮捕された5人のうち、傷害致死容疑の2人が所属し、殺人容疑の2人も元部員だった。

 <ネット上の中傷被害の問題に詳しい小沢一仁弁護士の話> 近年は、事件で逮捕された匿名の少年をネット上で特定しようとする動きが強まっている。犯行に関係ない少年の実名や顔写真をさらすのは名誉毀損(きそん)で、プライバシーの侵害にも当たる。被害を防ぐには取り締まりの強化や法整備が必要だ。就職の内々定を保留とした企業は、採用することでネット上でいわれのない攻撃を受けることを恐れているのかもしれない。

(中日新聞)

【巨人】坂本が最終戦3安打、原監督が長野に代打を送って2人で最多安打獲得…ファンが選ぶ名シーン

【巨人】坂本が最終戦3安打、原監督が長野に代打を送って2人で最多安打獲得…ファンが選ぶ名シーン

https://hochi.news/articles/20200411-OHT1T50054.html
 
173安打を放った坂本勇人をベンチで出迎えた巨人・長野久義
173安打を放った坂本勇人をベンチで出迎えた巨人・長野久義
7回2死二塁、セ最多安打で並んでいた長野に代打が送られ、二塁上で感極まった様子の坂本
7回2死二塁、セ最多安打で並んでいた長野に代打が送られ、二塁上で感極まった様子の坂本

 巨人の原辰徳監督(61)は、8日にファンに向けた動画メッセージを配信した。その中で「どうかファンの皆様もこれを機会に、昨年の、あるいは何年か前のいいシーンをビデオで、DVDで見ながら来たるべき開幕を待っていただきたい」というコメントがあった。

 これを受け、スポーツ報知巨人取材班ツイッターでは「#巨人名シーン」でファンから思い出の名シーンを募集。多くの投稿の中からピックアップして紹介する。今回は2012年10月7日のレギュラーシーズン最終戦、DeNA戦(東京D)。

 すでにリーグ優勝を決めていた原巨人。この一戦の最大の注目は、173安打で安打数トップの長野久義と、170安打の坂本勇人による最多安打タイトルの行方だった。

 1番・遊撃の坂本は初回と5回に安打して迎えた7回1死。加賀美の外角直球に左腕1本で食らいついて右前に落とした。今季173安打目。長嶋茂雄に並ぶシーズン20度目の猛打賞で、ついに長野に追いついた。

 その後、坂本は藤村の犠打で二塁に進むと、ここまで2打数無安打の3番・長野に打順がまわった。原監督がネクストサークルの長野のもとに歩み寄って話しかける。直後に球審に「代打・石井」をコールし、長野はベンチに下がった。坂本と長野が173安打でセ・リーグ最多安打のタイトルを獲得することが事実上、確定した瞬間だった。二塁塁上で感極まった様子の坂本。次打席で代打・寺内を送られてベンチに退いた。

 タイトルへ3安打が最低条件だった坂本、トップに立っていた長野、演出した原監督。それぞれのコメントに思いが詰まっていた。

 坂本「長野さんがベンチでガッツポーズしてくれて、それが一番うれしかったです。同じ右打者で見て学ぶことも多い。その長野さんと競って一緒にタイトルを取れてよかった。(最多安打は)厳しいとは思いましたが、全力を尽くしてやってみようと思っていました。1番打者として多くの打席に立たせてもらって感謝しています」

 長野「3本しっかり打って、さすが勇人です。僕は全力でやりましたが、打てませんでした。苦しいときもうれしいときも、ずっと一緒に戦ってきた仲間と争うことほど、つらいことはないですから。本当にうれしいです」

 原監督「(普段は1番長野だが坂本の1番起用に)本来なら坂本は3番という打順だが(タイトルの)チャンスがある限り、というところで1番にした。感慨もひとしおだと思う。坂本、長野の2人は特に切磋琢磨(せっさたくま)して、励まし合い頑張ってきた。勇人は3本差という中でしっかり3本打った。同じ数字で最多安打という記録を作ったのは、チームにとっても大きいし、2人にとって大変大きな、忘れることのできないレコードになった。私はタイトルを語れる選手ではなかったけれど、素晴らしいもの。(代打を送った理由は)歴史に名を残すわけだから、それを1打席で(タイトルの結果を)変えるようなことは私にはできなかったし、してはいけないと思う。3本打った坂本もすごいけど、記録に挑戦させた長野も素晴らしい。彼らにとってもジャイアンツにとっても、記録に並んだということで、それ以上、打席に立たせることはできなかった。2人とも素晴らしい選手に成長した」

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR