FC2ブログ

パレスチナ人学者ヌーラ・エレカット:私のいとこは彼の妹の結婚式の日にイスラエル軍に殺された

2020年6月24日(水)

democracynow.jp/dailynews/2020-06-24
  次 »
  • 今年最大の進歩派による番狂わせになりそうです。アフリカ系米国人の元中学校校長ジャマール・ボウマンは23日に行われたニューヨーク州の予備選挙で、16区選出の民主党現職下院議員のエリオット・エンゲルに勝利したようです。投票結果はまだ確定したわけではありませんが、ボウマンは、エンゲルを大差でリードしています。エンゲルは、民主党の重鎮で下院外交委員会の委員長を務め、イスラエルを支援していることでも知られています。ボウマンは、グリーン・ニューディール、メディケア・フォー・オールや、警察への予算縮小を支持しています。23日夜に開催された選挙集会での、ボウマンのスピーチを放映します。

  • イスラエル兵士が23日、占領下の西岸地区の検問所で27歳のアハマド・エレカットを殺害しました。アハマドは、その夜、結婚式をあげることになっていた妹を、車で迎えに行くところでした。アハマド・エレカットは、パレスチナ政府高官でパレスチナ解放機構(PLO)事務総長のサエブ・エレカットの甥で、パレスチナ系米国人法学者ヌーラ・エレカットのいとこです。イスラエルは、アハマドが兵士に向かって、車で体当たり攻撃をしようとしていたという根拠のない主張をしている、ヌーラは言います。「私たちが把握しているのは、アハマドが車のコントロールを失ったか、あわてていて運転中に混乱したということです。それだけのことで、イスラエル兵は、アハマドに向かって、即座に何度も発砲したのです」と、ヌーラは言います。

  • 「黒人の命も大切」(Black Lives Matter)の抗議行動は、スポーツ分野での人種的正義についての対話を劇的に進展させている。こう話すのは、元NBA選手で著述家、活動家でもあるエタン・トーマスです。トーマスが、語ってくれるのは、アスリートたちがいかにしてプロスポーツ界にある制度的な人種差別の存在を認めさせようとしているかという現状です。そのひとつ、NASCAR(米国のストックカーレース)はカップシリーズに出場する唯一の黒人ドライバーであるババ・ウォレスを支持して結集しました。ウォレスは、レース会場での南部連合旗の掲揚の禁止を求め、先頭に立って行動を起こしていました。「NASCARでは驚くべきことが起きています。ドライバーたちが48時間でやったことは、ナショナルフットボールリーグ(NFL)がコリン・キャパニックをめぐる問題で4、5年かけて達成したことをしのぎます」と、トーマスは指摘します。

  • 新型コロナウイルスがカリフォルニア州の過密刑務所で急速に広がり、サンクエンティン州刑務所では400人がウイルス検査で陽性反応を示しました。支援者や収監者は刑務所内の環境がひどいと警鐘を鳴らしています。ウイルスがいったん刑務所内に入ったら、感染を止める手立てはほとんどないといいます。アナン・カーンに話を聞きます。カーンは、暴力と終身刑に代わる政策と刑罰の導入を提唱している団体「正義の回復」(Re:Store Justice)の事務局長です。カーンは、非人道的な刑務所の状況が、制度的な人種差別と国家の暴力に対する街頭での大衆的な抗議行動につながっているといいます。「実に、何百万もの人々が投獄されているが、その根拠というのが、『確かな証言』と警察による報告書です。しかしまさにその警察が、平和的に抗議行動を行っている人々に暴行を働き、ジャーナリストや看護師に対しても暴行を加え、銃撃しているのです」と、カーンは批判します。

Syndicate content
スポンサーサイト



イスラエル兵が、パレスチナ人少女らに暴行を加えた挙句に逮捕

May 14, 2020 20:47 Asia/Tokyo
https://parstoday.com/ja/news/middle_east-i61662
  • イスラエル兵が、パレスチナ人少女らに暴行を加えた挙句に逮捕
    イスラエル兵が、パレスチナ人少女らに暴行を加えた挙句に逮捕

シオニスト政権イスラエルの兵士が、ベイトルモガッダス・エルサレムの入境ゲートでパレスチナ人少女とその兄弟に暴行を加え、さらに逮捕しました。

ロシア・アルヨウムによりますと、シオニスト政権軍当局はこれまでにこの二人の逮捕理由を発表していません。

シオニスト政権の兵士らは13日水曜午前にも、アル・ハリール市南部にあるファウワル難民キャンプを襲撃し、14歳のパレスチナ人少年を殉教、さらに複数の若者を負傷させました。

パレスチナ捕虜問題研究センターは先日発表した報告の中で、今年4月の1か月間だけで190人のパレスチナ人がイスラエル兵士により逮捕されたとしました。

シオニスト政権イスラエルは自身の拡張主義的目的のため、連日各地のパレスチナ人居住区を襲撃し、理由をでっちあげてはパレスチナ人を逮捕しています。

現在シオニスト政権の刑務所には5700人のパレスチナ人が拘束されており、このうち250人は未成年、47人は女性となっています。

ハマス、「人種差別的シオニスト政権は崩壊するだろう」

May 14, 2020 18:44 Asia/Tokyo
https://parstoday.com/ja/news/middle_east-i61652
  • パレスチナのイスラム抵抗運動ハマス
    パレスチナのイスラム抵抗運動ハマス

パレスチナのイスラム抵抗運動ハマスは、「歴史上、すべてのファシストと人種差別主義政権が崩壊している。シオニスト政権も崩壊するであろう」と強調しました。

イルナー通信によりますと、ハマスは13日水曜の声明の中で、パレスチナ人に対するシオニスト人種差別政策に関する国際的な人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチの声明を歓迎し、イスラエル政権は人種差別的ファシスト政権であり、歴史上のすべてのファシスト政権同様、破滅への道を進んでいる」と表明しました。

ハマス運動は、国際社会と世界の自由を求める人々に対し、パレスチナ人の自由、祖国への帰還、そして独立国家樹立への闘いを支援し、シオニスト政権に圧力をかけることで、彼らが人種差別的な行動を続けることを阻止するよう求めました。

ヒューマン・ライツ・ウォッチは13日火曜、声明の中で、パレスチナ人への制限、彼らの土地の没収、パレスチナ都市の影響範囲の拡大停止、及び破壊行為の激化をもたらしたイスラエルの政策を、人種差別主義的だとしました。

ハマスは、パレスチナの現実を調査することで、占領地域でのアラブ社会に対する差別的な政策について警告し、何十年にもわたってパレスチナの土地を没収し差別的な政策が行使された結果、現在多くのアラブ市民が人口の密集した都市や小さな村落に押し込められていることを強調しました。

イスラエル軍がヨルダン川西岸北部を攻撃 

May 09, 2020 20:20 Asia/Tokyo
https://parstoday.com/ja/news/middle_east-i61517イスラエル軍によるヨルダン川西岸への攻撃が続いている 
  • イスラエル軍によるヨルダン川西岸への攻撃が続いている 

シオニスト政権イスラエル軍が、パレスチナ人に対する敵対行為を続ける中、新たにパレスチナ・ヨルダン川西岸北部を攻撃しました。

ファールス通信によりますと、シオニスト政権軍部隊は9日土曜、ヨルダン川西岸の町ガルギリアを襲撃し、パレスチナ人住民に向かって発砲しました。

こうした中、ガルギリアのパレスチナ人の若者たちがシオニスト政権軍と衝突、この中で複数のパレスチナ人が負傷あるいは身柄を拘束されています。

シオニスト政権軍は連日のようにパレスチナ人の住宅地を攻撃し、聖地周辺に暮らす人々の生活を脅かして、パレスチナ人住民に立ち退きを迫っています。彼らはそのようにして奪った土地で入植地建設を拡大しています。

シオニスト政権は、入植地の建設や拡大によって、自分の有利になる形で地域の人口構造を変化させ、パレスチナでの占領政策の定着を狙っています。

プロフィール

檜原転石

Author:檜原転石
FC2ブログへようこそ!

世の中は無名の一人でも変えられる

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR