FC2ブログ

藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

公開日: 更新日:
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/271240 





「聞いたら、選手7人とスポンサーらしき男(社長)の家で。(男は合計)12人……。女は20人くらいいたとか。よその球団では考えられへん」

 30日、近鉄、中日西武OBで野球評論家の金村義明氏が関西ローカルのラジオ番組に出演。そこで、藤浪ら阪神3選手と女性3人が新型コロナウイルスに感染した“食事会”の一端を明かしたことが話題になっている。この話が本当なら、参加者は阪神が明らかにしている「13人以上」どころか、「男女計32人」の“大合コン”だったことになる。


阪神球団の説明は二転三転している。当初はあたかも藤浪ら3人で食事をしていたかのように発表していたが、食事会に参加していた女性2人のコロナ感染が発覚したことで、揚塩球団社長が「選手7人、球団外の人間が5人」と修正。そう発表した2日後、今度は神戸市内在住の20代女性の感染も明らかになると、「当初12人にいなかったメンバーがいた」とし、参加人数が延べ13人以上だったことや、ハッキリした人数については分からないと釈明した。

事情通氏が声を潜めてこう言う。

「大阪市内で行われた14日の合コンに参加した阪神の選手は計7人。そのうち、体調に異常なしとして、明らかにされていない選手が4人いる。4人は全員が20代の選手で、外野手3人、投手1人。うち1人はタイトルを獲得したことがあり、2人は合コン後に一軍に帯同しています。1人の中堅選手は妻帯者で現在、奥さんが出産を控えているとか」
■合コンは頻繁に開催

 阪神OBは、「チーム関係者から聞いた」と前置きした上で、14日の様子について、こんな事実を明らかにした。

「選手や外部の人間が入れ代わり立ち代わりでやってきて、女の子と遊ぶ。その日はスシ職人が来て、スシが振る舞われたそうです。開始15分ほどで挨拶だけ済ませて帰宅した選手がいれば、藤浪と同様、会の途中から参加した選手もいる。こうしたパーティーの類いは頻繁に行われていて、阪神の選手もよく参加していると聞いています」

 阪神は現在、チーム全体が活動休止になっているが、14日の合コンに参加した藤浪ら7選手は、その後も試合や練習に参加していた。出席選手と接触した同僚選手、スタッフ、関係者は何人もいるはずだ。 

在阪テレビ局員も参加

 さらに在阪のメディア関係者は、合コンに参加した球団外の人間について、こう言う。

「在阪テレビ局の複数の社員が招待されていたようです。藤浪や出席した女性がコロナに感染したことで、ある局では、その社員に対して自宅待機の指示を出しており、各局に出入りする外部の制作会社のスタッフまで行動履歴の調査を強いられています」

 在阪のテレビ局といえば、阪神戦の試合中継や阪神の応援番組を通じて、球団と密な関係を築いている。前出のメディア関係者が続ける。

「関西のテレビ局はいわば、阪神の大応援団。だから、阪神にとって都合が悪いことが露呈しても忖度をして報じない。改めてズブズブの関係性が露呈したといえます。これで困るのは、阪神を担当する他の放送局と新聞社の記者たちです。合コンに参加していた局員の中には現場で取材していた者もいるはず。阪神は今、活動休止になっており、メディア各社も取材制限をかけていますが、取材現場においても感染のリスクを負っていたことになりますからね。合コンに参加した人間は洗いざらい、名前を明らかにすべきでしょう。合コンを主催した人間もしかりです。感染したら発表しますという態度では、それこそ取り返しがつかない事態を招きますよ」

 スケベ根性に駆られて甘い誘いに乗った結果、球団内外にコロナ余波が及び始めている。藤浪らのコロナ感染に端を発した今回の騒動もまた、しばらく終息しそうにない。






 阪神球団の説明は二転三転している。当初はあたかも藤浪ら3人で食事をしていたかのように発表していたが、食事会に参加していた女性2人のコロナ感染が発覚したことで、揚塩球団社長が「選手7人、球団外の人間が5人」と修正。そう発表した2日後、今度は神戸市内在住の20代女性の感染も明らかになると、「当初12人にいなかったメンバーがいた」とし、参加人数が延べ13人以上だったことや、ハッキリした人数については分からないと釈明した。

スポンサーサイト



大坂なおみ、母国での五輪延期に「残念」も「2021年の舞台に向けて全力を注ぐ」

大坂なおみ、母国での五輪延期に「残念」も「2021年の舞台に向けて全力を注ぐ」

[ 2020年3月28日 13:43 ] https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/03/28/kiji/20200328s00028000163000c.html

大坂なおみ
Photo By スポニチ

 女子テニスの大坂なおみ(22)が28日、自身のインスタグラムを更新。新型コロナウイルス感染拡大を受け、東京五輪・パラリンピックの開催が延期となったことへの思いをつづった。

 大坂は「残念という言葉だけでは言い表せない気持ち」と無念さをにじませながらも、「サポーターの皆さんは私にとって母国である日本で開催されるこのオリンピックがどれだけ重要な意味を持っているのかご存じだと思います。私をはじめ、すべてのアスリート達は2021年の舞台に向けてトレーニングに全力を注ぐ事と思います」と決意を記した。

 「今私達がしなければいけないことはスポーツを救う事ではなく、世界中の人々が人種や国籍の壁を越えて、数多くの命を救うことが一番大切なことです。それこそまさにオリンピック精神ではないでしょうか」と問いかけ、「日本人のみなさま、2021年に我が国の美しさを世界の皆様に見せましょう」と呼びかけた。

サニブラウン 五輪延期に「目標変わらない。今年以上の力出したい」、ファンにメッセージも

サニブラウン 五輪延期に「目標変わらない。今年以上の力出したい」、ファンにメッセージも

[ 2020年3月27日 18:57 ] https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/03/27/kiji/20200327s00056000284000c.html



サニブラウン・ハキーム
Photo By スポニチ

 陸上男子100メートルの日本記録保持者、サニブラウン・ハキーム(21=米フロリダ大)が27日、マネジメント会社を通じて報道各社の質問に答えた。新型コロナウイルスの感染拡大で東京五輪が1年程度延期となったことについて「目標は全く変わらない。来年の五輪で今年以上の力を出したい」と意気込みを語った。

 感染防止のため練習拠点が使えないといい「学校や家の周りでチームメートと集まって練習している」と現状を明かした。自身の対策として「ビタミンCで免疫力を高めることが予防としていいと学んだ。果物はオレンジ、グレープフルーツとかを摂取して対策している」と話した。

 現在、外出禁止や休校措置など窮屈な思いをしいられているファンに対して「STAY SAFE(気を付けて)」とメッセージを送った。

阪神・藤浪 新型コロナ「陽性」PCR検査で判明 プロ野球選手初

阪神・藤浪 新型コロナ「陽性」PCR検査で判明 プロ野球選手初

25日、甲子園球場での練習に参加していた藤浪
Photo By スポニチ

 阪神・藤浪晋太郎投手(25)が、新型コロナウイルス感染の有無を調べるために受けていたPCR検査で「陽性」と判定されたことが26日、明らかになった。現役のプロ野球選手として初の感染となった。数日前から嗅覚、味覚の異常を訴えたことで診察を受けた病院のドクターから同検査を打診されていた。この日、同投手の検査を受けてチームは1、2軍全選手を対象に1週間の自宅待機を通達していたが、陽性と診断されたことで今後、チーム内で感染が拡大していくリスクもはらんでおり、開幕へ向けて準備を進めていたチームの先行きは不透明になりそうだ。

 ついにプロ野球選手にも新型コロナウイルス感染者が出た。藤浪は25日まで通常通り練習に参加。現在も発熱やせき、倦怠(けんたい)感などの症状は出ていないという。数日前に「ワインやコーヒーの匂いがしない」と嗅覚の異常を訴え、24日に兵庫県内の耳鼻咽喉科と内科の2つの病院で診察を受け、25日朝も別の病院で再検査を実施。嗅覚の異常は世界各地で同ウイルスの初期症状として報告されており、チームドクターと相談した上で、この日に感染の有無を調べるPCR検査を受けた。

 12球団は18日の広報担当者会議で選手や関係者がPCR検査を受ける際に公表する方針を確認しており今回の発表に至った。

 看過できない事態となり、藤浪の検査結果を待たずに急きょソフトバンクとの2軍練習試合を中止とし、球団事務所も午後から閉鎖。甲子園、2軍の鳴尾浜球場など球団施設の消毒も行った。選手、スタッフ、球団職員の今後1週間の自宅待機も決定。迅速に対応した谷本修球団本部長は「球団のためというよりは、むしろ地域のため。開幕前の大事な時期。他球団に迷惑を掛けてもいけない」と説明した。

 ▽PCR検査 新型コロナウイルスに感染しているかどうかを調べる検査。喉を綿棒でこすって採取した粘液や、たんに含まれるウイルスに特有の遺伝子配列を、専用の装置で増幅して検出する。増幅するには、採取した検体に試薬を加えて温度を上下させる操作が必要で、結果が出るまでに4~6時間程度かかる。感染初期などでウイルス量が少ないと検出できない場合もある。

【阪神】藤浪が日本プロ野球界初のコロナ感染の疑いでPCR検査受診へ 陽性なら4・24開幕も不透明に

【阪神】藤浪が日本プロ野球界初のコロナ感染の疑いでPCR検査受診へ 陽性なら4・24開幕も不透明に

藤浪晋太郎
藤浪晋太郎

 阪神は26日、藤浪晋太郎投手(25)が兵庫県内の病院で新型コロナウイルスのPCR検査を受けると発表した。2軍の練習試合の阪神―ソフトバンク戦(鳴尾浜)は急きょ中止が決定。球団は甲子園球場、クラブハウスの消毒作業を進めるなど、対応に追われた。

 藤浪は発熱、せき、けん怠感などの症状はなかったが、「嗅覚」の異常に気づき、24日から兵庫県内の耳鼻科や内科で診察を受けていた。コロナウイルスの症状として「嗅覚」や「味覚」の異常が出るケースがあり、25日に再び同県内の別の病院を受診し、医師の判断でPCR検査を受けることが決まった。

 球団は嗅覚不全を感じた際の申し出などの注意喚起を行った上で、過去2週間の会食や行動などをヒアリング。当該期間に食事を共にした選手数名の中には「味覚障害」など類似の症状を訴えている例も出ているという。

 球団関係者は「検査=陽性ではないことを強調して頂きたい」と話したが、1、2軍の選手、スタッフ、フロントに報道陣と接触者は数え切れず、球団は選手、関係者に自宅待機を命じた。27日から全体練習を再開する予定だったが、しばらくチームは解散の可能性もある。

 阪神だけの問題ではない。藤浪を始めとする猛虎ナインは、これまでのオープン戦や練習試合で複数球団の関係者と接触しており、球界にコロナ感染者が拡大する恐れもある。NPBはチーム内に感染者が出た場合のガイドラインを作成。試合や活動を即中止にすることは行わず「個々のケースでしっかり考えていく」と柔軟な対応を行うことを取り決めているものの、全球団の今後に影響が及ぶことも予想される。

 NPBは23日に都内で開いた12球団代表者会議で、公式戦の開幕日を4月24日に設定。観客動員数の制限などの対策を打ち立てているが、選手の感染は想定を超える事態のはずだ。開幕を延期している現状でも143試合の実施を諦めない日本プロ野球界にとって、かつてない正念場が訪れた。

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR