FC2ブログ

隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

公開日: 更新日:


  • https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/271310

 本当は新型コロナウイルスによる肺炎なのに、きちんと検査されずに普通の肺炎として計上されているケースがあるのではないか――。「踏みとどまっている」と説明する政府や東京都の発表より、実際の感染者数は多いのではないかという疑念は、国民の間で根強い。

 そんな中、国立感染症研究所のホームページで発表されている「インフルエンザ関連死亡迅速把握システムによる2019/20シーズン21大都市インフルエンザ・肺炎死亡報告」というデータが注目を集めている。


新型コロナ感染予防でマスクや手洗いを徹底する人が増え、今シーズンは例年に比べてインフルエンザ患者数が少なかった。死亡数も全国的に今年9週目(2月下旬)から激減している。ところが、東京都では9週目にインフルエンザ・肺炎死亡が増加しているのだ。10週目以降のデータはまだ公表されていない。


このインフルエンザ関連死に実はコロナ肺炎死が含まれている可能性はないのか。感染研に電話で聞いてみたところ、「担当の先生がひとりで分析しているデータなので、細かい内容にすぐには答えられない」とのことだった。


「誤差なのか、たまたまなのか。10週目以降の傾向を見ないと何とも言えませんが、不思議ですね」(山野美容芸術短大客員教授の中原英臣氏=感染症学) 


このデータが注目されるのには理由がある。米国では今冬、コロナの前にインフルエンザが猛威を振るい、2万人近くが死亡。3月になって米疾病対策センター(CDC)のロバート・レッドフィールド主任が「インフルエンザによる死亡と診断された人のうち、本当はコロナウイルスが原因だったケースがある」と明かしたのだ。

 もうひとつ、先月28日の会見で、安倍首相が質問されてもいない「肺炎死」について長々と語り出したことへの違和感だ。

「PCR検査の数が少ないけども、死者の数が多いということではありません」

「死者の数、肺炎で亡くなっている方が実はコロナではないかとおっしゃる方がいるんですが、コロナウイルスの場合は、専門家の先生たちがこれはみんな、私も確認したんです」


「肺炎で亡くなった方については、基本的に肺炎になって最後はCTを必ず撮ります。CTにおいて、間質性肺炎の症状が出た方は必ずコロナを疑います。必ず。そういう方については、これ、必ず、だいたいPCRをやっておられます」

 要するに、間質性肺炎の場合はPCR検査をしているから、他の細菌性肺炎などと混同することはないと言いたいようだ。逆に言えば、間質性肺炎と判断されなければ検査は行われない。何度も念押ししていた「必ず」が最後に「だいたい」にトーンダウンしたのも気になる。


最近は、新型コロナに感染しても肺には異常が表れないケースも海外で確認されている。実態を把握するには、やはり片っ端から検査するしかないのだろう。

 こんな時に政府の発表が信用できないことほど不幸なことはない。


スポンサーサイト



加藤茶「日本の宝を奪ったコロナが憎い」 志村けんさん訃報に「ドリフターズ」メンバーがコメント

加藤茶「日本の宝を奪ったコロナが憎い」 志村けんさん訃報に「ドリフターズ」メンバーがコメント

https://hochi.news/articles/20200330-OHT1T50103.html 
「ザ・ドリフターズ」の(左から)高木ブー、仲本工事、加藤茶、志村けんさん(2017年3月撮影)
「ザ・ドリフターズ」の(左から)高木ブー、仲本工事、加藤茶、志村けんさん(2017年3月撮影)

 「ザ・ドリフターズ」の高木ブー(87)、仲本工事(78)、加藤茶(77)が30日、タレントの志村けん(本名・志村康徳)さんが29日午後11時10分、新型コロナウイルスによる肺炎のため入院していた都内の病院で亡くなったことを受け、所属事務所の公式サイトにコメントを発表した。

 ◆加藤茶

 「ドリフの宝、日本の宝を奪ったコロナが憎いです。皆さんも身近に感じて、気を付けてくださるようお願い致します」

 ◆仲本工事

 「ドリフも順番に逝く歳になったとは思ったけど、一番若い志村が長さんの次になるとは、、、。非常に悔しいです」

 ◆高木ブー

 「志村早すぎるよ、俺より先に逝くなんて。3年前に、久しぶりにドリフでコントやった時、『高木さんも80歳過ぎて、頑張ってるんだから、自分も頑張らなきゃなぁ』って言ってたよね。また一緒にコントやりたかったのに。心よりご冥福をお祈り申し上げます」

志村けんさん死去、70歳 新型コロナウイルス検査で陽性 人工心肺で治療も…

志村けんさん死去、70歳 新型コロナウイルス検査で陽性 人工心肺で治療も…

 
https://hochi.news/articles/20200329-OHT1T50086.html
志村けんさん
志村けんさん

 タレントの志村けん(本名・志村康徳)さんが29日午後11時10分、新型コロナウイルスによる肺炎のため入院していた都内の病院で亡くなった。所属事務所が明らかにした。70歳だった。新型コロナウイルスに感染し、20日から入院し、人工心肺による治療を続けていたが、29日未明に容体が悪化した。

 志村さんは17日に倦怠(けんたい)感があったため自宅療養。その後、発熱やせきの症状が出始め、19日には呼吸困難となった。翌20日に自宅を訪問した医師の判断で都内の病院に搬送され、重度の肺炎で入院した。新型コロナウイルス検査で陽性が判明した23日に病状が悪化。25日に港区から新宿区の病院に転院し、人工心肺による治療を続けていた。

日本医師会「早く緊急事態宣言を」の深刻事態 感染拡大にベッドの確保が追いつかない

 https://www.msn.com/ja-jp/news/coronavirus/日本医師会%ef%bd%a2早く緊急事態宣言を%ef%bd%a3の深刻事態-感染拡大にベッドの確保が追いつかない/ar-BB11UH1O?ocid=spartandhp

医師会の釜萢敏・常任理事は「(専門家の間では)もう緊急事態宣言をしたほうが良い、という意見で一致している」と訴えた(写真:アフロ) © 東洋経済オンライン 医師会の釜萢敏・常任理事は「(専門家の間では)もう緊急事態宣言をしたほうが良い、という意見で一致している」と訴えた(写真:アフロ)

 「(専門家会議の)メンバーの中では、もう緊急事態を宣言したほうが良いのではないか、という意見でほとんど一致している」

 3月30日に行われた日本医師会の緊急記者会見。医師会の常任理事で、政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議のメンバーでもある釜萢敏(かまやち・さとし)氏はこう訴えた。

 「宣言すべき」との意見が一致しているというのは、同日に専門家会議が行った非公式の情報交換ミーティングの中での話だ。そのミーティングには厚生労働省の担当者も同席していたという。

加速する都内の感染ペース

 医師会が危機感を滲ませたのが、東京都で急増する感染者への対応だ。東京都では、3月24日まで1日あたり20人に満たなかった新規感染者数が3月25日に一気に倍増。3月28日からは毎日60人を超える感染者が判明し、拡大のペースが加速している。

 「現状、なんとか病床は確保できている」。東京都・福祉保健局の担当者は連日の会見でそう繰り返してきた。感染症法で指定された病床は東京都全体で118床しかなく、指定病床以外の医療機関の協力を得て対応できる病床を何とか広げてきた。3月29日20時半時点の入院者は382人にのぼる。

 だが、「各国の例を見ると、新規の感染者が2ケタを超えると感染が急速に拡大していく。このまま急激に増加してしまうと、とても病院には収容しきれなくなってしまう」(釜萢常任理事)。

 医療機関の受け入れ能力を圧迫する要因の1つになっているのが、感染者の入院・退院の基準だ。現在、PCR検査で陽性反応が出た場合は原則、全員が入院することになっている。退院時には2回のPCR検査を行い、どちらも陰性になる必要がある。

 新型コロナウイルス感染症では、8割の感染者が軽症だと言われている。実際、東京都では3月29日現在で入院している382人のうち、96%にあたる367人が軽症・中等症だ。現状だと軽症の患者が入院せざるを得ないうえ、回復して症状がなくなっても退院できないケースが出てくる。これでは重症患者が入るべき病床を軽症者が埋めてしまうことになる。

一時滞在施設をどう確保するか

 「軽症の方々を、自宅や宿泊施設などに移動しないとならないのは喫緊の課題。だがこれは、国が現在の方針を変更しないとできない。流行のステージが変わったので、軽症患者と重症患者への対応の仕方も変えるのが自然な流れだ」(釜萢常任理事)。

 この「流れ」に沿う動きは、すでに出てきていた。3月27日、東京都の小池百合子都知事は定例の記者会見で、オリンピックの選手村を軽症者の一時滞在施設に活用する可能性を示唆していたのだ。だが、活用するには「多くの権利関係を整理しなくてはならない」(小池都知事)。

 軽症者の一時滞在施設が必要なことは多くの専門家が指摘している。緊急事態宣言が出されれば、こうした権利関係に関係なく、都道府県知事の命令によって医療機関として活用することができるようになる。入退院の基準を変更するのには、まずこうした一時滞在施設を確保してからでなければならない。

 また、緊急事態宣言が出されることで、医療器具などを政府が優先的に買い上げ、必要な医療機関に分配できるようになる。マスクやフェイスシールド、防護服などの物資確保は医療機関にとって課題になっており、「あと1~2週間で枯渇してしまうような医療機関が少なくない」(釜萢氏)。

 政府が緊急事態を宣言する社会的なインパクトは甚大だ。発出には慎重な判断が求められるが、専門家の中で意見が一致したことの意味は小さくない。

櫻井ジャーナル:COVID-19が広がるイタリアへキューバや中国の医師に続き、露国からも救援の手

2020.03.29
XML
 https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202003290000/

 ​ロシアからイタリアへ3月22日から25日にかけて15機以上の航空機が飛来​した。医師180名を含む人びとや医療機器などを運んできたのだ。すでにキューバや中国の医師団がイタリア入りしていると伝えられているが、かなりの量の機器が持ち込まれたのだろう。

 ロシアにとって細菌兵器対策は重要。本ブログでも何度か書いているが、アメリカはロシアや中国の周辺に細菌兵器の研究施設を建設してきた。ウクライナ、アゼルバイジャン、アルメニア、カザフスタン、キルギスタン、モルドバ、タジキスタン、ウズベキスタン、ジョージアなどで細菌兵器の施設をアメリカは作ったとされている。さらにアフガニスタン、パキスタン、台湾、フィリピン、韓国、そして日本にもアメリカ国防総省の影響下にある細菌に関する研究施設が存在しているという。

 アメリカにとってイタリアは戦略的に重要な位置にある。地中海周辺(ヨーロッパ南部、トルコ、シリア、パレスチナ、北アフリカなど)やヨーロッパ北部を睨む拠点だ。

 ところが、イタリアはアメリカへの従属度が比較的低い。かつてイタリアはフランスと同じようにコミュニストが強い地域だったが、そうした雰囲気が残っているかもしれない。

 第2次世界大戦中、西ヨーロッパではドイツ軍と戦ったのはレジスタンくらいだったが、そのレジスタンスの主力はコミュニストだった。そうしたことが大きいだろう。ドイツはソ連への軍事侵攻に300万人以上を投入、西部戦線には90万人程度しか残さなかったのだが、西ヨーロッパやイギリスがドイツと戦わないことを知っていたかのような決断をアドルフ・ヒトラーは下したのである。

 ドイツ軍はスターリングラードの戦いでソ連軍に敗れて1943年2月に降伏するが、ソ連への軍事侵攻に戦力の4分の3以上を投入していたドイツの敗北はこの時点で決定的になった。本ブログでは繰り返し書いてきたことだが、イギリスやアメリカが慌てて動き始めるのはその後。イギリス軍とアメリカ軍がシチリア島へ上陸したのは1943年7月のことだった。

 この上陸作戦でアメリカ軍とイギリス軍が対立する。作戦はアメリカが主導したのだが、連合軍大本営最高司令官だったイギリス人のハロルド・アレグザンダーは行軍の際、モンゴメリーの部隊の後ろをパットンの部隊に歩かせるなど「イギリス軍の勝利」を演出した。

 これにアメリカ軍のクラーレンス・ヒューブナー中将は反発、アレグザンダーとの関係が悪化する。そこでヒューブナーは追い出され、その後任にはイギリスの貴族が大好きだったライマン・レムニッツァーが選ばれた。1950年代に沖縄を基地化、カーティス・ルメイと同じようにソ連に対する核攻撃を計画、統合参謀本部議長の再任をジョン・F・ケネディ大統領に拒否された人物だ。

 第2次世界大戦の終盤、レジスタンス人気を懸念したアメリカやイギリスの情報機関はジェドバラというゲリラ戦部隊を編成する。これが核になって軍の特殊部隊やCIAの秘密工作部門ができあがり、NATOの秘密部隊も編成される。イタリアに設置された秘密部隊がグラディオ。この部隊は1960年代から80年頃にかけ、極左を装って爆弾テロを繰り返し、クーデターも計画している。

 こうしたアメリカやイギリスの破壊活動をイタリア人は記憶しているはず。COVID-19(新型コロナウイルス)の騒動がそうした記憶を呼び起こしたかもしれない。

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR